■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ 第5戦 FUJI300M:Q1は、GT300はStudie、GT500はMotulがTOP 【 SuperGT 】

2017年08月05日 | ☆ 天体現象 ?

 SuperGTは第5戦の午後を迎え、公式予選が粉われ

ました。午前から厚い雲の出ている富士スピードウェ

イですが、雨の降る気配はなく、午前の公式練習では

GT300では、ARTAが、GT500では、WedsSportsが

トップタイムをマークしています。

 

 GT300では、昨年ARTAが圧倒的な速さを見せた

富士のレースですが、今回はどうなるのか気になる

ところですし、GT500は昨年と勢力図が変わり、

GT-Rの1強時代からレクサスが開幕からすべて勝

利している状況を見ても、今年はレクサス勢がいい

マシンを作ってシーズンを戦っているのが見てと

れます。しかし、SUGOでのGT-R勢の結果を見て

も変化が感じられる内容でしたから、その辺りも

気になる部分だと言えます。

 

 レースが荒れてダメだったSUGONSXも復調で

あったため、GT500は富士のNSXの速さも気にな

る部分だと言えます。

 

 公式練習では、ウェイトハンデでかなりの重量

を背負っている4号車の初音ミクAMGは3番手タ

イムをマークしており、予選dネオ走りも期待さ

れるところです。

 

 サーキットの天候は変わる事はなく、雨の気配

のないままに、Q1は始まります。

 

 セッション開始時の天候は晴れ。

 

 ■ 気  温 : 27℃

 ■ 路面温度 : 33℃

 ■ 湿  度 : 59%

 

のドライコンディションの中GT300のQ1が始まりま

しました。

 

【 GT300 】

 GT300のコースレコードは昨年、ARTAが記録し

た1’35.707となりますが、このタイムを超えるのは

コンディション的に厳しいと考えられます。

 

 序盤、新田守男選手のドライブスルFerrari 48

8 GT3が1'39.248をマークし、その後タイムを

更に縮めトップを守ります。

 

 しかし、残り4分を切る辺りから本格的なアタ

ックが始まります。高星明誠選手のドライブする

B-MAX NDDP GT-Rが1'38.538をマークしトッ

プに立ちますが、これを蒲生尚弥選手のドライブ

するLEON CVSTOS AMGが1'38.340でトップ

タイムを塗り替えます。

 

 LEONのタイムを超えるマシンが出ない中、残

り2分になったときに、ヨルグ・ミューラー選手

の駆るStudioe BMW M6が1'38.097をマーク

し、トップに立ちます。

 

 Q1では、このタイムを超えるマシンは現れず

 

  【7】 Studie BMW M6

      BMW M6 GT3 / P63

      ヨルグ・ミューラー選手

      荒 聖治選手

 

がトップタイムをマークしています。2番手には、

 

  【65】  LEON CVSTOS AMG

      Mercedes AMG GT3 / M159

      黒澤 治樹選手

      蒲生 尚弥選手

 

が着けており、3番手には、直線は遅いけどコーナーでは最

速の【 セクター3でトータルタイムを上げ手走行している 】

 

  【61】 SUBARU BRZ R&D SPORT

      SUBARU BRZ GT300 / EJ20

      井口 卓人選手

      山内 英輝選手

 

が着け、4番手には

 

   【3】 S B-MAX NDDP GT-R

      NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT

      星野 一樹選手

      高星 明誠選手

 

が着けています。5番手には

 

 【111】 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT

      Mercedes AMG GT3 / M159

      石川 京侍選手

      山下 亮生選手


と言うTOP5となりました。また、

 

  【4】  グッドスマイル 初音ミク AMG

     Mercedes AMG GT3 / M159

     谷口 信輝選手

     片岡 龍也選手

 

は9番手でQ1進出を果たしています。

 

 

【 GT500 】

 

GT300のQ1が終了して、 GT500のQ1が始まると、

各チームは様子見ムードで、しばらく動きがありま

せん。

 

 終了時間からタイヤが温まるまでの時間を逆算し

た時間にコースインするので、動きがないのですが、

残り10分に国本雄資選手のドライブするWedsports

ADVAN LC500がコースに向かいます。その後、

間隔をあけて、ベルトラン・バゲット選手のドライ

ブするEpson Modulo NSX-GTがコースインをしま

すが残り8分となると、大半のマシンがコースインし

ます。

 

 更にタイミングをずらしたのが武藤英紀選手のド

ライブするMOTUL MUGEN NSX-GTとなります。

 

 アタックが始まったのは残り1分30秒前後で、

MOTUL GT-Rの松田次生選手が、1'29.423をマー

クします。これがターゲットタイムとなりますが、

同じミシュランユーザーのGT-Rになる千代勝正

選手のS Road CRAFT SPORTS GT-Rが1'29.5

20で二番手につくと、ジョアオ・パオロ・デ・

オリベイラ選手が3番手に飛び込み、GT-R勢が

1-2-3体制を築きます。SUGOでニューエンジ

ンを投入したGT-R勢力ですが、Q1では速さを

見せます。

 

 その後、チェッカー寸前に、平川亮選手の

Keeper TOMS LC500が 3番手に浮上してい

ます。この結果トップタイムは

 

【23】 MOTUL AUTECH GT-R

    NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A

    松田 次生選手

    ロニー・クインタレッリ選手

 

2番手には

 

【46】 S Road CRAFTSPORTS GT-R

    NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A

    本山 哲選手

    千代 勝正選手

 

が着けており、3番手には

  

【37】 KeePer TOM'S LC500

    LEXUS LC500 / RI4AG

    平川 亮選手

    ニック・キャシディ選手

 

と言うTOP3となりました。GTRはTOP4の中に3台は入り

好調なQ1の結果となりましたが、それにレクサス勢力が

続き、Q2進出をしたNSX勢力では、SUGOでポール獲得

を果たしている

 

【8】 ARTA NSX-GT

    Honda NSX GT / HR-417E

    野尻 智紀選手

    小林 崇志選手

 

が最上位で7番手タイムとなっています。

 

 

 

 

『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ 第5戦 富士:GT500はARTA... | トップ | ■ 第5戦 FUJI300km:Q... »
最近の画像もっと見る

☆ 天体現象 ?」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。