加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【とっておく派か、捨てる派か】

2016年10月31日 | 雑感・思考・追憶・回想
例えば子供の頃に描いた絵とか、造形作品とか玩具とか、作文とか賞状とか表彰状とか……。
何十年経とうが後生大事にとっておくと言う人は、結構居るんじゃなかろうか。ましてやそれが入賞作品や盾やトロフィーなど、過去の栄光を顕すものとなれば尚更なんだろう。

わたしは何でもかんでも、一切がっさい捨ててしまうタイプである。理由としては過去を振り返ってもしょうがないとか、常に身の回りはすっきりさせておきたいとか、こっ恥ずかしいだけとか、まぁ色々なんだろうけど。
ところが家族は何でもかんでも取っておくと言った傾向が強いようである。記念とか感傷とか郷愁とか言った側面もあるのかも知れないが。その延長線上にあるのは、モノに溢れ返った生活ってことなんじゃなかろうか。
モノを捨てられない性分と言ったこともあるのかも知れないが、わたしからすれば、ただ単に分類・整理・決断・片付け等が出来ないだけなんじゃないの? とか思ったりもするんだけどね。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【今年は寒椿の花数が半端ない】 | トップ | 【残虐な殺戮本能の果てにあ... »