物理と数学:老人のつぶやき

物理とか数学とかに関した、気ままな話題とか日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。

星の生まれない銀河

2017-07-10 11:48:31 | 日記

というのが発見されたという。

これは銀河と銀河が衝突して星がたくさん生まれた後で、ちょうど同じころに星がたくさん誕生したことによって、超新星爆発の時期もほとんど同じでそれらの超新星爆発によって起こったスーパージェットという強い風で星を誕生させるはずのガスを吹き払ってしまい、大きなガスの存在しない空間が銀河の中にできるという。

昔、物理学を学びはじめのころに宇宙が熱平衡状態になってしまい、宇宙が熱平衡状態で何も起こらない空間になるのではなどと想像したことと、ちょっと似ている。この宇宙の死とも言える状態は実際には起こらないことを知った。これは星間ガスの存在のためである。

ところが、超新星爆破が連発して、星間ガスを吹き払ってしまい、星も何も生まれない空間ができるという話は最新の発見だそうである。これは昨夜のEテレのサイエンスゼロで放送されていた。

ここにゲストとして出演していたのはそのような銀河の発見者でもある、愛媛大学の谷口教授であった。

もっともこういう状態になるには30憶年+40億年=70億年くらい先のことであるという。もちろんのことではあるが、そのころに人類が宇宙に生き残っているはずがない。そういうような長時間でものごとを考えると中東の特に今シリアで起こっている内戦のむなしさを感じるのは私だけであろうか。

もっとも私はそういう宇宙というか自然の現象を知ろうとして知ることのできる人間の不思議さを実感している。そういう時が来るのかどうかを現在の私たちが確かめるすべはほとんどないのだけれども。人間の知の不思議さである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武谷三男博士の業績リスト(... | トップ | O さんの大発見? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。