物理と数学:老人のつぶやき

物理とか数学とかに関した、気ままな話題とか日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。

考え方とチャート式

2017-05-17 17:33:12 | 日記

藤森良蔵のはじめた考え方は受験のための塾であろうか。同じようなことを星野華水がはじめたのが、数研出版の源らしい。

だから、私などが思っていたものは唯一ではなかった。いまでは考え方は知る人がある程度以上の年齢の人でなければ知らないであろうが、チャート式数学とかチャート式物理とかまであるようだ。これは数研出版という出版社が存続していることと関係があろうか。

一方、考え方の方は考え方社という組織は昭和30年代半ばまではあったが、出版社としては存続できなかった。もっとも昔の人にはチャート式よりも考え方の方が有名かもしれない。

私は藤森良蔵さんは知らないが、藤森良夫さんの高校の数学の学習参考書はもっていた。現在でもこれをもっている。藤森良夫さんがその後どうされたのかはよくは知らないが、東洋大学の数学の先生として勤められたというふうに聞き及んでいる。

仮説実験授業で有名な、板倉聖宣さんが藤森良蔵さんのことを書かれた本があるのを知っているが、そのころはまだ良夫先生が存命であったらしく、板倉さんは良夫先生から考え方社の出版していたい書籍等の寄贈を受けたというふうに書かれていた。

だからひょっとしたら、考え方社の出版された書籍等が板倉さんのおられた国立教育研究所に保管されているのかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不老不死 | トップ | メガネと科学 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。