加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【年に一度の年末調整】

2012年11月29日 | 仕事・社会・地域・交通
毎年のことながら、必ず二通りのパターンの人間が存在する。
ひとつは決められた期日までに提出せずに、期日が過ぎても催促されるまで放置しておくタイプ。わたしの中ではこういうタイプの人間は、自己管理能力に欠ける社会人失格人間とみなしている。能力があるとかないとか、仕事ができるとかできないとかとは別の次元の問題である。

今ひとつは必ず記入間違いや記入漏れをするタイプ。別に年末調整に限らずとも、確定申告だろうが、その他の書類だろうが、初めて目にする書式であっても、書いてあることをジックリと順を追って注意深く読んでいけば、自ずと答えは導き出せるものである。
仮に解らなければ聞けばいいだけのことで、始末の悪いのは解らないままに勝手に自己判断で間違ったまま進めてしまうタイプで、こういうタイプは恐らく、そそっかしいとか面倒臭がり、注意力散漫、理解力不足、或いはプライドが高いといった部類の人間なのであろう。これまたわたしの中では、決して仕事を頼みたくないタイプの人間ということになる。



【もうひとつの JC(ダート)】

2012年11月27日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽
先週のGI ジャパンカップ(東京・芝 2400 m)に続いて、今週はもうひとつのJC、ジャパンカップ・ダートが行われる。阪神競馬場のダート 1800 mでの砂の王者決定戦である。

先週のジャパンカップをジェンティルドンナで制した岩田騎手が、今週も恐らく1番人気間違いなしのローマンレジェンドで勝利し、二週連続GI 制覇が濃厚と思っていたのだが、どうやらそうはならなくなった。
と言うのも、先週のジャパンカップで直線斜行してオルフェーヴルに馬体をぶっつけ、長~い審議の末に降着にこそならなかったものの、2日間の騎乗停止処分を受けて、当日はローマンレジェンドに騎乗できなくなってしまったのだ。
目下6連勝中で破竹の勢いの上り馬ローマンレジェンドは、騎手が誰に乗り替わろうとも1番人気は揺るぎないだろう。実際わたしも、ローマンレジェンドを1着固定で買うつもりではある。

それにしても本音を言えば、わたしは岩田騎手の乗り方がどうにも好きになれない。勝ち鞍数から言ってもトップジョッキーには違いないが、馬上で派手なアクションで大きく手綱を開き、まるで踊っているかのようなバランスの悪い追い方は、馬の邪魔をしているとしか思えないのである。
まさにモンキーダンスそのものといった印象を受けるのだが、それでもまあ勝ってしまうのだから…。
(馬7騎手3とはよく言ったものである。)



【新たな伝説が生まれた】

2012年11月25日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽
JCを制したのは三冠牝馬のジェンティルドンナ。とてつもない女傑の誕生である。
ゴール前の直線で馬体をぶつけてのオルフェーヴルとジェンティルドンナの激しい競り合いは実に見応えのあるものであったが、結果として上位人気馬3頭でのワン・ツー・スリーでは高配当は望むべくもない。しかも1着~5着までの馬の内、4頭が同馬主(サンデーR)とあっては、正に独占企業状態である。

狙いはあくまで6番人気のダークシャドウであったのだが辛くも4着。せめて3着に残ってくれていれば、もう少し配当も上乗せされたであろうが仕方がない。
いくら穴党といえども、逆らいがたいレースというものもあるのだ。

1着 15 ジェンティルドンナ (3番人気)
2着 17 オルフェーヴル(1番人気)
3着 13 ルーラーシップ(2番人気)
4着 10 ダークシャドウ(6番人気)

3連単配当 5,550 円



【いよいよ JC】

2012年11月23日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽
JC(ジャパンカップ)の枠順が確定した。
何と又してもオルフェーヴルが、前回味噌をつけた阪神大賞典、天皇賞(春)と同じく、大外枠を引いた。よくよくクジ運が悪いとみえるが、勝負は終わってみなければ解らない。

出走馬17頭の内、外国からの参戦馬が5頭。この中には凱旋門賞でオルフェーヴルを負かしたソレミアも含まれるが、ジョッキーに目を転ずれば、半数以上の10人が、外国人ジョッキーである。

今年のJCの一番の見どころはといえば、やはり五冠馬オルフェーヴルと三冠牝馬ジェンティルドンナの対決ということになるのだろうか。有力どころとてまるっきり不安要素がない訳ではない。少し穴っぽいところを狙ってみたいが、恐らく9割くらいの確率で固い決着になるんだろうな。



【さんだんと言えば】

2012年11月15日 | 読書・言葉・文字・漢字
正月のおせち料理の広告をチラホラと見掛けるようになってきた。三段重(さんだんじゅう)ともなれば結構な値段がするが、もともとわが家はおせち料理などとは無縁なので、いっさい興味をそそられることもない。

「さんだんじゅう」と言って思い出すことがある。たしか小学生の頃だったと思うのだが、テレビのニュースか何かで「さんだんじゅうで撃たれて……」といったような内容の言葉を聞いて、わたしは「三段銃」という漢字を頭の中でイメージしていた。三段の銃ってどんな銃なんだろ…みたいな。
後にそれが「散弾銃」のことだったと知ることになるのであるが。

今もっとも身近な「さんだん」を漢字で表すとすれば「算段」ということになろうか。年末に予定している車の車検費用をどう捻出しようかと、日々算段に余念がないのである。
(馬券購入資金は別枠なので、競馬で儲けた金を回すつもりは更々ないのだ)



【ダリア咲く】

2012年11月11日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽
宿敵ジェンティルドンナのいないエリザベス女王杯では、ダントツ一番人気に押し上げられたヴィルシーナが、又しても二着に敗れた。これで連続5回目の二着である。雨による重馬場も影響したかもしれない。

勝ったのは単勝7番人気の伏兵レインボーダリア。3着にはデムーロ操る5番人気のピクシープリンセス。ヴィルシーナが勝つのと、二着以下に敗れるのとでは、同じ3連単でも配当に大きな差がある。そういう意味では、1番人気のヴィルシーナが絡んでいるにも係わらず、おいしい配当となった。

1着 15 レインボーダリア (7番人気)
2着 12 ヴィルシーナ (1番人気)
3着  6 ピクシープリンセス (5番人気)

3連単配当 50,810 円



【千原兄弟、惜しい】

2012年11月01日 | 雑感・思考・追憶・回想
たまたま見ていたテレビ番組。2000万円落下クイズ!マネードロップ。
もとはと言えばイギリス発の人気クイズ番組であるが、挑戦者は、2000万円からスタートして、択一式クイズに連続して7問正解すれば、最後に正解にベットした金額が賞金として獲得できるというもの。

クイズは4択→3択→2択と回を重ねるごとに選択肢が減っていくが、必ず1か所はお金を積んではいけないというルールがある。したがって4択の場合なら、答えに自信がなければ、3か所にお金を配分して積むことができるが、正解は1か所だけなので、1点張りでない限り不正解の場所に積んだお金はどんどん落下して持ち金が減っていく。

千原せいじと千原ジュニアの千原兄弟が1問目~6問目まで、すべて1点張りで2000万円を維持して行き、最後の二択問題(どちらか一方にしか賭けられない)で、全ての現金を落下させてしまった。
その問題というのが、「一富士、二鷹、三なすび。さて、四番目は、扇と草履の内どちらか」という問題。
一富士、二鷹、三茄子、四扇、五煙草、六座頭という知識さえあれば、2000万円が獲得できていた訳であるが、何とも惜しい結果であった。