アニメちゃんぷるぅ

アニメ漫画等。日本が世界に誇るメディアについてを独断と偏見で徒然書く。主にアニメ視聴ブログ…に最近なってないですね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

灼眼のシャナⅡ第4話

2008-02-21 22:52:55 | 灼眼のシャナⅡ
灼眼のシャナⅡ 第4話「憂いの少女たち」

視聴止まってたのでまた見たのでかなり遅れて書きます。

悠二が史菜に付きっきりになってしまい不機嫌なシャナ。
それに気づかない悠二君。
鈍感だなー。

プール掃除。懐かしいな。
遊んだものです。

お昼。ここでも悠二君鈍感ぶり発揮。
イラついてくシャナちゃん。
ああ、この構図何処かで見たことあるなー。
中の人(ry

夜そんな憂さを晴らすが如く。
鍛錬に力を込めるシャナ。
「シャナ!なんかいつもより激しくない?」
という悠二。
そこは気づくのね。
なんでイラついてるのか理由が分からないシャナ。
女の子だな。
すると、悠二君鍛錬の賜物か。シャナとアラストールが感心するような動きを見せます。
鍛錬を続ければ、
ただのミステスとも、トーチとも違う、新たな道も開けるかもしれないってアラストールが言います。
シャナも頑張ればきっと…と言います。
でも、余計なことに惑わされなければと付け加えます。
ツンデレよのう。

デカ盛り天国って。
でかいよ。
佐藤は対抗心剥き出しと。それに乗っかる悠二くん。
昨晩マージョリーさんとヴィルヘルミナさんの会話を聞いたからかな。
シャナはでっかいパフェ食べてにこやか笑顔で幸せそう。

お腹いっぱいで店を出ると史菜ちゃんの姿がありません。
探そうとする悠二。
その対応に怒るシャナ。
そんな態度に戸惑う悠二。
帰る!といいその場を去ろうとするシャナ。
悠二は追いかけようともしません。
ひどいよー悠二君。

悠二君もしかしたらと何か思い当たったよう。
昨日行った公園にいるかもと公園に行くと史菜さんがそこに小鳥と戯れてました。
その姿に似ていると、ヘカテーと重ねてしまう悠二。
史菜と悠二は微笑みあっちゃって、なんかいい感じ。
そこを吉田さんが目撃。

夜、お弁当を作ってる吉田さん
私、嫉妬してるのかな…。こんな気持ちやだな。
よし今こそ黒吉田の出番だ!!

鍛錬の場にシャナが来ません。
かわりにカルメルさんが登場。
どうやら、もう鍛錬を手伝ってくれないようです。
鍛錬の相手になったヴィルヘルミナさんの表情が微妙に鋭くなってるような。
お部屋のベッドで膝を抱え丸くなってシャナが暗いです。

次の日。登校中。悠二と史菜の二人でシャナの姿はありません。
巣箱を作って小鳥のために設置したよう。
シャナが来ないのをまだ怒ってるのかと勘違いで鈍感ぶり発揮の悠二君。
この鈍感ぶりまるで…中(ry

学校で吉田さんに挨拶。
微妙な反応の彼女。
優しいけど鈍感の悠二君。それが一番たちが悪かったり。
吉田さんがなんとなく避けてます。
シャナも。

いつものお昼の光景から、シャナと吉田さんの姿がありません。
二人は屋上で昼食。切ないよー!

なんじゃこりゃー!これシャナかい?
ラブコメです。
とかほざいておりますが今放送は悠二君が原作どおり大変なことになってたりするので。
早く追いつきたいです。

にほんブログ村 アニメブログへ 押さなきゃ殺ーす!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハヤテのごとく!第46話 | トップ | にゃんにゃんにゃ~ん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
灼眼のシャナII (Second) 第4話「憂いの少女たち」 感想です。 (詩音の枝折り)
転校生、近衛史菜は最強の天然お嬢様。 すっかり史菜に懐かれてしまった悠二は、 先生に、この待ちに慣れるまでの世話係を頼まれる。 しかし、悪い子ではないが自由奔放な史菜。 なんでも史菜優先にしてしまう悠二君に、 シャナと吉田との関係に不協和音が生じていた・・...