加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【なんだかんだで、町内会の評議員を引受けることになってしまった】

2017年01月30日 | 仕事・社会・地域・交通

現職の総代さんを筆頭に今期評議員さん等、総勢7名が大挙してわが家に押し掛けてきた。選挙の結果とか言いつつ、次期評議員を引受けて欲しいとの談判に訪れたのだ。(ちなみに組長は輪番制である)。
冗談じゃない! 申し訳ないが地域コミュニティなどには何の興味も関心もない。ましてや役を引受けるにおいて、最も不適格な人種であろうことは、自分自身が一番よく理解している。
元来わたしは個人主義(利己主義じゃないよ)を標榜しているので、組織や団体の構成員となって人と関わるより、あくまで個人同士として尊重し合いたいとの思いが強いのである。

とは言うものの、もともと新興住宅地だったこともあって、いつの間にやら町内でも古株の部類に入ってしまっている。これと言って断るに適した理由も言い訳もみつからない。挙げ句、「誰だってやりたくないんですよ」と言われてしまえば、これまでにそういった責務を引受けてこられた方々に対しても反論の余地すらない。結局のところ、なんだかんだで押し切られてしまった。よりによって任期二年の評議員なんて。まったくもって憂鬱である。溜め息しか出んわ…。ストレスでもって、ますます煙草の本数が増えそうである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【高松宮記念を見据えて、前... | トップ | 【初めて知った名前の由来】 »