加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【よくしたもんで、雄花と雌花が同時に咲くんだな】

2017年06月13日 | 自然・生物・植物・園芸


早朝、新聞を取り込もうと外に出たら、坊ちゃんの花が咲いていた。坊ちゃんと言っても、夏目漱石の「坊ちゃん」じゃないよ。かぼちゃの「坊ちゃん」なのだ。重さが500gほどの手のひらサイズのミニかぼちゃである。今年は坊ちゃんかぼちゃの支柱栽培を試みているのだ。

かぼちゃはキュウリやゴーヤなどと同じく雌雄異花なんだけど、それにしてもよくしたもんで、雄花と雌花が同時に咲いている。雄花の中心には雄しべが、雌花の中心には雌しべが確認できる。これはもう人工授粉を促されている以外の何ものでもないではないか。

まずは雄花を切り取り花びらを全部もぎ取って雄しべだけにしたものを、雌しべに擦り付けてやる。これで人工授粉の完了である。実に簡単だ。
あとは坊ちゃんが丸々と肥大して、食卓にのぼるのを待つだけっ…て、気が早いわ!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【海外競馬を買ってみた】 | トップ | 【冷凍保存しておいて、その... »