新カメラの実力は─



宵の頃、宅急便が到着しました。
待ってました!
新しいコンデジを購入しました!

購入したのは、ニコンの
COOLPIX L610です。

実は、2012年のモデルです。
なぜわざわざ少し前の機種を選んだのかは、後述します。



今まで使っていたのは
同類機種のL23。
2012年に購入しました
当時、6500円ほどで購入しました。
店で一番安いカメラを購入しました。
あくまで、メインはビデオカメラだったので
万一の予備として持っておこうという理由だけで買いました。

ところが購入1ヶ月後、上海の路上で
派手に道路に叩き落としたのを皮切りに、
幾度も、いろんな国で落としまくった結果
とうとうシャッターボタンがゆるゆるに
なってしまいました。たまに撮影できません。

もはやいつ壊れてもおかしくない状況。
いや、もう壊れている状況の中、
来月はまた海外に行くのですから、
いくら予備カメラとはいえ壊れかけを
持っていくわけにはまいりません。

そこでいよいよ、おニューのカメラを買うことにしました。
後継機種にL28やL30があったのですが、
大手電器店ではすでに売り切れており、
ネットで販売されているのは1万円前後と
やや割高感があります。
ならば、もうひとランク上のカメラを買おう。
それでいろいろ探してみたのですが、一つ問題が。

単3電池が使えないのです。
あれ、おかしいな、2013年前後は
結構単3電池対応のコンデジが
店頭に並んでいた気がするのだが…
コンパクトを追及すると、こうなってしまうのでしょうか。
しかし海外で旅する上で単3電池使用のカメラは
頗る便利であることを実感した以上、
単3にこだわり続けたい。
そして調べ上げた結果、今回買ったカメラが
コンデジの中では一番いいという結論に至ったのです。



左から順番に、
COOLPIX L610(新カメラ)/COOLPIX L23(旧カメラ)/ivis HF M32(ビデオカメラ)

さて、新カメラの実力は幾許か…。
2012年に購入した当時と同じように
新旧+ビデオカメラで同じ写真を撮って
画質を比較してみたいと思います。

新カメラ記念すべき1枚目は、
昨日から育てることにした
巨大つららでございますが…。

すべてフラッシュを焚いた写真です。
シャッタースピードはいずれも1/30秒。
違いはあるけど、どれも見劣りしない。
うむ、吾輩は満足である。

ところが、
フラッシュ無しだと大きな違いが
認められてしまったのです!


↑COOLPIX L610(新カメラ)
夜景もいけるやん!


↑COOLPIX L23(旧カメラ)
今まであまり気にしなかったけれども、
改めて比較してみると、この画質の悪さよ…。


↑ivis HF M32(ビデオカメラ)
さて、2012年の比較時では大絶賛した
ビデオカメラの写真ですが、
欠点は暗い所が苦手だということです。
マニュアルで設定すれば、もっとましな
写真が撮れるとは思いますが。

さて、暗いところでの撮影時の比較は
よくわかりました。
ところで次、接写はどうでしょう。



蛍光灯の下、フラッシュ無しで
撮影比較してみました。

カメラが3台あるって、
なんだか圧巻といいますか、
一方で無意味な印象すら受けますね。
ちなみに上の写真を撮影したカメラは、
2013年に購入したビデオカメラ
(パナのHC-V520M)です

購入当時、やはり同じように撮影比較してますが、
見比べてみるとわかるとおり、
かなりの糞画質です☆
でも動画は見劣りしないのですがね…圧縮率の問題?

さて、カメラ4台を使って
その写真の比較をしてみましょう。



左から順番に、
COOLPIX L610/COOLPIX L23/ivis HF M32/HC V520M

なぜ被写体をこれにした

4枚を比べてみますと、
明るさそしてピントの合い方、
ともに一番見栄えがいいのは、
新しく買ったカメラでした。
買ってよかった!



それにしても、4台も
カメラを所有しているなんて、
何なんでしょうね。
何の意味があるのでしょうね。

本当はもう1台持っていたのだが
どこか山の奥へ飛んで行っちゃって…


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 窓を開けたら... またしても季... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。