■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ ひとりごと

2016年11月07日 | ○ Weblog


 ゲームとは、基本的にアルゴリズムなどを用意した後
にバグとリアをして動くようにした後に、そのゲームの
バランスをとることになるのだが、チートとはこのあた
りが崩壊した状態になる。

 対戦格闘げーmづえは、バージョンが変わるごとに同
じキャラでも性能が変わるのだが、やはり、強すぎるキ
ャラは弱体化していく傾向がある。

 例えば、ストIIのガイルは腕が短くなったり、判定が
弱くなっていくなどの変化があったが、やはり強いキャ
ラに該当していたのだが、最初のでたらめな強さはなく
なっていた。あだし、この例はまだいいほうで、強すぎ
る代名詞というと、初代KOFの怒チームのハイデルンで、

【 相内だとダメージが超必殺技レベルで発生する 】

というバグのようなものがあった。さすがにボスと相打
ち数発で勝利できてしまうわけのわからないものは問題
がるため、さすがに何区なっていて、リーチの長さとカ
ウンターの強さで極悪さを誇っていたものの、のちに消
滅したという経緯がある。

 結果的にゲームバランスというのはどのあたりでそ
ういう状態にするかというマップ上にそれに見合ったキ
ャラの配置や物の発生数だとかあたり判定などの調整な
ども含めて様々なものがある。

 つあまる、このあたりがゲームの快適さの調整の内
容になる。結果的に、これはプレイヤーの顔も白いと
感じるレベルとその調整になるのだが、結果的に、チ
ートのような数値変動系の演算を削除した場合だとゲ
ーム性が崩壊するのは確かである。

 つまり、これに似たような状態というのは、プラク
ティスモードである。あれを遊ぶのと実際のゲームで
遊ぶのではどちらが面白いだろうか?問う話になるの
だが、やはり、通常であるのは確かである。

 チートというのはゲームを作る段階だと製作途中に
数式の演算部分を処理させないとかでできるのでその
状態が特別ではないのは理解できると覆うのだが、バ
ランスのさじ加減とかを学ぶ場合チートでは全く分から
ないのである。

 とりあえず、こうした部分は、遊んでみて何が楽し
いか知らない人間ができるなんてのは、物がわからな
いのにできるだのという妄言を垂れ流して、いざ作る
となってその作業に必要な覚える内容を並べられると
処理不能になる無能(なんか、それを芸か何かとはき
違えている宴会しか娯楽がない生物)だと理解もでき
ないしできもしないのは確かである。

 とりあえず、できるできる詐欺のようなのがいるが、
こういうのは無理があり、前述のようなのは特にそう
なんだが、年齢が言っていてその状態だと無理すぎる
内容もある。

 ゲーム制作のクリエイターの年齢から考えると、現役の

クリエイターの年齢は若いですから、すでにそれが無理で

その末期な振る舞いで人生浪費しつくしてる無能な文明レ

スだと用事がないのは確かである。)とかがいるが、すでに

単なるセンサーがついて特定の戻り値のみを返してくる機

材と化しているのと、その振る舞いしかできない為、プログ

ラム以前にゲームを作ると

 

【 モブですら使えないなぁ。このアルゴリズム 】

 

という話になる末期なふるまい押してる代物だといえる。

 

つまり、処理能力のないのが、人を動かして簡素な動きで

痛々しい事を指示しているとした場合、

 

 【 現在の当たり前のゲームの敵キャラの

  アルゴリズムの設定ができないどころか

  モーションの割り当てにも至っていない 】

 

ため、ゲーム政策にすら至らないため、もともと複数の

処理系統を制御できるような上等な生物ではなかったと

いうことになる。

 

 つまり、その手の無能のできるできる詐欺というのは、

負い目からチートコードを使わなくてははならない無能の

振る舞いや、すでにジョーカーを最初に切る勝てる要素が

見当たらない負けることが確定している何かでしかなく、

他社の過小評価の現実逃避も、対比となるのが何であり

それと対比して負い目を感じてるのか?を間引いたとして

も、結果的に延々と負い目の中で生きる存在であるのは

確かである。

 

 まぁ、コンテンツの楽しみ方がわからないというのは正

直な話、価値観のの共有ができていないという内容であ

るため、本当にその人間の感性がコンテンツとしての価

値観があるのだろうか?も気になるところである。つまり、

デバガーは業務なので、楽しんでゲームをしてない人種

のはずだが、ゲームが苦手だとそれにはなれないので、

チートコードを使うという選択肢がない。つまり、上達す

るまでやりこんだ人間ということになる。では、その人

間と別の人種の、プレイヤーは当たり前に趣向に合っ

たゲームをしているのだが、チーとコードはただの作業

であるのでデバガーですらクソと思い開発者がモーショ

ン策定時で行ってる確認作業当たりでしかないのだが、

これのみをしてる状態を考えると、そのセンスでの面白

いという概念は存在しないのではないだろうか?という

話になってくる。つまり、チートの後ろにあるのは敗北の

恐怖と負けることへの否定的概念であるのだが、それは

ジョーカーとして持っておくカードという概念がなく、最初

に切らなくては命をから得るという追い詰められ方をして

いる状態と考えると間違いなくゲームを楽しんでいるよう

には見えないのである。

 

 さて、このチートをジョーカーと仮定した場合、通常は

誰かの手元にチートカードが行くのだが、チートにも弱点

は用意されている。これがあるのがゲームである。

 

ただ、そのカードを持っていない場合、チートなカードとし

てジョーカーは存在するのだが、それを保有した人間が一

番最初にそれを使うという選択肢はないはずである。

 

 つまり、これが何を意味しているのか?問言えば、その

存在は、自らの人生の中に存在するアルゴリズムの中で、

ゲーム理論に基づく戦いをした場合に駆け込む存在である

ことを示している。つまり、その程度の能力・知識・戦術・知

能なのである。そのため、そうした存在が勝つ場合、偶発的

要素に依存する条件が多いため、その輩の簡素な思考が

透けて見えた段階ですでにそのあとのゲームは全て負けこ

むのである。つまり、これがゲームの思考ルーチンであった

場合、作り直す必要がある。

 

 そうなると、こうした輩のアルゴリズムは非常にわかりやす

い。打算的かつ短絡的。そして、場当たり的で乱数依存の上

に結果が負けこんでも問題がないである。

 

 子のあるゴリ住むはゲームのAIだと単なるごみなんだが、

こういうアルゴリズムの物体は存在する。まさに、ギャンブル

依存症患者そのものである。つまり、資本を使うことで勝率を

上げにかかり、乱数依存でそのまま宇日を市、資本がなくな

れば去っていく状態である。

 

 つまり、収支が存在しない打算的なふるまいであるのを見

れば、勝敗の概念は基本的に抜け落ちていることになる。

 

 さて、収支が存在しない状況下で動くアルゴリズムという内

容になれば、ゲームのルールの範囲内で、エラーが出ないよ

うな乱数制御でそれに至るため、既にこの振る舞いは思考ル

ーチンとは言わないつまり、カードの配列が相当悪くない限り

誘導して倒せる代物のである。

 

 つまり、この手の生物が自分の施行において簡素であるの

か複雑であるのかという判断をしようと思っても、基本的に乱

数発生装置しか存在せず条件式における処理系が1bitしか

なさそうな

 

【 単なるごみ 】

(リレースイッチがデタラメに切り替わる廃棄物)

 

であった場合、8bit処理ができるも温織会には至らないの

である。ただし、自分と他者を同一にみる病気は持っている

ため(ひどい話だが8つあるレジスターのうちの一つの戻り値を

見て1bitプロセッサと判断してるようなものである。)乱数吐

き出す単細胞と言われると、それが8bitのシーケンサも

自分と同様のでたらめに切り替わるリレースイッチだと思い

込み、自分を慰める傾向があるのでたちが悪い。つまり、

この廃材である以上、4bit位になると一生かかっても勝ても

せず、同種のものが4つそろって並列処理をしたとしても、

 

【 論理演算回路ではなくでたらめに切り替わる産棄が

  廃棄されてるだけ 】

 

であるので、従来のレジスターの組み合わせで動くような構造

物やトランジスタの処理ができないのである。

 

 チートと異端jんなふるまいというのは、

 

【 強いものを当てれば勝てるという条件式 】

 

であるため、端的に言えば、カードゲームの大富豪の基礎

ルールである。しかし、カードゲームが大きな数字から切っ

て勝たせてもらえるような物ではないのは子供でも知ってる

わけだが、ここで頭が止まるのがその廃材である。つまり、

このソリューションというのは、乱数であるので、ソートもで

きない状態ででたらめな数値をまき散らす振る舞いを人数

分の処理で行う末期なふるまいであるので、すでにシステ

ムではなく、ああからさまに物ができない輩が小学生気分

で物を作りましたという知能指数が45以下の健常者に届い

ていないのの発作で附田廃棄物のような物だといえる。

 

 つまり、田舎にいても病人は病人であり、単なる星の中

の構成要素A程度の輩が思い上がってもその中で劣って

入り鵜廃棄物A程度のものでしかないにもかかわらず、人

が動けばないかになるという自己暗示で思い違いをしても、

同種のパーツしか動かせない(つまり、ボンクラの痛々しい

ふるまいに賛同・関与するのは同種のボンクラや劣勢種

しか存在しないという内容)ため、10人を集めてもNAND

回路やXOR回路の形成ができないのである。

 

 その理由はボスざる以下で海に帰る予定でもある無能

だからで片付くのだが、結果的に自意識過剰な無能が自

己主張するときというのはチートコードでゲームに勝ちに

来ているような錯覚をしているため、自らの身の丈を理解

していない無能の振る舞いでしかないそれが通じる場所

はないのである。

 

この手の無能というのは、酒盛りでもして悪口大会(ホモ

女子会なので人類以前に男を捨てていてパチンコという

とホモ的な欲望で通ってる疑いがある。)になって、

 

「 俺がその気になったらあいつなんて倒せるし、

  集団で作戦を作って動けばそうなるだのと言う

  アル中の負け犬風情が負け犬集団的に発作を

  起こして動いてる状態 」

 

だと相場は決まっているのだが、基本的に、できることが窃

盗(やくざのパンツをホモ的にまるで、子供が虫取りに夢中

になり目当てのっカブトムシやクワガタを見つけたように、グ

ロくてキモいオッサンがホモ的なリビドーにまみれて鼻息荒

く私利私欲のままに発情しながら奪い去っていく内容も含む)

と浪費(やくざの湯船の盗撮及びトイレへの盗撮カメラなど

盗聴盗撮機材一式及び撮影費用含む。たぶん屋根裏調べ

るとマイクとスピーカーがあり、別の場所には妙なピンホー

ルカメラが見つかる恐ろしさ。)程度でしかないのを見れば

【 性別に関係なく盗聴盗撮をし始めてる内容があり、つい

には、ホモである本性のほうがあらわになり、その懲らしめ

るだの戦うだのと偉そうなことを言いながら、結果的にスト

ーカー行為を行い、自らのホモ的なリビドーを満たし、オッ

サンで発情ししている事実をを露呈しているな内容 】

しか存在していない。まぁ、テレビ番組ごっこだのという末期

なふるまいをロケですらだのとか言いながらやってる内容が

あるようなので、どこまでテレビ局に入りたくて入れなかった

末期な無能なのか?という内容と、公開収録に行ったら局の

仕事が分かった気分になるという、物を見て解る事もなく、ヘ

タクソのまま墓の下に入る無能の系統の発作のようなのを

【 テレビ局のディテクターごっこでしてる痛々しいロートル 】

あたりというんは処理能力は、2bit程度しかないのでリレー

スイッチ相当ということになります。そういうわけのわからない

変質者が【 民主党政権になった時もその前にこれをしてい

たからおまじない気分でやってみたという、コンテンツの価値

もないような振る舞いで動いている内容がある 】ようですが、

これも思考ルーチンでいうと

 

 ■ 条件式でいうと破たんしている

   (すでに詐欺で国政が疑わしいと知っている)

 

 ■ 現状において、評価値が全く違う

   (見ればわかる話。)

 

 

であるため、

 

【 生きてても願い事がかなわないのでチートに

  逃げる無能の神頼みか何か 】

 

でしかないのである。まぁ、マイナス評価のものにプ

ラス評価を出すのもお相当だが、これがほかの政党

であったとすればさらに問題があり

 

【 ゴミに依存しないとすでに頼るものがなくなってるのか? 】

 

という話になる。つまり、迷惑防止の金でも払ってくれるだのと

いう皮算用で動いている痛々しい物乞いという話になるのだが、

入る予定がないもので所得が増えるという誇大妄想は、まさに

【 そそのかされて審査で保険金が下りない保険金詐欺を手

  伝う無能と内容的には大差がない 】

 

のだが、まさに、負けこむことが決まっているギャンブル依存症

である。田舎の耄碌してる無能は、負けこんで賭博場に行く存在

を勝負師だのと口にしてるが、あれは勝負師ではなく、単なる毟

られてる無能でしかない。むしろ、勝負師ではなくアレはカモであ

る。まぁ、少々絞ってもアホなのでまた来るだろうとタカ括られ、

その都度毟られる無能がそれである。つまり、思考というものがな

い脊椎反射で負けに来る無能がまさにそれだ。利害で動いて負け

た無能が利害で動いて負けに来る。まぁ、ほっといても勝つ人間は

勝率が上がるのはそういう世間知らずの無能が自滅するからであ

り負ける算段しかない痛々しい無能の世迷いごとに付き合うから

負けこむ人生が増えるのである。

 つまり、元から勝てない輩が、圧倒的不利に働く条件で、自らの

錯覚で思い描いたご都合主義の皮算用の発作の殴り書きのような

ものでモノが動くわけがないのだが、その手の生物の場合、それの

親もしくは資本を出してる親玉が消えた場合、即死滅が決まってい

るようなもので、その痛々い振る舞いや動きを見ても、金の利害で

動いていなければそれに至らない痛々しい物乞い(つまり貧困層。)

であるのは確かである。食うに困って動いてる便利屋とかいう終わ

ってる臨時パートタイマー相当の何かのスキルレルの寄せ集めの

行動ということになる。つまり、【 自らが揃えれる手札の程度が、

ポンコツが老朽化しただけの喪に担ってる現実に気づいていない 】

現実を見ていないのである。つまり、自分の加齢すら理解していな

い無能なので、程度が落ちてる現実の理解に至っていないので

ある。つまり、男女の区別がついていない、50前の無能だとか

50超えてる末期な何かだとか、すでに、若者で無理がきている年

齢の何かだとかで程度が自分以下の無能というコンセプトの廃棄

物が雑音出してるだけという内容である。w

 

 さて、40大の青年とかいう妄言が通例になってる末期な場所の

廃棄物が無能の限りを尽くして劣化していたとすれば、それが10

年前に動いていた内容と同じ結果になる訳がなく20年も異なれば、

耄碌が過ぎる痛々しい無能の発作で片付くのも当然ああ内容だと

いえる。

 

 つまり、評価値が制御系の個数分だけ下がりきっている訳

だが、それが完全に見落とされ低るじょ歌である、つまり、シス

テム設計でいうと欠陥品という内容である。まぁ、ものを考えて

そのざまだとすれば、すでに程度が知れているのだが、結果的

に誰がどう見ても

 

 【 犯罪行為はチートだからオールマイティーで強いので

  負ける明けがないという神頼みに近い、過度の依存とそ

  れによる打算的なふるまいしかない 】

 

のと【 あいつは単純だから(ry 】を明言すれば、その通り

になるという誇大妄想に基づく思い込みが自分の劣等感か

ら逃げるための振る舞いとしてすでに負け犬の習性として染

みついているようなので、元から勝てるわけもなく、ギャンブ

ル依存症患者がパチンコ屋やとばく場に行って負けこむ時

のルーティーンしか存在していないのである。つまり、それ

が負けるのは、偶然や戦略で負けたなんて上等なものでは

なく、摂理であり、固有種のしようとして勝てない星の下に生

まれているのである。

 

 まぁ、この手の輩が 【 日数を使えば使うほどに、期間

をかければかけるほどに無能さを露呈することになり、頭の

作りが人類に届いておらず、ヤンキーごっこをしてみたら、そ

んなものはいないので、頭の悪さも手伝って、ヤンキーでは

なくテレビで見た、ヤンマーに行き着き、タイヤがついていたら

車だという文明のなさから、燃える男の赤いトラクターに得体

の知れない大漁旗つけて、違う方向で暴走しすぎてる何かを

爆誕させ、その悪夢のような何かで暴走し、暴走族が見た瞬

間に  ” アレ。。。果てしなくアカン奴や... ”  とその

車ではなく、乗ってる生命体の危険性に気づき、チームの中

 

” 赤いの出てたら仲間と思われないようにさっさと帰るぞ ”

 

という” 赤井の出てたらアカンデー宣言 ”が発足され、す

でに気色悪がられ方が偏西風のような勢いで本州に行き当

たり、激しく嫌がられている無能程度のものであることを示す

ことになるのである。つまり、その程度の固有種ゆえにその

稚拙さ、その無能さゆえにその錯覚。そのヤンマーゆえに

受け入れ先がない変質やで終わっている 】

 

のである。まぁ、稚拙な能力の無能がそろったら何かになれ

るというのは単なるフィクションの書き始めの話のような内容

だがで現実で年百年時間を使うつもりなのヤラという話なの

だが、それをして何かになれるという妄想を抱いているとす

れば、すでに実年齢からも目をそむけてる無能ということに

なる。

さて、ここまっでにいくつのエラーがあっただろうか?というの

を見れば、この輩がシーケンサとしての機能をするような代物

ではないというのは確かであり、内容的にチーターであるとい

うことが確かであり、さらに言うと、カードゲームレベルの偶発

的要素の少ない条件でも勝てない人種ということになる。

 

 つまり、その輩がチートとして持ちたがってる要素は、1bit

の単なる単細胞であるためチートだと思っているようだが、弱

点まみれである。

 

 つまり、元から破たんしている処理能力のない発作持ちが、

他人と自分の能力をはき違え自分の程度を高いものだと錯覚

したところで、無能は無能であり、それが現実ということになる。

 

 むしろ、もっと言うならば、その輩というのはチートを使った事

によりそれ以上が出すことができない状態でしかないのである。

 

 まぁ、人間には程度があり、カードをさらした段階でその程度

が知れているわけだが、その手の輩の知り合い以上のモノは存

在せず、その輩の程度を見れば、切れるカートも知れているとい

うことである。つまり、以前に存在したカード以上のものは存在し

ないと仮定すれば、それが脅威でないとすれば、すでに切るカー

ドがないのである。つまり、

 

 【 無理をしてかき集めたカードですらその程度の結果に

   しか至っていない 】

 

とすれば、この手の輩というのは、

 

【酒盛りで自分の行動の発表会でもして自己満足をしてる無能】

 

ということになる、つまり、老朽化して程度が下がるほどに、負け

こむ数が増える無能出であり、憂さ晴らしをしても現実の変わら

ない無能でしかないため、年齢による上限が見えてる無能であ

ることを考えれば、程度が知れているのである。

 

 結果的に現実世界でチートというのも

 

【 その輩の上限が存在している 】

 

ので、結果的にその辺の本を読んで真似ただけの何かと、それ

よりも深いレベルの物理層に近いレベルでコンピューターを制御

できる人間では内容が異なり、アプリケーションレイヤー層の上で

走るソフトをいじるだけのスクリプトキディーズのまねごとを、よく

わからん本を読んでまねる無能というのは、自分がそれができて

いる特別な存在である錯覚に至っているわけだが、結果的に

 

 読書で身につく内容だとその人間よりも知能指数が

 高ければだれでもできてしまう

 

のである。つまる、才能も兄も必要なく単なる記憶だからである。

 

 つまり、頭の弱いチート依存症という現実世界で、無理がある

ふるまいをしている無能というのは、まさにこれである。つまり、

 

 【 反社会勢力をジョーカーと仮定した場合、その弊害と

   して存在する損失分をリスク計上していない 】

 

のである。つまり、それがあったとしてもないとしても、結果的に

それを語るリスク、それを使うリスクは存在する。つまり、爆弾

抱えて虚勢を張る多重債務者のようなものが勝てる要素はな

いのだが、この定っ件を作ることで自分は危ない橋でもわたっ

ていると錯覚する社会的弱者あたりの振る舞いがまさにそれ

である。

 

 そして、演算子において、すべてが自らの都合よく数値が

来るように指定された痛々しい行事予定表という寝ぼけた物

しか作れない、小学校の夏休みの予定表どまりの無能の小

学生気分で動くと芸術的センスがるという全く絵心もセンスも

何もなく政治団体にむしられてる無能の妄言でも真に受けて

それを実行していそうな痛々しい輩のふるまいであるので、

その内容を見れば、元から隔離病棟に叩き込んで排除して

おくべきごみ(青い鳥症候群という病気)相当ということになる。

 

 つまり、こんなバグまみれなものが何かができるなんての

は、どんな甘やかされ方して老朽化してるのヤラという話である。

 

 まぁ、チート依存症というのは、その程度の稚拙な頭になると

いう内容と、もともと知育教材の側面もあるのがゲームなので、

知能指数の低さが露骨に出るのだが、結果的に、現実世界だと

人の力をかえりて物をすればどうにかなるだのと、口走ってる先

からオーバーフローしてる無能あたりが処理継投で機能する事

はなく、それになりたいという願望という末期な錯覚で動いても

無能なガラクタである絞りかすだとさらすことになるのである。

 

 まぁ、こんなバグは物を作っていれば作る前から削除するも

のでしかないため、こんなものを発生させるシステム設計者と

いうのは四流である。つまり、そんなものがItだの言いだすと

虚偽もいいところである。まざにスクリプトきでぃーず相当で絵

本のようなフォントの大きなものを見て覚えた気になりました

で終わってそうな代物である。

 

 結果的に無能な輩が何かできるなんていう錯覚は

 

 ■ 昔は~~だったという根拠

  (単なる思い出話なんてのは老人会でやってろ!)

 ■ 前にやったときは~~だったという根拠

  (単なる思い出話なんてのは老人会でやってろ!)

 ■ ワシは~~と思うという根拠
  (単なる憶測の発表なんてのは老人会でやってろ!)


という話である。つまり、寂しい鳥寄りと老人予備軍の発

作であるため死す店として成立していないという話である。

そして、経験則ではなくこじつけの思い込みであるのを見

れば、どんな終わり切ったオカルト生物の寄せ集めなの

ヤラという話である。

 

 つまり、参照する戻り値が変質してるバグまみれな

プログラムである。つまり、

 

 ■ 自分のほうが有能なのであいつは大したことがない

  (不細工でグロさを極めにかかってるような気持ち悪

   さが降り切れてる旋律覚える不細工なオッサんが

   自分を美少年ではなく。美少女とか寝ぼけたこと言

   ってるようなもの)

 

 ■ 自分のほうが処理能力があるのであいつよりも上

   (顔の認知で美的センスがなくなるほど不細工な

    のはよく分かった。内科検診受けて心療内科

    紹介してもらえ。オマエはゴリラ以下だ。)

 

 ■ あいつは単純だから簡単な差癖で倒せる 

   (攻略分&チートコード依存症は黙る事を覚えろ。

   そして現実をみろ!そして、一両日中にホームポ

   ジションのボイジャー1号の居場所に帰れ。)

 

というセンサー部分から崩壊してる得体のしれない、

自分はすごい人間だとお芋大病満載の誇大妄想まみ

れのエラーパケットを吐きまくってる謎の破棄物仕様が

それなので、だれがどう見ても物が作れる内容はなく、

自分の思い通りになるという錯覚が消えない無能で

あるため、算数ができない無能あるゆえにプログラム

がまともに走らず、演算から間違ってるでたらめの数値

を書き加えて動くとはき違え動きもしないものを作る作る

輩からして廃棄物だったという搾りかすなので、元から死

滅していたということになる。つまり、もともと的戦力の計

算を過小評価し、その程度のものであるという自分の過

大評価を口走り自己満足することを行わないと生きてい

けない無能の妄言で物ができるという痛々しいふるまい

に行き着いてる段階でつかいっぱしりAとしても使えない

ので単なる廃棄物ということになる。

 

 まぁ、へき地で自意識過剰な老人由来の思考というの

は、基本的に【 歩いて数歩の世界しか知らず、旅行に

行っても物がわからないまま徘徊して終わるだけの代物 】

でしかないため、その誇大妄想の出どころも相当気持ち

悪いものである。つまり、そういう変態が高齢者でいなけ

ればそれには至らない。

 

 まぁ、この手の輩は機材が悪いので動かないというヒュ

ーマンエラーをバカほど出すので、元から除外したほうが

物は滞りなく動くのだが、結果的に、システムにおいて、こ

うした廃材を使う段階ですでにシステム設計ができない輩

の思い付きということになる。(つまり、元からそれができ

ない系統)つまり、わけがわからないが知ったぶりで作って

みましたというレベルと大差がないのである。

 

 まぁ、チート存症の無能というのは現実世界でそれに

固執してるようだと、すでに当たり前ではだめなので、そこ

に逃げましたというギャンブル依存症患者の系統か、すで

にへ反社会勢力にむしられてて、それに合わせる形で(強

制されてる。というかその手の無能は自分からそれにすり

寄ってる音ですでに生きてても仕方ないよう末期なの無能)

動いてるだけということになる。まぁ、ジョーカーを最初に切

ることしかできない無能が知能が低いのは確かだが、追い

詰められた存在が武器を持っていたら一番最初に一太刀

浴びせに来るのと心理が同じだとすれば、すでに後がない

状態ということになる。つまり、ジョーカーを持ったら後が無

くなったという無能のがそれである。

 

 まぁ、冷静に考えて単なる社会的弱者が資産があるわ

けでもない無能として、なけなしのあぶく銭で反社会勢力

とかいう自分の後ろ盾になってくれるだのという甘い考え

をもってそれを持てばそういうことになるという実例ではな

いのだろうか?

 

 まぁ、程度だの実のh度だのをわきまえず自らの器以

上の力を得ようとすればひずみや弊害が出るのだが、

親玉に問題が出た場合、その日の子は自分の飛んでく

る訳だが、そのあたりのリスクもわきまえず甘い考えで

世間も知らない無能として安直に動くとそうなるという

話である。

 

 さて、ゲームに話を戻そう。追い詰められた状態でチ

ートを使う人種がいるのは理解できたと思うが、この人

種のメンタルが弱いというのはなとなく理解できるので

はないだろうか?つまり、オールマイティーのカードだと

仮定するとそのカードによる安心、そしてその後ろ盾に

対する依存である。

 

 つまり、イーブンの条件で考えた場合、勝利できない。

だからアドバンテージを持つ。いや、もっといいかえれば、

同一の条件でのアドバンテージのなさからの回避。つま

り、それは恐怖に直結している。敗北からの回避。不利な

条件からの回避。しかし、これはカード上で行うものだが、

その条件に対する不安からの回避がそのカードである。

勝負の前からおびえ、その安心に逃げる。そこにリターン

を求めてリスクを拾うという概念はなく、勝負の流れを見

る目も存在しない。盲目のまま迷走して安心をもめるカー

ドの選択。勝負をしない人間であれば、当然の内容だが、

そういう二元はジョーカーのリスクを知っている。だから、

少なくとも大負けはしないが大価値もしない。ただ、少な

くともそれ以外に存在するチートなカードの代償を払うこ

とはない。つまり、勝負する段階で、優位性おあるカード

への依存が隙を生み、その依存が目を曇らせる。つまり、

相手の手なんて見えちゃいない。勝負において一番やっ

てはダメなコトだが、それを意識せずともおこなってしまうの。

それに依存する人間のふるまいである。

カードで考えてそうだとするなら、それが現実であれば、

カードゲームのようにはいかない。つまり、語り前に生き

てる人間が背負うはずもない過剰な代価がそこに存在し

ている。そう、元本以上の債務を抱えた存在がその債務

を膨らませ勝負に勝つことを強いられ生きているような

ものである。守られている後ろ盾が刃物に変わり背中には

先を感じながらそれにいそしむ状況に陥ったとき、その存

在は後ろ盾のない状態で、最も向き合いたくない優位性

のない世界での勝負をすることになる。つまり、その状況に

陥れば、そのカードを真っ先に切り、早期に勝負をつけたく

なるという心理が働く。これは、もう無意識の話だ。追い詰め

られた存在が自らの命をつなぐための行為。それが持てる

武器を突き出すことだ。つまり、そこまで追い詰められた存

在のその行為は勝負に勝つという目的から、変わってしま

うのさ。逃げたい...。終わたい...。辞めたい...。という断末

魔の叫びにな。つまり、その状況にあってしまえばもう場な

んて見えちゃいない。むしろ手元のカードすら分かりもしな

い。自らを守っていたものがなくなり後ろから刃先を突き付

けられ、そして目の前には刃先が向かってきている。四面

楚歌。守るはずの盾が刃に代わり、それが身を守る盾でな

くなったとき、音を立てて崩れていくのさ。今までの優位性。

そして安心して勝負できる環境。そして、自らの勝利に対す

る確信が。こうなったらそういうやつは弱い。つまり、狩るも

のから狩られるものに変わったとき、その存在は自らの脆弱

さをさらすことになる。そして、そのカードに依存して築かれ

ていた自信は易々と折れる。そして、その折れた自信の風穴

から流れ込んでくるのさ、今まであ守られ、感じることがなかっ

た不安を。そしてその不安は焦りを呼び、負けを招き入れる。

こうなってしまえば負の連鎖だ。自分の何が正しいのか?そ

して、どの選択が正しいのか?そのすべてが過ちに見え、そ

のすべてが危険なものに見えてくる。そして迷いは悪手を生み

勝利を遠ざける。そして、負の連鎖は続いていく。一度はまれ

ば這い上がることのできない底なし沼。その迷いがその沼が

見えていても気が付けば片足が踏み入り、勝負を続けるご

とにどんどん深みへとはまっていく。ちーとなカードってのは

劇薬のようなものだ。強い薬に副作用がないなんてことはない。

その副作用に蝕まれ、本来見えているべきものが見えなくなり、

安全である者さえも疑念を持つようになる。その場にある空気

を感じ触覚、その場の状態を見る視覚、そして危険をかぎ分け

る嗅覚、勝負をしない人間ですら、感じ取れる感覚すらそれは

奪ってしまうのさ。その劇薬を長く服用するほどに効果が薄れ、

不安に苛まれはじめ、より多くのそれを求めるようになる。

すでに、この時には敗北の恐怖は体を侵食している。そうした

本来の感覚を忘れた存在がそれを失って対峙したとき、その

人間の本当の顔が見えてくる。そう、その劇薬によってドーピ

ングした勝利できると確信した何かではなく、不安にさいなま

れた恐怖から逃げるすべを求める弱者の顔が。つまり、そん

なことも知らずに、それを安易に使い身を亡ぼす。つまり、そ

んな奴は勝負の前から恐怖にさいなまれそこに赴いてるんだ

から、始める前から勝負は決していたのさ。偽物では勝てな

いという現実の代償として高い授業料を払ってな。

 

 つまり、そうした条件しか存在しない弱者という尾は、その

リスクが存在しないとはき違えている。そして、不安材料があ

るたびに依存すれは、自らの袋瀬がなくなるのは自然な話だ。

そして、その状況が密になれば、その代価が高くつき始めるの

は当然の内容だが、そのリスクマネージメントができちゃいな

い。つまり、狩るものとして獲物に武器を向けるわりには、過

度に重装備すぎるということだ。いや、小さな獲物という割に

は過度なものを用意しすぎだ。つまり、その状況がそれと、他

人との差を埋めるために必要なものであり、それを用意してや

っと対等化もしくは優位が得られるという条件ということだ。

不当な利益を得るために大きなてこをうっご貸せばその反動は

自分に帰る。つまり、そのリスクを知らずに大きなてこを使おう

としてそれを選択し、それ御動かすことを初めてしまているのが

そういう存在ということになる。

 

 つまりそこにあるのは打算的な振る舞いと目先の欲望。つま

り、得ることができるのかわからないものがあるように見える幻

想だ。欲につられると人は判断力をなくす。つまり、その段階で、

すでに他者との勝負を降りるべきだなんだ。その状態だとやる

前から負けることが決まっている。つまり、判断力を失った状態

でそのリスクを抱え、それの優位性にすがれてるうちはいいが、

それにすがる存在なんてのは、もともと弱者。弱い虫が鳴き始

める、不安を序著する。そう、その選択で勝負を挑もうとした時

から負けは始まっていたと負いうことになる。

 

 ゲームのチートも結果的に娯楽要素を喪失させるものでし

かないのだが、ゲームに必要な能力の多くはそれによって養

われることはない。つまりマヒするのである。それと同様に、世

の中に存在するジョーカーというのは熱田の毒薬や劇薬であ

るため、安易に使って結果を得ようとすれば必ず弊害は出る

のである。つまり、このことを知らずその効能のみを口にするよ

うな存在がいるが、結果的にその視野の狭さは相当狭い。つ

まり、その劇薬のリスクによって追い詰められている状況が長

く続きすぎているか、自分の居場所を理解していない状況が

存在していると考えられるのだが、結果的にそうした存在がそ

れに染まったとしてもその弊害で危険の認知の消失や勝にお

けるそれへの依存により失い物は多く存在するのである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ つぶやき | トップ | ■ ひとりごと・。 »
最近の画像もっと見る

○ Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。