■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ 第5戦 富士:GT500はWedsSportがトップ。レクサスがTOP3 【SuperGT】

2017年08月05日 | ☆ SuperGT

 Super GTは夏の3連戦となりました。SUGOから鈴鹿

まで続く夏の連戦ですが、その2戦目になる富士スピード

ウェイでのレースが開幕しました。

 

 金曜日にはVitzやF4の走行がありましたが、SuperGT

は今日から開催となります。

 

 初日の今日は午前から厚い雲が出ていたものの、公式

練習開始時は、

 

 ■ 天  候 : 晴れ

 ■ 気  温 : 25℃

 ■ 路面温度 : 29℃

 

のドライコンディションの中行われました。まず、GT30

0とGT500が古材して走行するセッションでは、KEIHIN

NSX-GTが1'31.583でトップにつけ、EPSON MOGULE

 NSX-GTが2番手タイムをマークしてNSXがトップに立ち

ます。しかし、セッション開始20分過ぎにはMOGULE  

AUTECH GT-Rが30秒大のタイムに突入します。

 

 序盤ンはスピンやオーバーランをするマシンがあった

ものの、翁混乱もなく各マシンはプログラムを消化して

いきますが、セッションが残り50分を過ぎようとする頃

に、SUGOでの劇的な優勝を果たしたGAINER TANAX 

AMG GT3が1コーナーでスピンを喫し、ラインオフエ

リアで立ち往生したため赤旗中断となります。

 

 このスピンには植毛GT-Rとの接触があったようで、

審議によっては【 植毛が抜けてしまう 】状態に

なっていましたが、インシデントと判断されています。

 

 セッション再開後にViVaC 86 MCがマシンをランオ

フエリアで止めていたほか、単独スピンなどもありまし

たがクラッシュもなく、占有走行に入ります。

 

 GT300の占有走行が終了してから、GT500の占有

走行が開始されます。

 

 GT300のセッション中に埼玉トヨペット Green B

rave マークX MCがグラベル上でマシンを止めてス

トップし、赤旗中断となったため、7分遅れてセッシ

ョンが開始されます。

 

 このセッションでは残り2分までマシンに動きはな

く、各マシンがコースに入ると短い時間でアタックを

開始していきます。

 

 まず、WedsSport LC500がトップに立ちますが、

フォーラムエンジニアリングGT-Rやカルソニック 

IMPAL GT-Rなど、GT-R勢が上位に浮上しますが、

最終的にレクサス勢力がタイムを伸ばし、

 

【19】 WedsSport ADVAN LC500

    LEXUS LC500 / RI4AG

    関口 雄飛選手

    国本 雄資選手

 

が1'30.190でトップタイムをマークしています。2番手には、

 

【37】 KeePer TOM'S LC500

    LEXUS LC500 / RI4AG

    平川 亮選手

    ニック・キャシディ選手

 

が、3番手には

 

【36】 au TOM'S LC500

    LEXUS LC500 / RI4AG

  

    中嶋 一貴選手

    ジェームス・ロシター選手

 

が着け、レクサスがトップ3を占める結果となりました。

 

GT-R勢力は、4番手にフォーラムエンジニアリングが、

NSX勢力は5番手に、KEHINが着けています。

 

 

 

 

 

『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ SUper GT 第五戦 FUJI | トップ | ■ 第5戦 富士:GT500はARTA... »
最近の画像もっと見る

☆ SuperGT」カテゴリの最新記事