物理と数学:老人のつぶやき

物理とか数学とかに関した、気ままな話題とか日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。

森永覚太郎先生

2010-10-22 12:01:21 | 数学

昨日のブログで森永先生の親戚の学生さんからコメントを頂いたので、森永先生の思い出を書いておこう。

森永先生の解析幾何学の講義を聞いたのはもう50年も前の1960年のことである。

解析幾何学とはいうが、内容は射影幾何学や固有ベクトルとか、またあまり日本語で書かれた本のない内容だった。誰かが困って先生に講義の内容を書いた本がないのかと尋ねたらしいが、あまりないとのことだった。

特に後期になってある友人が先生に尋ねたら、それはNull Systemという分野なのだといわれた。その内容を書いた日本語のテキストがあるかどうか尋ねたらそんなテキストはないだろうとのことだったという。

森永先生の講義は丁寧なもので、前回の講義内容を30分くらい毎回復習をしてくださるのだが、ほとんどわからなかった。

固有ベクトルの説明では「こんな感じがするでしょう」と言われたが、前にも書いたようにそういう言い方は数学の講義では初めて聞いたので、どうも森永先生の数学が頼りのないもののように思われてしかたがなかった。

しかし、そう感じたのは私の方が悪かったので、数学といえども感覚が大切なのは当然であった。しかし、学生のころはそういう感覚にまったく考えが及ばなかった。

森永先生は冬の朝片手をポケットにつっこんだまま講義をされていた。そのことに私たちは気がつかなったが、ある寒い冬の朝の講義で先生が原爆に被爆されて、冬に手が痛むのでしかたなくその痛みを和らげるためにポケットに片手を入れて講義をしているのだと告白されて、やっと先生が原爆を被爆されたということを知った。

講義ノートとかはまったく持ってこられず、チョークと出席簿はもってこられたかと思うが、出席をとられたことはなかったと思う。それでもするすると講義をされて、よどむことはなかった。数学者は記憶力も優れていないとできないものだと思わされた。

森永先生といえば、一時注目された波動幾何学の一番重要な研究者の一人であった。これは大学院の数理物理学の講義で担当の竹野兵一郎先生が彼の精勤ぶりを驚嘆しておられた。

もっとも森永先生ともう一人の重要な研究者の柴田先生はこの波動幾何学の研究でずいぶん無理をされたので、このときに相ついで病気になられた。だから、ほとんど睡眠時間もとられないで研究に精励されることについては竹野先生はむしろ否定的であられたと思うが、その当時の波動幾何学一派の研究者グループの精勤振りの一端が窺われる。

戦後、そういう業績のせいもあったのだろうか、森永先生はプリンストンの高級研究所に招聘されたとは大分後になって小林稔先生(京都大学)から聞いた。同じ時期に小林先生もプリンストンに滞在しておられたらしい。

その後、一時波動幾何学の成果を素粒子論研究者が見直してみようということで、竹原市にあった、広島大学理論物理学研究所で研究会を開いたことがあった。その前日にも理学部の宿直室で職員の人と碁を打っておられ、つぎの日には何も持たないで波動幾何学の講義をされたと、私の先生の一人のSさんから大分後になって聞いた。Sさんも「数学者は記憶力もよくないといけないのだね」と言われていた。

波動幾何学が何かはよくは知らないが、Minkowski空間での線素ds^{2}を線形化して、dsから出発するというようなアイディアであるらしい。そのアイディアのもとは波動力学へと導いたようなアナロジーとかおよびシュレディンガー方程式からディラック方程式が出てくるのと似たような推論によっていたと思う。

これらのアイディアの主な部分は三村剛昂先生によるのだと聞く。だが、その展開は当時の広島文理大学にいた数学者と物理学者の共同研究によっていた。これは自然現象との乖離が大きく、物理学としては成功しなかった。

波動幾何学をシュレディンガーは「額縁があって絵がない」と評したとか何かで読んだ。ともかくその業績によって1944年に広島文理大学に世界で第4番目の理論物理学研究所ができた。この研究所は現在京都大学の基礎物理学研究所と統合されてその一部となっている。

また、これも前に書いたが、このころに岡潔先生がフランスからの帰朝後、広島文理大学の数学の先生として勤めておられ、波動幾何学の進展ぶりに対抗心を燃やしておられたという。そのせいかどうか、岡先生が多変数関数論の偉大な業績の初期の論文のいくつかを発表されたのもこの時期である。

岡先生の詳しい伝記がこのごろ出ているが、波動幾何学との関連はないので、このことにはまったく言及されていないと思う。しかし、こういう心理的な動機もあったのだと思う。岡先生の場合は名誉心で学問研究をするというような人物ではまったくないが、それでもそういう動機も見逃すことはできない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肺の検診 | トップ | 矢野健太郎の「代数入門」 »

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
森永覚太郎先生のお話を書いていただき、ありがと... (山本)
2010-10-23 00:19:29
森永覚太郎先生のお話を書いていただき、ありがとうございます。

森永覚太郎先生の研究分野など全く知らなかったことばかりでした。

大学の授業の中で量子論を学んでおり、興味のある分野であるので、波動幾何学とはどのようなものか調べようと思います。

また森永覚太郎先生の生まれ育った愛媛で勉強できることをうれしく思います。

面白いお話をありがとうございました。
1957年8月に,4泊5日で京大の片山スクールの9名が... (中西 襄)
2010-10-25 13:58:03
1957年8月に,4泊5日で京大の片山スクールの9名が竹原の理論研を訪れたことがあります.三村先生もご健在で,波動幾何学についての合宿セミナーがありました.ds = ψ_μ (x) dx^μというような式だったと思います.しかし,dsの1階化は四脚場を使えば簡単にできるので,結局四脚場では書けないような場合をことさら考えることになるようです.

当時の人たちはもうほとんど他界されました.三村先生に瀬戸内海の鯛をご馳走になったのが,懐かしく思い出されます.
情報を有難うございます。 (あおやま)
2010-10-25 15:46:38
情報を有難うございます。

そうでしたか。実際に合宿に行かれたのですね。1957年なら私が大学に入る一年前ですね。

三村先生はさすがに細かなことにはこだわらない方だったように思います。3年になったときに定年になられたので、大学院で教えて頂く機会はありませんでした。

一番若かった木村利栄さんも先年なくなりましたから、淋しくなりました。成相さんは定年の数年後にわりあい早く亡くなられましたが。

理論物理学研究所が基礎物理学研究所と合併したことはいろいろな事情から、生き残るという意味ではよかったと思っています。広島大学の方はどう思っているのかは存じませんが。
波動幾何学について、科学史的に。 (森尾 路地)
2015-07-04 00:48:26
三村先生のお名前でこちらのサイトに至りました。
『波動幾何学をシュレディンガーは「額縁があって絵がない」と評したとか何かで読んだ。』のくだり、どちらでご覧になられたかご教示いただけましたら幸甚です。

なにとぞよろしくお願いいたします。
図書館で読んだのです (aoyama)
2015-07-04 18:05:59
波動幾何学に関心をお持ちなら、太平洋戦争中に学術振興会議とかそれに類似の名前の会議が数回行われたことはご存じでしょう。昭和16年以降で昭和19年くらまででしょうか。

そのプロシーディングみたいな本が数冊愛媛大学の図書館の書庫にありました。
これは少し古い大学ならどこでも持っているような本です。

愛媛大学はそんなに古くからある大学ではありませんが、その前身の松山高等学校の図書だったのでしょう。

その中のどれかで読んだと思います。波動幾何学の発表もその当時発展段階にあった湯川スクールの中間子の研究とか朝永の超多時間理論とかの発表とともにされています。

その中にあったように思います。

もしその中になければ、波動幾何学についてその当時どんなことが言われていたかを調べれば、出てくると思います。

自身で調べてみて、見つからなければまたコメント下さい。

もとはNature(多分間違いがない)とかにSchroedingerが書いた波動幾何学についての批評だと思います。私は直接にNatureのその個所を読んだことはありません。日本語で誰かがそう書いてあるのを読んだのです。

もしかしたら、日本数物会議の会誌の古い号だったかもしれません。

波動幾何学について批判的なことを書いてあったわけですから、三村先生や岩付先生のような波動幾何学の一派の人が書いたものではなかったと思います。

数物学会の会誌の研究動向を回顧したものだったかもしれません。
ありがとうございます (森尾 路地)
2015-07-05 12:04:22
早速のご返信に感謝いたします。
ご教示の点、調べてみます。
ありがとうございました。
唐突ですが (KURODA)
2015-08-05 23:24:08
突然失礼いたします。
森永覚太郎は私の母の叔父にあたります。広島大学名誉教授とかアメリカに行っていたことがあるなど、断片的に話を聞いたことがあったのですが、グーグルで検索してみたら、こちらのブログに行きつきました。ブログを拝読して、どんな分野を研究していたのかなどがわかりました。ありがとうございました。
Unknown (aoyama)
2015-08-06 13:16:24
コメント有難うございます。

「森永覚太郎は私の母の叔父」ということはあなたのお母さんの「お母さんかお父さん」が森永先生の姉か兄ということになりますね。

森永先生の弟さんには2度ほどお会いしたことがありますが、ご親戚が森永先生には多いのですね。

前にも森永先生の親戚だという学生さんからコメントを頂いたことがあります。なかなか世の中には不思議なご縁があるものですね。

森永先生はアメリカのプリンストン高級研究所というアインシュタインがいた研究所に行かれていたと聞いています。

宇宙論とか微分幾何学とかの分野だったのでしょう。
Unknown (KURODA)
2015-08-06 23:42:11
早速のご返信誠にありがとうございます。おっしゃる通り、私の母の祖母が覚太郎の姉にあたります。弟にお会いになったとのこと、今、母に聞きましたら、覚太郎は二人弟がいて一人は戦死、もう一人が、他のページでお書きいただいた大洲の造り酒屋を継いだものです。造り酒屋もすでに廃業、継いだ弟も何年か前(10年くらい経つかもしれません)に亡くなっております。被爆して手が痛む・・ともこちらのページにありましたが、もう一つ母から聞いていたのは、アメリカに行ったんだけれど、被爆していたせいなのか、スパイ?のような人がいつも付いてまわられたので、気味が悪くて早々に帰国したとのことでした(笑)今となっては真偽のほどはわからない話ですが、雑談としてお許しください。ネットの時代もいいものですね。まさか今になって、森永覚太郎のことがこんなにわかるとは思いませんでした。また拝読させていただきます。暑さきびしい折、ご自愛ください。
訂正 (KURODA)
2015-08-06 23:44:11
申し訳ありません「私の母の祖母の弟」ではなく、「私の母方の祖母の弟」でした。私のおばあちゃんの弟です。失礼いたしました。

コメントを投稿

数学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事