■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ 第三戦 SUGO:GT500の練習走行はRAYBRIG NSX-GTがトップタイム 【 SUPER GT 】

2017年05月20日 | ☆ SuperGT

 Super GT第三戦 オートポリスが開催され、公式練習が行われました。

 

 昨年は、震災で開催中止となったオートポリスでのレースが今年は開催と

なっています。処置の地峡は天候にマグマれ、ドライコンディションの中、

公式連取が行われています。

 

 タイヤに厳しいサーキットで、富士スピードウェイとは異なる特性のサー

キットとなりますが、今回のレースから、GT500クラスはNSXに-15kgの

性能調整が入っているので、タイムに注目が集まるt頃です。

 

 開幕のレクサスの強さと富士でのレクサス祭りとレクサスの強さが際立

つシーズンの中どう変わるのかもこの走行で見えてきそうです。

 

 BSX勢力からアタックをはじめ、GTRが続きますが、合同セッション

では、開始から30分が過ぎようかという9時27分、ARTO 86 MC 101が

第1ヘアピン先の100Rでスピンし、ランオフエリアに乗り上げてマシンが

ストップしてしまい、セッションは赤旗中断となります。

 ARTO 86に接触などはなく、けん引されてランオフエリアから脱出した

後は自走でピットへ。セッションは9時33分に再開されています。

 

 しかし、セッション開始直後に6番手タイムを記録していたKEIHINが1

コーナーのブレーキングで白煙を上げながらコースオフ。コースには復帰

したものの、右フロントタイヤにダメージを負ってしまいます。スロー走

行でサーキットを1周してぴっどの戻りガレージへマシンを納めています。

 

 さらに9時53分ごろには植毛 GT-Rが3コーナーでスピンを喫し、マシン

に目立ったダメージはなかったが、グラベル上でストップしてしまったため

セッション2回目の赤旗が掲示されます。

 

 赤旗掲示から7分後、セッションは10時に再開されたますが、この時点で

はRAYBRIG NSXが1'35.373でトップタイム、2番手にARTA NSX、3番手

にZENT LC500が続きます。また、4~7番手にはフォーラムエンジニアリン

グ GT-R勢が続く展開となりました。

 GT300の占有走行ののちに10時35分からはGT500の専有走行がスタート

します。

 

 このセッションでは、セッション残り30秒を切るとアタック合戦がスター

トします。

 まずは暫定トップにS Road GT-Rが浮上すると、直後にau TOM’S LC50

0、ARTA NSXなどが相次いでトップを奪取しかえします。しかし、その直

後、山本尚貴選手のRAYBRIG NSXが133秒台のタイムでトップタイムをマ

ークしています。

 

 練習走行では、TOP8にNSXが名を連ね、TOP4の中に3台数のNSXが

入る結果に終わっています。しかし、ウェイトハンデを見るとやはり、

レクサスのタイムの伸びがよく、予選での走りがどうなるのかも気にな

るところです。

 

 

『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ Super GT 第三戦 オート... | トップ | ■ 第三戦 SUGO:GT300の練... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。