おじしゃんのデジカメ奮闘記

越後柏崎に生息し、越後の四季折々の風景を写真で紹介

たんねのあかり 2016 ・・・ 準備作業編 Ⅰ

2016-10-18 16:00:00 | たんねの風景・行事
お立ち寄りの皆さんは 「 たんねのあかり 」 という、アートイベントをご存知ですか?
おじしゃんのブログのカテゴリー、 「 たんねの風景・行事 」 の、2014/10/15 に紹介してあります。

1年間隔を置き、今年は開催の年で、さる10月8日(土)に、雨降る中で開催されました。
このイベントとのお付き合いは、縁あって最初からのお付き合いになります。
今回も準備段階から点灯まで、拙い写真ですが紹介してみたいと思います。


「 たんねのあかり 」 とは・・・

神奈川県相模原市にある、女子美術大学の学生・教師陣と谷根住民の共同作業によって2009年に始められたアート・イベントです。
自然、農村文化、民芸、アート、デザイン・若い力とお年寄りの知恵、経験を 「 結び 」 
「 あかり 」 の作品群で谷根の風景を演出します。
谷根の自慢、柏崎市民9万人の水源、清流谷根川沿いと棚田、谷根神社を中心に 「 あかり 」 が展開します。
「 あかり 」 は風景を灯し、人の心に灯ります。
農村の温かな人の心は世代を超えて伝わり、芸術は遠くにあるものでなく、身近にあるということを実感していただけたら幸いです。

と、説明されていました。


                    






当時の天候は雨周りに当たり、朝から雨降り。
AM 8:15 雨降る中、準備作業スタッフ、ボランティアスタッフが 「 たんねの里 」 グランドに習合。
池田 実行委員長の挨拶で始まります。








女子美大・下田先生の作業説明により、それぞの役割が分担されます。








小雨降る中での作業開始です、
田んぼの中に特設舞台を作ります。  この舞台で 「 谷根大和舞 」 を披露するのだそうです。








こちらは、 「 秋ほたる 」 の準備です。








橋の下に 「 秋ほたる 」 が舞います。








たんねの里グランドでは、「 たんねバザール 」 の準備がされています。








こちらは 「 ひまわり畑 」 の準備風景








1000本以上のひまわりが、心地よい風の音を奏でます








特設舞台が完成したようです。








谷根川の水面に浮かぶ 「 かまくら 」 








何をイメージされて作られていると思いますか?   わかったら偉い! (笑)





続きます。
『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/7 越後 ・ 浦佐 ・・・ 天光 | トップ | ぶらり秋山郷 ・・・ 続 ・ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL