■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ クラウドのレンダリング

2017年02月13日 | ○ Weblog

 そうしたサービスはありますが、基本的に自分で所

有しているスタンドアローンのマシンでレンダリングす

るよりは高速ですが、やはりボトルネックもあると言う。

 

 海外サービスでそういう物が存在しますが、3DCGツ

ールだと、ShadeがProfesshonal版だと時間の制約は

ある物の無制限の台数指定でレンダリングが行える物に

なっています。これはGridとしてネット上のマシンと

クラスター処理する方法と、LANにおいてローカル環境

で用意したマシンの台数制限がないと言う条件いなるの

ですが、

 

【 台数x0.75倍の速度でレンダリングが終わる 】

 

と言う内容があります。つまり、こうした内容から、レ

ンダリングのパフォーマンスを揚げる事が可能になって

います。

 

 とりあえず、現状だとAutoDeskのサービスで自社の

CADの演算をネットワーク上のクラウドで処理するソ

リューションがあり、サブスクリプションで権利を購

入し期間限定で利用すると言う方法があります。

 

 気が付くと3DSMAXも学生用の3年間無料の登録と

かサブスクリプションが1か月単位で割安プランになっ

ていて、年間契約でハードル高すぎるする何かがなく

なっていたのですが、とりあえず、そうしたサービス

もあります。

 

 基本的に、ローカル環境でGPUを使うと言う条件で

ハードウェアに投資したほうがいいのか、それともク

ラウドがいいのか?と言うのは、脊椎反射的な趣向で

固まる何かの対立軸の話ではなく作業時の選択肢で変

わってくるのですが、レンダリングの量が嵩めば、多

分いボトルネックを感じ始めるので、ローカルでマシ

ンを組んだほうがいいかもしれないと感じるかもしれ

ませんし、電力代込みで計算した場合にクラウドのほ

うが割安になるような頻度の低い作業も存在します。

つまり、そう考えるとプリレンダリング(リアルタイ

ムレンダリングはクラウドだと品質は落ちるので、遅

いマシンで品質が高くは出来ますが、元から高いのに

匹敵する何かに合わせると言うのは無理です。)時の

選択と言うのも変わってきます。

 

 とりあえず、ネットブック辺りで

 

 【 プリレンダリングは出来るがリアルタイム

   レンダリング系は利用不能 】

 

と言うのを書きましたが、結果的に、常時それをフレー

ム単位で書き換える処理において、そこで利用できる最

大ポリゴン数が時間をかけて変換するそれよりも少ない

と言うのは当たり前の話になります。その為、品質もそ

うですがオブジェクト数が増えた状態になると、リアル

タイムレンダリングではなくプリレンダリングでなけれ

ば処理できない物があります。

 

 つまり、フレーム単位で処理できるポリゴン数の概念

が抜け落ちるとこうした部分は相当末期な間違いに至る

わけですが、こうした内容も検討材料になってきます。

 

 個人の場合だと、リアルタイムレンダーといのは、

ゲームエンジンを使った処理になりますが、これは、

画像や映像を書き出すのではなく、常時動く状態のモ

ノを出す事やインタラクティブなコンテンツでリアク

ションがそのまま帰ってくるようなコンテンツ制作の

時に利用するものになります。

 

 その為、この場合、GPUしえ脳を求める事になるの

で、プリレンダリングのように後でコンポジションを

行うと言う選択肢がありません。

 

 その為、その段階でシェーダーモデルでソレに対応

するしかないので、この段階で品質を追いかけると古

いシェーダーモデルのGPUの選択肢が消えます。

 

 これに対し、プリレンダリングの場合、GPUレンダ

リングやCPUレンダリング(スレッド数で処理する)

がありますが、前者もCUDAやOpen-CLが必要にな

るので古いGPUでは性能が出ず、BlenderでのCUDA

でのレンダリングで、VRAM不足でエラーになると言

う事を経験されてる方もいらっしゃると思いますが、

結果的に、これはGPUの性能でできる事が変わってく

る部分があります。

 

 それに対いs、CPUレンダーの場合、時間がかか

る物の、ハードの上限と言うとのは、もっと上です

から当たり前に、更に込み入った処理が可能になり

ます。その為、こうした場合にはGPUのコストがか

かるという事になります。こうしたプリレンダリン

グにおける処理での選択が冒頭のソレになります。

 

 つまり、Quadro K620やGeforce GTX 1050

辺りで大丈夫な短時間で終わるようなCUDAでのレ

ンダリングだと、間違いなく前者のクラウドは必

要がないわけですが、重たい処理をする場合に関

して言うと、

 

■ ボトルネックを含めた処理能力の上限を

  検証してローカルのそれを使うのと、ど

  ちらがいいのか判断する

 

と言う検証作業をあらかじめ行ったほうがいいの

は確かです。

 

 重たい処理の場合には複数の選択がありますが、

基本的にコストとの兼ね合いを考えるとそうした

検証と検討の必要があるわけです。

 

 とりあえず、現状において複数のレンダリング

の選択肢があるのですが、個人が扱う物だと

 

【 Blender 】

  

  ■ プリレンダリング

    ・ CPUレンダリング

    ・ GPUレンダリング

    ・ ネットワークレンダリング

 

 (*)プリレンダリングの場合、動画と静止画の

    GLレンダリングも行える

 

  ■ リアルタイムレンダリング

     ・ BGE

 

【 ゲームエンジン 】

 

  基本的にリアルタイムレンダー

 

と言う感じになっています。その為、制作においての

選択肢でいうと、GPUを使うかスレッドを増やすかに

なる感じですが、見ての通り、現状においてもネット

ワークレンダリングが可能なレンダーは存在している

ので、それが可能なソフトを導入するのにバカ高いコ

ストがかかると言う状態はなくなっています。

 

 とりあえず、レンダリングにおいてはプリレンダリ

ングだとクラウドでの処理が存在しているので、そう

したサービスを使うと言う選択肢もあるのですが、基

本的に演算処理における選択肢と言うのは複数存在し

ているわけです。

 ちなみに、GPUでリアルタム処理をクラウドで行う

もので言うと

 

 ■ NVIDIAのクラウドゲーミング「GRIDゲーム」

   が1080/60pに対応~

   「SHIELDタブレット」で使用感をテスト

   http://pc.watch.impress.co.jp/docs/

   topic/review/704478.html

 
のようにリアルタイムレンダリングなどもありますが、
やはり、これは、仕様の上限とリソースの割り当てをし
たサービスなので、挙動の上限があります。
 
 個人でそういうマシンを購入すると高額なんですが、
難しい演算をする場合に大丈夫か?と言うとそれだけの
リソースを提供できるような状態ではなさそうな話なの
で、やはり、時系列を追って速くはなっても、プリレン
ダリングを行う場合の演算をリアルタイムでとなると、
少し違ってきます。
 
 基本的に、個人が3DCGでレンダリングをする場合、
ローコストでと考えるとBlenderの選択肢が出てくるわ
けですが、この選択肢も
 
 
【 リアルタイムレンダリング 】
 
  BGE
 
 
【 プリレンダリング 】 
 
  Cycles
  Blenderレンダー
  外部レンダー
  GLレンダー
 
があります。そして、
 
 
【 シェーダーモデルが新しい速度のあるGPUの場合 】
 
  ■ オードでマテリアルを調整して、ゲーム制作の
    ようにPBRで品質を上げてGLレンダリングで
    出してみる
 
  ■ ゲームのリアルタイムレンダリングをする
 
 
 
【 プロセッサのスレッド数が多い場合 】
 
  ■ Blenderレンダーを使う
 
 
【 CUDAコア数の多い上位のGPUの場合、 】
 
  ■ Cyclesを使う
 
 
【 同一構成のPCを複数台導入できる場合 】
 
  ■ 画像:ネットワークレンダング
  ■ 動画:シーンごとに個別のマシンで演算
 
 
をする方法があります。この辺りはハードの導入後はランニング
コストだけなんですが、現在ではこれに加えて、有償ですが、ク
ラウドでのレンダリングの選択肢もあります。
 
 現状において選択は複数ありますがそれを間違うとコストだけ
嘘のようにかかるので注意が必要ですが、速度とコストのバラ
ンスを考えてどれが最適であるかを考えることも重要になりま
す。
 
  
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とりあえず | トップ | ■ 物を動かす手法と考え方 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。