■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ 被写体とカメラ

2016年12月24日 | ☆動画製作関連

 現在のカメラを使った撮影と言うのは、コンシューマでも

大きく分けてVTRの流れとフィルムのながっれの二種類に

分別されるよな気がする。

 

 写真と言うフィルムと放送用の動画と言うVTRがそれで

あり、フィルムソリューションのものがHDRでモノを作る場

合の選択肢になるデジタルシネマカメラであり、業務用の

ビデオカメラというのは、連続撮影時間の長い別の選択に

なるのだが、完全にアプローチが異なるのは言うまでもな

い。

 

 コンシューマの製品はDSLR製品はコンテを切って、ス

ケジューリングをお行って撮影するなどしないと連続撮影

時間が短い製品が多いため、この製品お目的はデプスコ

ントロールと好感度撮影などの利点という事になる。

 

 つまり、α7SIIやα77IIのような高感度と4Kのアプロー

チが可能で、単焦点レンズを付けてシーケンシャルの撮

影をすれば選択肢の多い物を使えば、ビデオカメラでは

光学的な構造として不可能な表現が出来るのである。

 

 基本的にコンシューマのビデオカメラは、これとは全く

異なるアプローチであり、小型のセンサーに明るいズー

ムレンズを実装した構成になっている。

 

 小型センサーと言うのは、α6300とF1.4の大口径レ

ンズの組み合わせの映像を見てしまうと比較するほうが

どうかしている程内容が異なるのだが、センサーサイズ

は1/2.5以上である為、そうした製品はスマホと同じよう

なサイズであり、これにスマホよりも大口径なレンズが装

着されており、焦点距離の選択が、300mm辺りかそれ

よりも望遠側の焦点距離が存在している。

 

 小型とは言っても、このサイズはスーパー8の記録面の

面積よりも広いものであり、当然のように解像度において

も、過去のVTR製品よりもスーパー8よりも上なのは言う

までもない。

 

 ちなみに、8mmの動画と言うのがどういう物かしあない

ユーザーにひどい虚偽を吹聴しているのが時に存在してい

るが、基本的に【 他人が持ってないものと言う認知 】で

映像品質そっちのけで物事をやっている無能がそうした事

に固執しているように見えなくもない。

 

 8mmの映像だが、これについては、寄らないと解像度は

得られない上に、基本的に照度と言うのはカメラの露出以前

にこの確保については職業でいえばカメラマン音仕事ではな

く照明さんの仕事である。、

 

 つまり、ライティングで絵作りする制作方法である為、カメ

ラがあれば大丈夫と言う、VTRとフィルムをはき違えて痛々

しい振る舞いをしている無能でもない限り、知ったかぶりでそ

の状態には至らないという話である。

 

 当然、そんな輩に映像のつくり方を聞いたとしても、VTRす

ら解っていない為、効くだけ無駄という事になる。

 

 基本的に大型撮像素子と小型撮像素子という物を比較した

場合、画質の差という確固たる差が出るのだが、この差と言う

のは、同一解像度のセンサーを持っていた場合に、得られる

描写の結果が異なるのだが、この内容はセンサーにおける画

素ピッチの差異で品質が異なるため、同一の構造物であった

場合、センサーの設計亜画像処理エンジンが共通ンであれば、

センサーサイズと画質補高さは比例するのである。

 

 これは、両者に同一の大三元レンズやF1.4の大口径レンズ

を実装して利用した場合に、出る結果が異なる事が全てを証明

している。

 

 つまり、レンズの解像度が高いとしてmお、センサーの画素ピッ

チやセンサーの設計で内容が異なってしまうという条件が物理的

に存在してしまうのである。

 

 8mmフィルムのスーパー8と1/2.3型センサーだが、基本的

にフィルムと言うのは露光時間を長くしなければCMOSのような

露光にならない為、シャッタースピードにおいて数段分の差が存

在している。つまり、フィルムの場合800で撮影してシャッター角

を広くしなければダメな条件でもCMOSはISO100でシャッター

スピードもそくしなくてもアンダーにならない条件のほうが多いの

である。

 

 この顕著な差は屋内撮影で出てしまうのだが、夜中に屋内の

室内照明のみでスマホを使って動画を撮るとして、マニュアル撮

影で

 

 ■ ISO 100

 ■ 1920x1080/24F もしくは 3840x2160/24F

 ■ 露出補正±0

 

で撮影した場合、思ったよりも動画は暗くなるはずである。つまり、

目で見ているよりも暗く記録されるのである。つまり、この解消で、

露出補正や増感の概念が出るのだが、この条件で、目で見てい

るのと思う明るさ、もしくは明るいと感じる状態になるまで感度と

露出補正を変更してみると、最適な指定を見つけれるのだが、

この条件だと、露出補正と増感を数段分行っているはずである。

 

 つまり、CMOSやCCDであってもそうした状態に至るため、

フィルムであった場合には、そうした状態だとノイズまみれにな

る為、360度でレンズの口径を大きくし値の明るいレンズを使

用し、照明で周辺光を用意して被写体周囲の条件を明るくする

必要が出てくる(実際のライティングは陰影によって形を出す作

業である為、ライトを真正面から当てて明るくするというのとは

内容が異なる。)ため、スーパー8などのフィルムで同じことをし

た場合、ライティングも何もない状態であれば、ノイズまみれに

なるため、相当厳しい状態になるのは言うまでもない。

 

 基本的に、スーパー8の映像と言うのも、まともに撮影され

ているモノは当たり前に露光まで含めて理解し映像の知識や

撮影する上での能力があるため、品質も出ているのだが、そ

うした技量があったとしても、やはり、ディテールの多い物を撮

影した場合には品質が落ちてしまうことは否めない。

 

 つまり、画質を求めるほうがどうかしているHi8のようなSDR

なSD解像度の時代の末期な映像と比較すれば、品質は高くな

るが、あのフルマニュアル製品で、レンズ付きフィルムで写真を

撮るようなレベルの世迷いごとを口にしてるような存在であれば、

撮影出来る訳もなく、無知な未経験者が他人にできるのであれば

、自分でもできるだのという思い違いをしても品質が出ないのは

確かである。

 

 基本的に映画製作の楽手機材のような感じで、それで行う一

通りのソリューションを個人でも本来の16mmや35mmよりも

低価格で行える落ちうのがそれである為、1970年代のソレと

して存在していたのがそういう製品である。

 

 つまり、映像を撮るという内容で考えると、16mmや35mm

や65mm(これはないだろうが...。)で撮影する場合における

学習教材と言うのが個人的な見解なのだが、そうしたものが

フィルmの8mm製品だと言える。

 

 当たり前の話なのだが、スマホでタッチフォーカスでできるよ

うな事と確保できる照度が得られない為、露出計もセットで購入

して照度を調整しながらフレーム内の絵面を追い込むのがフィ

ルムであるため、やったことがないがフィルムと口走る理解不

能な無能(それが原因で虚偽生物として嫌われてる系統が自

分の劣等感から逃げる為に、終わり切った能力しかないのの

寄せ集めで無能さひけらかして生きた結果、そういう文明がな

さすぎる知ったかぶりよ寄せ集めで終わっているという話にな

る。)では無理があるのは言うまでもない。まぁ、それが出来る

人間おいる場所に混ざったとしても、能力が付くか否かは個

人の学習能力やソレに居つくだけのポテンシャルがあるか否か

の話だが、やる気がなければそれに至る訳もないため、そのす

べてが存在していない無能であれば、ソレに至らないのは確か

である。とりあえず、僻地で詐欺やペテンに走るしかない文明レ

スと言うのは学なしである為、学力のなさとセットで文明が消失

している為、家電量販店においてある程度のモノでも既に文明

についていけないレベルで終わり切っている(のだが、文明レベ

ルが高いと錯覚しているので終わっている。つまり、学校以外で

も落ちこぼれてしまう末期なのがソレ。つまり、そういう遺伝子で

あり、そういうレッセ種としての個体の系譜という事になる)

 

 コンシューマのビデオカメラは、DSLRと比較すれば、やは

り暗所に弱く、放送であっても、当然ようにビデオライトや巨大

な照明を用意するのと同じく、ライティングしなければダメにな

るシーンは多く存在する。この辺りが、1/24でアンダーになり

にくい条件の多いデジタル一眼レフとは異なる部分だと言える。

 

 こう書くと、ビデオカメラは全く駄目内容に見えるが、小型

センサーなりの利点があるのと、フィルター直径が大きなには、

フィルターの選択肢が多いため出来る事が複数存在する。

 

 デジカメもそうなのだが、1/2.3型のカメラというのは、4K

カメラもそうなのだが、これについては、最短撮影距離が短く

 

【 ワイド端;1cm / テレ端:80cm 】

 

というものがある。つまり、300mm位で80cm位の距離で撮

影が可能で、ワイド端だと被写体によって撮影ができる事に

なる。

 

 こうした撮影は、テレマクロが主体なデジタル一眼レフでは

難しい分野と言える。画質やディテールの多い物を撮影する

場合のディテール表現において、α6300+シグマのフルサイズ

用のArtラインの単焦点レンズを使ったような状態と比較すると

相当残酷なことになる為、ダメなものの、

 

 ■ クローズアップレンズフィルター

 ■ ワイドコンバージョンレンズ

 

の併用などで、テレマクロやワイドマクロでの画角の変更などが

更に可能になり、一眼レフでは撮影不能な表現が可能になって

いる。

 

 そして、もう一つ。ビデオカメラとミラーレスの購入が、ファミ

リー層だと向いていると言う内容があるが、これは、学校行事

の撮影が可能な場合、こうした場合、結構なが癪になる場合が

ある。

 

 つまり、一つの出し物が15分を超えるような条件があった

場合、学芸会の劇とかでそんな状態であれば、その状態は

全て撮るはずである。そうなると、ミラーレスでは心もとない。

 

 そうなれば、連続撮影が可能なビデオカメラのほうが間違い

がないと言える。

 

 そして、写真については、明らかに連射性能が高い製品が

増えている写真専門の機材のほうが向くため、それのほうがい

いといえる。ちなみに、今のカメラと言うのは4Kで連写が可能

で動画を撮るようなレベルで恐ろしい連写が効く製品もある。

 

 コンシューマの製品ではないのだが、プロの使うフルサイズ

のデジタル一眼レフの現状はどうなっているのか?と言う話だ

が、これについては、10fpsで永久に連射できるような製品ま

で出ている為、メモリーカードの容量が埋まるまで連夜出来る

製品になっている。つまり、メモリーカードがUHS-IIやXQD

である必要はあるのだが、既にここまでくるとモータードライブ

である。

 

 変な話だが、ここまでくると8fpsや10fpsのシーケンシャル

を使った動画だと14bit RAWで撮影出来てしまう為現実的に

お動いているモノをHDR映像として微速度撮影するような状態

とは異なり、アニメのようなフレームレートで現実を撮れるように

なっているのである。

 

 こういうのは別格である為、個人向けだとOM-D EM-1 mk

IIとずいこーレンズとかになりそうだが、そうした選択も存在し

ている。

 

 つまり、ビデオカメラの写真機能では苦手な、スポーツの連

写撮影が出来るのが写真を撮る製品という事になる。

 

 この内容からすれば、【 長時間の連続撮影 】がビデオカ

メラの利点だと言えるのだが、バッテリーのラインアップを見ても

200時間以上の大容量バッテリーが存在している内容などから

も、そうした撮影において向いていることは明白である。

 

 つまり、こうした撮影が可能である為、撮影におけるカメラの

選択が変わってくるのは確かで、撮影する櫃差体で選択肢が全

く変わってしまうのである。

 

 例えば、ネットにアップする動画を想定してみよう。例えば、

 

 【 描いてみた 】

 

のような動画作成する場合だが、すべての状態を撮りっぱなし

で行うようなこうしたコンテンツの場合、撮り切る場合には間違

いなくビデオカメラのほうが向いている。

 

 三脚で固定してMFで効き手の逆方向から撮るのだが、写真

でいうと【 フォーカスロック 】(ピントを置くので置きピンともい

う)を行うのがそれである。このフォーカスロックは同じなのだが、

これをDSLRで撮影する場合には、アプローチが異なる。

 

 これは、連続撮影時間の上限が存在してるからなのだが、数

分で映像が切れる事を考えれば、その解消を想定した場合、1

時間以上かかりそうなモノの推移を撮影する場合、タイムラプス

を行えば、カメラの動画撮影機能の仕様的な問題を回避できる

のである。

 

 そうした場合、必要となるのは、ビデオカメラ同様に電源の確

保だが、これについては、DCカプラーのオプションが存在してい

るを利用すれば、AC電源から電源を確保をして撮影する事が

可能になるため、屋内撮影かつ、個人が制作可能な

 

 ■ ストップモーションアニメ

 ■ インターバル撮影

 ■ 制作工程を撮影する動画

 

について、電源を気にせずに撮影する事が出来る状態になって

いる。基本的に、デジカメやDSLR製品はそうした条件と撮影機

能で選択する事が基本と言える。

 

 案所については、DSLRの場合、増感なのだが、ビデオカメラ

はナイトショットが利用可能なため、暗所でのノイズレスな撮影を

可能としている。野生動物の撮影で、暗所での緑がかったモノトー

ン映像が出てくるが、アレがナイトショットである。そして、これと

全く違うアプローチが業務用カムで存在するような高感度カメラ

による撮影になる。

 

 つまり、コンシューマの製品で見ても

 

  ■ α7Sなどの超高感度4K

  ■ ビデオカメラ全般に実装されているナイトショット

 

の二種類が存在している為、暗所の撮影においても内容が全く

異なるのである。当然の話だが、この双方の撮影ソースだが、

8mmフィルムのカメラで撮影できないのは言うまでもない。

 

 そして、ビデオカメラだが、現在の製品では露光時間に制約

があるのだが、タイムラプスも実装している。その為、通常撮影

とフレームスキップの映像撮影が可能になっている。

 

 これとは別に、ビデオカメラには夜景モードが存在するため、

実質的にスローシャッターを利用したカラー撮影が可能になっ

ている。

 

 その為、後処理は必要だが、結構面白い動画が撮影できる

ようになっている。当たり前の話なのだが、無能さ自慢を延々を

居てる輩が下手さだけしか増さないのは自業自得でそういう固

有種でしかないのだが、そういうやkらがどんないい機材を使っ

ても宝の持ち腐れになるというのは、モノの理解をする速度より

も退化と劣化の速度が、それを凌駕し、どんどん下手さの臨界

点を突破するかの如く人類の知らない下手の領域に到達して

いくためである。

 

 ビデオカメラだが、ハイスピード撮影以外は可能であり、

 

 ■ 通常撮影

 ■ デジカメのようなワイドマクロとテレマクロ

 ■ コンバージョンレンズとフィルターの利用

 ■ タムラプス

 ■ 夜景による長時間露光の映像

 

の撮影が可能になっている。ここまで書くと

 

【 食玩くらいのサイズのモノによるという選択肢がある 】

 

と言うのが理解できるため、当然のようにワイドマクロでHGの

ガンプラによることもできるため、じょらまでMG辺りのモノを並

べた場合やFigma辺りのサイズで何かをする場合もそれに

寄る事が出来るのである。

 

 つまり、花などによるとしても結構な寄りが可能で、その条

件でコンバージョンレンズやクローズアップレンズフィルターの

選択も存在するのである。

 

 では、DSLRでは、どうか?という事になるが、これは、以前

も書いたように

 

 ■ ハイスピードのフルHDやHD

 ■ 通常撮影

 ■ 露光時間と枚数と間隔を指定したインターバル撮影

 

が可能になっている。つまり、ビデオカメラに存在していない

 

 【 ハイスピードカメラ 】 

 

の機能を実装した製品が存在している。とりあえず、iPhon

eが現在は720/420Fが撮影できるため、ハイスピード撮影

とタイムラプスと津城撮影ができると言われてもピンと来ない

かもしれないが、焦点距離の選択と光学系が異なるという利

点がある。

 

 また、撮影時間が短い物のRX100M4やRX10m3のよう

にハイスピード撮影でテレ側に振った状態で遠方のモノをハ

イスピード撮影で捉える事が可能なモノも存在している。

 

 基本的にこの製品は、ハイフレームレートではセンサー入

力のサイズがD1よりは巨大なのだが、フルHDの映像でフル

フレーム記録しているわけではない為、通常の画質よりは劣

るのだが、記録時には1080/30pの動画として収録できるよ

うになっている。

 

 DSLR製品の利点だが、

 

 ■ スターストリーム

 ■ 星空の入ったタイムラプス

 ■ ハイスピード撮影

 ■ 通常撮影

 ■ 高感度撮影

 ■ タイムラプス(露出変更可能)

 

が可能になっている。1/2.3と比較すれば大型である為、

マクロにおいてはテレマクロが得意なのだが、結果的に、

出来る事を単純に比較しても、得意分野が全く異なるため

撮影のアプローチでカメラの選択が変わってくるのである。

 


カメラの特性


 

 コンシューマの8bit/4:2:0のソースだと通常撮影だ

 

 ■ α6300

 ■ 防塵防滴レンズ

 ■ 水中ハウジング

 ■ FDR-X3000v

 ■ ドローン

 ■ SIRUIなどの防水三脚

 ■ 赤道偽

 ■ レインジャケット

 

あたりがあれば、ほぼロケフリな状態で撮影が出来そうな気が

しますが、環境適合性と言うのがカメラで異なる為、製品の仕様

によって使用する機材選択が変わる。

 

 デジカメには、

 

【 単独で水中撮影が可能で小転居rの変更が出来る製品 】

 

が存在しているが、こうしたカテゴリーの製品は

 

 ■ 防水

 ■ 防塵

 ■ 耐衝撃

 ■ 耐寒冷

 

の仕様になっている。当然動画と写真の機能はカメラ任せす

ぎるため個人的にはスマホで無理な場合にアクションカムと

は異なる物を得る場合に向いている選択肢と言うイメージし

かないのだが、アックション噛むよりは出来る事の出来る耐

性の高い製品というものになる。

 

 動画は写真よりも焦点距離が長くなるため、28mmで動画

が撮れると言う訳ではないのだが、広角はアクションカムで、

それ以外の動画はこうした製品と言う選択もある。ただし、こ

の場合、4Kのタフネス製品は登場していない為、少し様子が

異なる条件になる。

 

 今年は、OM-D EM-1mkIIが登場したため、レインジャケ

ット併用で雨天撮影の出来る4K製品が登場したのだが、こう

他撮影と言うのは、GH4のように水中ハウジングの選択肢が

ある製品やドローン撮影の実績がある製品だとそうした事が

ケースの併用で可能になるのだが、画質面+4Kとなるとそう

した条件になる為、DSLR製品を利用する事になる。

 

 環境耐性と言うとタフネスデジカメとアクションカムの選択

が出てくるが、この二者の違いは、やはり、ウェアラブルでの

利用がしやすいか否かである。つまり、配置および利用範囲

が定点カメラとsテ優位性があるのはアクションカムであり、

あの超広角落ちうのはやはり魅力を感じるものがある。

 

 そして、アクションカムは上位製品は4K対応である為、映

像ソースをそれで持ち帰る事が出来る。小型製品ではフルHD

になるものの、定点で4K撮影をするという選択肢であれば、

こうした製品お利点が出てくる。

 

 画角が対角魚眼である為、屋内撮影において広く屋内を

撮影する事も可能だが、車載カメラで社内を撮影してもそれ

を広く撮影っ出来る利点がある為、実際にそうした利用がさ

れている。

 

 つまり、ウェアラブルなどの機能の差がタフネスデジカメと

の決定的な差だと言える。

 

 しかし、タフネスデジカメの中にはワイドコンバージョンレン

ズの装着で対角魚眼に出来る製品もあるのだが、単独での

水中撮影などの利点は失われてしまう。

 

 そうなると、メリットがなさそうだが、そのカテゴリーの製品

 

 ■ 焦点距離の選択が可能

 ■ マクロで寄れる(顕微鏡モードなどがある)

 

と言う利点が存在している。つまり、フルHD魔でしか撮影で

きないが1/2.3型のビデオカメラのように寄れるのである。

 

 これは、同様の最短撮影距離ではぽピンボケしてしまう

アクションカムとは一線を画す機能である。

 

 つまり、TG4などにワイコンを付けてワイドマクロをした

場合、アクションカムでは無理な寄りが可能になり、ディテ

ールもしっかりと表現されるのである。また、顕微鏡モード

は被写界深度が極度に浅いため、動画を撮るのは相当

練習しないと微細な動体を追うのが難しいのだが、昆虫

サイズのモノに寄って撮ると言うのが可能である。

 

 山歩きとかで何かあったら撮るという用途だと、天候に

よる破損リスクは低いためこの二つは向いておりスキー

とかでも寒くても撮れる利点もこうした製品委はある為、

山などのように100mで0.7度づつ気温が低下し、標高

が高くなるほどカメラの機能やバッテリーの用いに不安

が来るような条件でもカメラが機能しなくなるような条件

は存在しないのである。

 

 基本的に、こうした製品と防塵防滴のデジカメやデジ

タル一眼レフは異なる為、防水となると上位のボディー

とレンズの構成に水中ハーネスの装着と言う条件にな

るため、構成自体が変わってしまういのである。

 

 個人が水中ハーネスの購入と言うのもスキューバーで

もしない限り選択肢に入らないのだが、そのケースの価格

と言うのが、ボディーのよりも高額で、デジカメでも10万弱

で、α6300用が20万弱であるため、気軽さがないのが最

大の理由だと言える。

 

 個人が購入できる価格が異様に高額ではないタフネス

製品だとこの二者があるのだが、基本的にそうした特性の

違いがある為、目的が異なる製品という事がいえるのである。

 

基本的に、撮影機材と言うのは掲載されていない仕様は、

実装されていない毛のウである為、海辺の撮影や寒冷地

だと厳しくなる場合や環境耐性は低い製品お邦画多いとい

う事を理解s他ほうがいいのは確かである。

 


 

 アクションカムやデジカメはどちらかと言うとビデオカメラ

ではなくDSLRのような色合いが強いのだが、ビデオカメラと

ミラーレスや一眼レフとビデオカメラでは完全な仕様の差が

存在するため記録方式が同じコンシューマの製品であった

としても、機能が全く違う為、撮影の用途によって全く向か

ない条件も存在しているのである。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ ゲーム機とオーディオビジ... | トップ | ■ 最短撮影距離と被写界深度 »
最近の画像もっと見る

☆動画製作関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。