加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【除草剤散布の効果てき面】

2016年10月15日 | 自然・生物・植物・園芸

こまめに手で雑草を引き抜くというのも、結構骨の折れる作業ではある。せっせと抜いて綺麗になったと思っても、暫くすれば直ぐにまた生えてくる。まったくもってイタチゴッコなのだ。
そこで去年からは除草剤を使ってみることにした。と言っても、植わっている植物に影響を及ぼさない範囲、主に通路や植物から離れた場所に限ってであるが。

顆粒状の除草剤を買ってきて、バラバラと振り撒いてやるだけと言う手軽な方法なのだが、これが効果てき面で、一週間もすると雑草はほとんど根から枯れ果ててしまう。一度散布してやれば半年ほどは効果が持続するのである。ときには化学の力に頼るのも悪くない。なんせ歳とともに体力の消耗も激しいこととて。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【蠅と見紛うほどの小さな蜂が】 | トップ | 【我が家の秋の主役はアメジ... »