加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【我が家の秋の主役はアメジストセージ】

2016年10月16日 | 自然・生物・植物・園芸

朝晩めっきり冷え込むようになり、すっかり秋らしくなってきた。我が家に咲いている花の中で、この時季一番目を惹くのはアメジストセージだろうか。学名はサルビア・レウカンサ(Salvia leucantha)である。
毎年摘芯せずに自然に伸ばしているので、草丈は150センチほどにもなるが、来年は早めに摘芯して脇芽を伸ばし、もっと下部を広げてボリュームを持たせてやろうと思っている。

アメジストセージのアメジストとは紫水晶のことで、2月の誕生石である。そういえば結婚するときに、2月生まれの家内に、アメジスト(紫水晶)の指輪を買ってやったんだっけな。
アメジストセージは、ただセージとだけ呼ばれたりもするが、サイモン&ガーファンクルの「スカボロー・フェア 」の中で繰り返し出てくる歌詞、「パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム」と歌われているセージとは、どうやらチェリーセージのことらしい。

Are you going to scarborough fair?  Parsley, sage, rosemary and thyme
(スカボロー・フェアに行くのかい パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム)



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【除草剤散布の効果てき面】 | トップ | 【そろそろ葦簀(よしず)を... »