加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【ゼフィランサスの突然変異?】

2017年06月30日 | 自然・生物・植物・園芸

別名レインリリーと呼ばれるだけあって、雨が降ると一気に花が咲き出すゼフィランサス。たとえるならば、唐突といったイメージの花である。白花品種は「タマスダレ」の名で知られている。

ゼフィランサスの花びらは6枚なのだが、何気なくピンクの花を見ていたら、一輪だけ花びらが7枚あるのに気が付いた。さてもこれは突然変異なんだろうか。


【雨のあじさいの里】

2017年06月29日 | 行事・行楽・旅行・土産

毎年6月の1か月間に亘り、形原温泉の「あじさいの里」で開催される「あじさい祭り」。あと3日で終わってしまうとあって、急遽雨の中をでかけることにした。

5万株の紫陽花が植栽されているということなのだが、開期も終盤とあって殆ど花も終わってしまっているかも知れないな…、との思いもあったのだが、まだまだ充分見頃だった。
あじさい祭りにも係わらず何故か「さくら さくら」のBGMが流れていたりしたけど、どうせなら渡 哲也の「あじさいの雨」とかの方がよくない?(陰の声:そこんとこ、こだわるとこか?)








【あっ、アゲハだ!などと、暢気に構えてばかりもいられない】

2017年06月28日 | 自然・生物・植物・園芸


わが家の庭をアゲハ蝶が舞うにはそれなりの理由がある。鉢植えのレモンの木に卵を産み付けるためなのだ。アゲハ蝶を見かけたらレモンの葉をくまなく点検する。すると大抵黄白色の小さな丸い卵がいくつも産み付けられている。うっかりしていると、いつのまにか幼虫になっていたりする。

写真は一見したところ葉に落ちた鳥の糞のようにも見えるが、じつは鳥の糞などではなく、鳥の糞に擬態したアゲハ蝶の4令幼虫なのである。これが5令幼虫になると、実に鮮やかな緑色の幼虫(俗にアオムシ)に変身するのだが、そこまで悠長に構えている訳にはいかない。葉を全部食べ尽くされてしまう前に、見つけ次第駆除してやらねばならないのである。


【まるで示し合わせたかのような Good timing ! 】

2017年06月27日 | 生活・飲食・家族・飼犬

まるで示し合わせたかのように、実に Good timing ! だった。
わたしが入り口の戸を開けて店内に入るのと、地元の生産農家さんがトウモロコシの入った篭を抱えて裏口から入ってくるのと、ほとんど同時だったのだ。

「たったいま穫ってきたばかりだから」

なんと、わたしのために朝穫りのトウモロコシを持ってきてくれたようなものではないか。そもそもトウモロコシを買うのが目的なのだからと、その場で十本ほど買い物篭に放り込んだ。持ってきた篭の中身がみるみる減っていくのを見て生産農家さんは嬉しそうに、

「いやいや、こりゃ今からまた穫りにいかなきゃな」

しばらくの間、生産農家さんとトウモロコシ談義に花を咲かせたのちに、さっそく穫り立ての新鮮なトウモロコシを食べるべく、急いで帰宅した。
値段は安いし、生産者と直接言葉が交わせるってところも、直売所の良さだろうね。


【乾坤一擲(けんこんいってき)などと大袈裟なもんじゃない】

2017年06月26日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽

わたしにとっての競馬とは乗馬の延長線上にあるもので、決してギャンブルなどではなく、あくまで趣味嗜好の範疇なのである。とにかく馬の走る姿が、好きで好きでたまらないのだ。

だがしかしである。レースを前にして、袖手傍観(しゅうしゅぼうかん)と言うのも、何となく手持ち無沙汰で退屈ではないか。そこで自分の相馬眼(そうまがん)を試すべく予想をし、その証として馬券も購入する。よしんば外れたとしても、趣味に金が掛かるのは他のジャンルとて同じことだし、当たればそれこそ、美味しいものでも食べに行けるという、余禄付きの趣味だと思えばいいのだ。

仮に百歩譲ってギャンブルと見做したとしても、別に大金を注ぎ込む訳でもなければ、運命や人生を賭して勝負している訳でもない。何事もほどほどが一番で、乾坤一擲(けんこんいってき)なんぞと大袈裟なものであろう筈がないのだ。(そういえば、ケンコンイッテキって名前の馬がいたな)

【蛇足】とまぁ、そんな訳で、宝塚記念を外した言い訳が、随分と長くなってしまったな。
【蛇足の蛇足】宝塚記念と宝塚歌劇団は、一切無関係です。(宝塚記念の宝塚は単に地名から)

6月25日(阪神)宝塚記念(GI )
1着 11 サトノクラウン (3番人気)
2着  2 ゴールドアクター(5番人気)
3着  8 ミッキークイーン(4番人気)
3連複 2-8-11  10,670 円(外れ)



【メカ音痴にも程がある】

2017年06月25日 | 生活・飲食・家族・飼犬

突如として女房のやつが、テレビの後ろのゴチャついたケーブル類を、まとめて箱に収納してスッキリさせようと思い立ったらしい。掃除もしやすいようにとの配慮もあるのだろう。なんやかやで30分以上も孤軍奮闘していたようである。その間わたしはずっとパソコンに向かっていたのだが。

「よしっ、これですっきりした。掃除がしやすくなった!」とひとりごちたその後で、
「あれ、テレビが映らなくなっちゃったんだけど、どうして?」
「なにぃ? どこか線が外れてないか?」
「やりにくかったので何本か抜いたけど、また挿しておいたよ。1本余ってるけど」
「余ってるって、それって極めて重大な問題じゃないのか」
「だって、どこだかよく解らなくなっちゃったんだもん」
「放っとくなよ。そもそも抜くなよ。抜いたら元の場所に戻すのが鉄則だろが」

まったく呆れたやつである。配線にはそれぞれ決まった場所というものがあるんだよ。何でもかんでも差し込んどきゃいいってもんじゃなかろうが。結局こちらが尻拭いをする羽目になり、再びテレビが映るようにするのに、20分も悪戦苦闘してしまったぞ。


【初めて目にするけど、なんとも地味な花だなぁ】

2017年06月24日 | 自然・生物・植物・園芸


毎年多くの花穂を付けるが、花が開く前に全部切り取ってしまっていた。今年初めて放任して開いた花姿を見たのであるが、実になんとも地味な花ではある。
もともとホンコンカポックは、観葉植物としての位置づけなので、誰も花になど重きを置かないのだろうが、実際に花を見てみるとそれも無理からぬ所かもと思ってしまう。

ホンコンカポックは若木には花を付けないため、開花したところを見る機会は極めて少ないと言われている。わが家のホンコンカポックも随分年数が経つが、そう言えば確かに花穂を付けるようになったのは、ここ数年のことのような気がする。折角なので今年は実を付けるまで放置してみようか。


【犬の顔で遊ぶなっ! クシャおじさんじゃないんだから】

2017年06月23日 | 生活・飲食・家族・飼犬


イヤー懐かしいなぁ、クシャおじさんって。もう40年以上前だっけ、頻繁にTVに出てたのは。


【だいぶ目立つようになってきた】

2017年06月22日 | 自然・生物・植物・園芸

と言っても妊婦さんのお腹のことじゃないよ。先週人工授粉した坊ちゃんかぼちゃの実が、目立って大きくなってきたのである。現在のところ直径4センチ程度と言ったところか。


【「太陽の味」で子ヤギが産まれていた】

2017年06月21日 | 生活・飲食・家族・飼犬

一か月振りに「太陽の味」へ行ってみたら埒(らち)の中に山羊の親子がいた。いつの間にか子ヤギが産まれていたんだな。産まれて三週間ほどとのことである。

毎年この時期になると、一週間に1~2回はトウモロコシを買いに行くのだが、行く時間帯が早過ぎたらしくて、「いま店長が穫りに行ってます」とのことだった。
仕方がないので初モノの西瓜と、心太(トコロテン)とおはぎを買って、あとは暫く子ヤギ(♂)の行動を観察してから帰ってきた。トウモロコシは改めて出直すことにした。





【一瞬、なんのこっちゃと思うたわいな】

2017年06月20日 | 生活・飲食・家族・飼犬

大阪生まれのフリフリ みっくちゅじゅーちゅめろん

目にした瞬間は、一時的に思考が停止したが、思考レベルをウンと下げたら、すぐに解った。
なんや「みっくちゅじゅーちゅめろん」は「ミックスジュース メロン」のことかいな。大人をナメとんのかっ! フリフリってなんや。かまやつひろしか。ザ・スパイダースか。古過ぎるわ。
りんご、オレンジ、メロン、パインアップル、もも、バナナ、と表記があるけど、そもそもミックスなのに、なんでメロンなんだ。大人をナメとんのかっ!

初めて目にちゅるじゅーちゅだったので、興味本位で買ってしまったのは言うまでもない。
フリフリして飲んでみたが、舌に残る果実の繊維のような感触が、なんとなく気になる。味は酸味のあるメロンといった感じだ。う~む、微妙だなぁ。あまりちゅきじゃないかも。


【どうせ観戦するなら、言わずもがなの……】

2017年06月19日 | 仕事・社会・地域・交通


日曜日は学区のソフトボール大会とやらで、わが町内からも2チームが参加した。町内会役員ということで朝の7時前から駆り出され、会場へのテントや備品の搬入・設営といったことだけでもうんざりなのに、そのうえ一日中ゲーム観戦(応援)なんて、とてもじゃないが付き合ってられない。
なんせ、ゴルフ、サッカー、野球など世の多くの男性諸氏が関心を示すスポーツ(球技)には、一切興味がないのである。ときどき自発的に参加する球技といえば唯一パチンコくらいのものなのだ。

大会終了後のテントや備品の片付け・搬出作業のために、再び会場まで出向く必要があるため、他の役員に電話連絡を要請しておいて、一旦家に帰ってきた。せっかくの日曜日にどうせ観戦するなら、ソフトボールよりも競馬中継でしょうが、というのが偽らざる本音なのである。
というのも、開幕週の函館スプリントステークス(GIII)の投票がしたかった訳で、予想してネット投票したまではよかったのだが、生憎と発走時刻とソフトボール会場へと向かわねばならない時間がかち合ってしまい、リアルタイムでの実況中継を見ることができなかった。止む無く帰ってきてからリプレイ映像で確認することにしたのだが…。
まあね。むりくり購入したときに限って、馬券なんて当たらないもんだわさ。

6月18日(函館)函館スプリントステークス(GIII )
1着 8 ジューヌエコール(3番人気)
2着 3 キングハート  (4番人気)
3着 4 エポワス    (7番人気)
3連単 8-3-4  55,520 円(外れ)



【本音をいえば、もどかしい】

2017年06月18日 | 自然・生物・植物・園芸
フルーツトマトが徐々に色づいてきた。赤と黄色を同時に植えたのだが、黄色の方が若干色づくのが早いようだ。欲を言えば房単位でそっくり収穫したいのだが(その方が達成感がある?)なんせ実は付け根から先端に向けて順に熟していくので、熟したものから個別に収穫するしかないのが、もどかしいと言えばもどかしい。
もともと趣味の家庭菜園でもあり、3株しか植えてないので、一時に大量の収穫は望むべくもないのだろうけれど。それでも今年植えた品種が、今までで一番多くの実を付けている。




【どうやら隣家の駐車場の屋根裏に転居を試みたようだ】

2017年06月17日 | 自然・生物・植物・園芸

毎年の恒例だった山茶花の生垣でのキジバトの営巣が、昨年あたりから見られないと思っていたら、どうやら隣の家の駐車場の屋根裏に、営巣場所を変えたようである。隣の嫁さんに言われて覗きに行ったら、確かに抱卵中と思われるキジバトがいた。

キジバトの巣のすぐ下に見えているのは、ツバメの巣なのだが、6~7年前に三羽のヒナが巣立ったのを確認したきりで、その後ツバメが戻ってきた形跡は一切ない。


【やはりグリーンの方が馴染み深い】

2017年06月16日 | 自然・生物・植物・園芸

わが家で栽培しているアスパラガスは、ムラサキアスパラが主体なのだが、庭の一部と大き目の鉢でグリーンアスパラも栽培している。
普段からスーパーなどでよく見かけるせいもあってか、やはりグリーンアスパラの方が目には馴染み深い。珍しさという点ではムラサキアスパラだろうが、グリーンアスパラの方が何だかしっくりくるのは、見慣れているせいなんだろうか。別に味に違いはないんだけどね。