加薬飯

日々雑感 ときどき雑記 愚だくさん

【潮騒】

2017年05月23日 | 未分類



【戦いすんで日が暮れて】

2017年05月22日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽

戦いすんで日が暮れて……
この言葉を聞いて即座に、「ここはお国を何百里 離れて遠き満州の」で始まる「戦友」という歌を思い浮かべる人は、かなりの高齢者ということになる。
戦時中に好んで歌われた軍歌とされているが、哀愁を帯びたメロディーと、失った友に寄せる哀切を綴った歌詞は、まさにレクイエムと言える。

で、戦いの話であるが、何の戦いがすんだのかといえば、3歳乙女(牝馬)たちの戦い(オークス)である。そしてわたしもまた馬券で戦ったのであるが…。
週半ばにおいては、◎フローレスマジック、○ディアドラという、2頭軸予想を立てていたのだが、レース当日の午後になって俄かに、◎モズカッチャン、○リスグラシューの2頭軸に変更したのだ。
結果はモズカッチャンが2着に残ったものの、もう1頭の軸馬リスグラシューの方は5着がやっと。1着から5着までの、すべての馬番を買っているというのに、組み合わせの誤謬がなぁ…。

戦いすんで日が暮れて……
そう、これは死んだわたしの馬券に対する鎮魂歌でもあるのだ。来週のダービーはガンバル !!!

5月21日(東京) 優駿牝馬(オークス)
1着 ② ソウルスターリング(1番人気)
2着 ① モズカッチャン  (6番人気)
3着 ⑯ アドマイヤミヤビ (2番人気)
4着 ⑦ ディアドラ    (9番人気)
5着 ⑭ リスグラシュー  (3番人気)
3連単 2-1-16 20,130 円(外れ)




【ツタンカーメンのエンドウ豆(古代豆)収穫】

2017年05月21日 | 自然・生物・植物・園芸


ツタンカーメンのエンドウ豆こと、紫色のエンドウ豆の莢が大分膨らんできて、とりあえず第1回目の収穫にこぎつけることができた。それにしても何とも鮮やかな紫色の豆ではある。


【捲土重来(けんどちょうらい)を果たす一戦となるのか】

2017年05月20日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽

東京競馬場における5週連続GI 開催も、今週は折り返し点のオークス(3歳牝馬クラシック)である。そしていよいよ来週はダービー(3歳牡馬クラシック)が控えている。純粋な競馬ファンにとっては、一年で最も気持ちが昂ぶる時期なのかも知れない。
そこへいくと、純粋でも純情でもなく、タダの競馬オヤジのわたしなんかは、未勝利戦だろうが障害レースだろうが、年間通していつだって昂ぶっている訳であるが。

ソウルスターリングは桜花賞で1番人気に推されながら3着どまり。同じく桜花賞で2番人気に支持されたアドマイヤミヤビも12着と惨敗。
この2頭にとってオークスの舞台は、捲土重来を果たす場であり、ファンもまた、2頭に捲土重来を期すのだろうか。オークスも桜花賞と同様、上記2頭が上位人気するのは間違いない。

一方「そうはイカのキン○マ」とばかりに、虎視眈々と樫の女王の座を窺っているであろうウラ若き乙女達同様、わたしもまた虎視眈々と大穴的中を狙っているのである。ただ、◎印がH井クンと被るのがどうもなぁ。なんだか急に不安が増してきたなぁ。心配だなぁ。


【ハーブティーを作るとて】

2017年05月19日 | 生活・飲食・家族・飼犬

そろそろカモミールを全部引っこ抜いてしまって、空いたところにオクラでも植えようかと思っていたところ、娘から待った!が掛かった。折角なので花芯を摘んでハーブティー(カモミールティー)を作るのだという。まぁ、お好きにどうぞである。
でもって現在、黄色い花芯を乾燥させている状態、と言うことらしい。


【何の花かというと……】

2017年05月18日 | 自然・生物・植物・園芸

ズッキーニ(別名つるなしカボチャ)、つまりはペポカボチャの仲間である。例によって気紛れに、ブラック・エッグとイエローボートという、二種類のズッキーニの苗を買ってきて植えてみた。

ズッキーニは雄花と雌花があるのだが、当然実が生るのは雌花のほう。人工受粉してやる必要があるのだが、今咲いているのは雄花の方で、まだ雌花は咲いていない。何れにしても初めて栽培するものは、すべてが手探り状態なんである。はたして上手くいくかどうか。


【投資信託を売却した】

2017年05月17日 | 雑感・思考・追憶・回想

ここいらが決断時かもと、投資信託を売却した。購入したのは10年ほど前なのだが、購入して2年後にリーマンショックで、基準価額が一気に6割ほどに下落してしまった。その後数年間は売却すれば大損を蒙ってしまうとて、毎月分配金を受け取りながら、再び基準価額が上昇するのを辛抱強く待ち続けたのである。

ここ最近何とかリーマンショック以前の水準に近付いてきたことと、この先いつまた値を下げるか解らないリスクとを秤にかけて、思い切って売却を決めたのである。売却価額は手続きをした翌日の基準価額で計算されるので、上がるか下がるか予測がつかなかったのだが、若干値を下げてしまった。それでも何とか利益を出すことは出来たので、よしとするべし。


【ホッと一息つけそうなので】

2017年05月16日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽

先週のヴィクトリアマイル(GI )と、先々週のNHKマイルカップ(GI )と、立て続けに外した。先々週の土曜日・日曜日は町内会費の徴収業務やら何やらで朝から夕方までバタバタと過ごし、先週は先週で春のクリーン清掃や、ソフトミニバレーボールの応援やらで、まともに競馬予想などしていられなかったのである。

というのは言い訳に過ぎず、実のところ両レースとも軸にした2頭は1着・3着に来ているのだが、どちらのレースも予想外の穴馬が2着に飛び込んできて、あえなくドボンだったのである。今週はホッと一息ついて、ジックリとオークス(GI )の予想に時間を費やすことができそうだ。

が、しかし。結論を言ってしまえば、ジックリ予想しようが、片手間に予想しようが、外れるときは外れるんである。まして今回は無謀な穴狙いに気持ちが揺らいでいる。最終決定は枠順が決まってからということになりそうだが、現時点での的中期待度は、15 %程度といったところか。


【紫色のエンドウ豆は、ツタンカーメンのエンドウ豆(古代豆)】

2017年05月10日 | 自然・生物・植物・園芸


なんでも、古代エジプトのツタンカーメン王の墓から出土したとされる、3000年前の豆の子孫なのだとか。莢が濃紫色で個性的なエンドウ豆であるが、どうやら中の豆は、普通のエンドウ豆と同様に、緑色をしているらしい。らしいと言うのは、まだ収穫していないので見ていないのだ。

女房が種を蒔いて発芽させたものを定植したのであるが、生まれてこの方、莢が紫色のエンドウ豆なんぞ目にしたことがなかったので、結構興味深く成長を見守っている。収穫前でまだ食べていないけれど、はたして味の方はどうなんだろうか。美味いのか不味いのか?


【忘れた頃に花を咲かせてくれるのは嬉しいものである】

2017年05月09日 | 自然・生物・植物・園芸

確か昨年か一昨年、その辺りに何かの球根を植えたことだけは覚えている。しかしその後、花を見掛けた記憶はなく、いつの間にか、そのまま気にも掛けなくなってしまった。花の名前すら、とうの昔に忘れ去ってしまっている。

ところがここ最近、細長い葉っぱが伸長してきているなと思っていたところ、今日、濃いピンク色の花が咲いているのを確認した。そうか、こんな綺麗な花だったのかと思いつつも、相変わらず名前は思い出せないままである。なんだか遠方の友から便りが届いたようで、何となく嬉しいものである。


【穴党だからと言って、無理な穴狙いをしている訳ではない】

2017年05月06日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽
穴党を自認してはいるものの、何でもかんでも人気薄の馬ばかり狙っている訳ではない。手堅く人気サイドで決まりそうなレースと見れば、迷わず1、2番人気の馬を軸に据えたりもする。

明日のNHKマイルカップ(GI )の前哨戦として、土曜日の東西のメインレースを購入してみた。東京のプリンシバルステークスと、京都の京都新聞杯であるが、どちらのレースも堅く納まりそうと見て、東京は1番人気のダイワキャグニーと、3番人気のスズカメジャーの2頭軸。京都は1番人気のサトノクロニクルと、2番人気のプラチナムバレットの2頭軸としたのである。

結果は予想どおり、両レースとも1番人気と2番人気馬で決着した。京都新聞杯は的中したが、プリンシバルステークスは外した。スズカメジャーは一昨日ちょっと触れた馬であるが、騎手が悪いのか馬が悪いのか(走りを見る限り、相当クセ馬のような気がする)、10着と大敗してしまった。
もう1頭の軸馬は1着になり、2着馬も3着馬も買っているというのに。どうやらスズカメジャーは、人気した時には買わない方が良さそうな馬だな。

5月6日(京都) 京都新聞杯
1着 ⑪ プラチナムバレット(2番人気)
2着 ③ サトノクロニクル (1番人気)
3着 ② ダノンディスタンス(6番人気)
3連単 15,190 円(的中)


5月6日(東京) プリンシバルステークス
1着 ⑧ ダイワキャグニー (1番人気)
2着 ① レッドローゼス  (2番人気)
3着 ⑦ ロードアルバータ (7番人気)
3連単 13,810 円(外れ)





【なんだ、うっかりしてたな】

2017年05月04日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽

NHKマイルカップ(GI )の登録馬を吟味していて、一頭ぜひとも狙ってみたい馬がいた。ダイワメジャー産駒のスズカメジャーである。

稍重の前走ニュージーランドトロフィー(GII )では、道中中段を進みながら、4コーナーで最後方まで下がり(どんな乗り方してんだか)、大外を回って前の馬につっかえながらも、勝馬からコンマ4秒差の6着まで追い上げた。
展開次第では充分馬券圏内だぞと思いつつも、よくよく眺めてみたら、収得賞金不足で出走できないじゃんかよぉ~~。まぁ、よくあるパターンなんだけど。


【懇親会とかけて何と解く】

2017年05月03日 | 仕事・社会・地域・交通

懇親会とかけて何と解く。わたしの眼鏡のフレームと解く。その心は。ぐ(っ)ちもでる。
つまり、愚痴も出る、グッチ(GUCCI)モデル、な~んてね。

今週末は町内会役員の懇親会がある。何が嫌いって、恒例とか懇親会とか親睦会とかの言葉ほど嫌いなものはない。ほっといてくれ!ってなもんである。
別に無理に人と親しくなったり仲良くなったりなんて望んでないやい。面倒なだけだし。付き合う人間は自分で選びたいし、そもそもこちとらいつだって、単独行動を旨としているのだ。

なんぞと屁理屈を捏ねてみたところで会計という御役目上、会場の予約手配や通達や支払いやらは、全部こっちの仕事である。てやんでぇ。嫌いなことに無理に参加することほどストレスの溜まるもんはないっつうの。愚痴だって出らぁな。
こちとらにとっちゃ懇親会は根辛会だし、親睦会は辛僕会だな。根気良く辛抱する会、辛抱する僕の会ってね。……そうだ、寿司屋に予約入れなきゃ!


【林檎のようなさわやかな香りのカモミール】

2017年05月02日 | 自然・生物・植物・園芸


放っておいても毎年、庭やプランターのあちこちに芽生えてきて、いつのまにか成長して白い花を咲かせるカモミール。花を摘んで指で揉んでやると、林檎のような爽やかな香りがする。
花そのものには派手さはないものの、一面に群生させれば、それはそれで見応えがあるんだろうな。生憎とそこまでのスペースはないけれど。


【ローカルで地道にがんばる!】

2017年04月30日 | 乗馬・競馬・趣味・道楽
4月、5月は春のGI戦線の真っ只中。今日も今日とて天皇賞(春)が開催されたが、8~9割がたキタサンブラックとシュヴァルグラン、サトノダイヤモンドの3頭で決まるだろうなと踏んでいたので、積極的に馬券参加する気にもなれなかった。
なんせその3頭で決まれば、3連単でも2,000~3,000円くらいしか付かないだろうし、かと言って潤沢な資金がある訳でもないので、1点あたり3,000円も5,000円も張るようなリスクは冒せないのである。結局お遊び程度に3連複を少額買うに留めて、専らレース観戦に専念した。
結果は上記3頭での決着だったのだが(一応当たったけど)、3連単配当が3,780円。3連複に至っては610円である(それでもガミっちゃいないけど)。

中央ではGI戦線の最中とは言え、当然裏ではローカル競馬も開催されている。先週は福島競馬の最終週。そして今週は新潟競馬の開幕週である。もちろん裏開催であろうとも、メインレースだけは買うことにしている。あくまで少額投資に変わりはないのだが。
そして先週の福島メインの福島中央テレビ杯と、今週の新潟メインの谷川岳ステークスにおいて、共に3連複で23,050円、38,220円の高配をGETした。ローカルで地道に資金を増やしているのだ。
来週のNHKマイルカップ(GI )は、少し気張ってみようかななんて思ったりもするけど、それにしても皐月賞で106万馬券を取り逃がした衝撃は大きかったなぁ(まだ引きずってるんかい)。

4月23日(福島) 福島中央テレビ杯
1着 ③ キョウワゼノビア (5番人気)
2着 ⑫ クラウンアイリス (7番人気)
3着 ⑩ シルヴァーコード (3番人気)
3連複 23,050 円(的中)


4月30日(新潟) 谷川岳ステークス
1着 ⑥ ウインガニオン  (12番人気)
2着 ④ ダノンリバティ  (3番人気)
3着 ⑪ アルバタックス  (5番人気)
3連複 38,220 円(的中)


4月30日(京都) 天皇賞(春)
1着 ③ キタサンブラック (1番人気)
2着 ⑥ シュヴァルグラン (4番人気)
3着 ⑮ サトノダイヤモンド(2番人気)
3連複  610 円(的中)