■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ とりあえず。

2016年11月02日 | ■ Blender

 レガシーなマシンの場合、間違いなく、UbuntuStudioにLXDEを入れたほうが

メモリー消費が少ないのでレスポンスがいいのですが、基本的にBlender自体が、

元々Linuxのソフトウェアなので、Linuxで使うという選択も当たり前に存在してい

るという。

 

 そうした場合、

 

 ■ Blender

 ■ GIMP

 ■ Inkscape

 ■ Krita

 ■ Hugin

 ■ Rawtherapea

 ■ Luminance HDR

 ■ Ardour

 ■ LMMS

 ■ Audacity

 ■ Hydrogen

 ■ Tuxguitar

 ■ Songwrite

 ■ RoseGarden

 ■ AviDemux

 ■ KdenLive

 ■ LibreOffice

 ■ NetBeans

 ■ g++

 ■ Godot

 ■ Codex 2DX

 

辺りを入れておけば、ほとんど事足りるような気がします。とりあえず、

VSTインストゥルメンタルやVSTプラグインを探すことになり♂ですが、

UbuntuStudio自体、相当数のソフトがパッケージングされてるディ

ストリビューションなので、利点は多いです。

 

 Lubuntu(というか日本語フォントの用事がない場合そのまま英語

版使う感じですが。と言うか、作業において日本語表記でなくても影響

はほとんどないので。w)をそのままインストールして使う方法もありま

すが、実質的にWINDOWS 10環境だとLXDE環境よりも重たいので

(デスクトップマネージャーが重いのでLXDEにして軽くすればUbuntu

でも軽い。こうしたな要は実質的に組み込むの製品やシンクライアント

やゼロクライアントだとデスクトップマネージャーの重さがあると厳しい。)

結果的にタスクスケジューラーを見ればわかる事なんですが(この辺り

から崩壊してるのがあからさまに2割以上メモリー消費が酷いのを引っ

張り出して軽いと各地にしている内容がある。あれは、趣向でデータそ

っちのけな内容なので疑わしい。もしくは、重たい処理を全くしてない状

態なので、その辺りが崩壊してるとかの可能性も高い。)LXDE環境が

重たい処理においてはデスクトップマネージャーでのメモリー消費が少

ないので早いというのは常識です。w

 

 つまり、同様の内部処理をしている場合において、デスクトップマネー

ジャー自体がメモリーを消費していれば、お暗示処理なのでそれが軽い

ほうが早いに決まっているというごく当たり前の内容ですが、どうもオカル

トじみた内容を説きに見かけますが、ひ弱な環境でBlenderでSculptを

してみたり、レガシーなものでトラッキングをしてみれば即座に差が出ま

すからわかる内容だと言えます。

 

 つまり、ローカル環境オンリーーで作業してもこうし結果は顕著に

出る(というよりもネットに全くつながない場合、LANの機能自体をオフ

にできるので関連するプロトコルなどを全く使わない仕様にできたり関

連サービスを全削除しても動のでリソースが減る為より軽くなる訳です

が、LXDEとXFaceを比較した場合、LXDEのほうが軽くなります。)

のですが、実際の話そんな感じになります。

 

 ちなみに、ネットブックでは、DTMや動画編集作業が不可能で、BG

Eも全く使えませんから、当然のように無理がある訳です。

 

 とりあえず、当たり前のマシンを導入しないと作れるも尾がいつの時

代のモノだか解らない品質になるので、他人と作れるものに格差が出る

のと現在進行形で行うことについていけなくなる(ポリゴンメッシュ以前

にテクスチャーで4K以上のを描くのが無理な環境という選択肢自体が

存在しない。つまり、学びもせず解りもしない某が無能さひけらかして

物を見聞きし、理解した気分で知ったかぶりをしても、実際に物事を全

くしない人間お知ったかぶりというのは宴会しかしてないオッサンと大差

がないので年齢に関係なく終わっているという話になります。つまり、そ

のオッサンの劣化コピー品が若い都会口にしても後期高齢者と大差が

ないのでそのオッサンの劣化コピー品の衰えてる無能という事になります。)

ので、学習環境としては最悪です。w

 

 とりあえず、未知・無能な自意識過剰な末期なヤジ屋というのは、宴

会オヤジのホモ愛人でもしながら劣化してる無能なので、ソレ川をかけ

て人類から遠ざかりボイジャー1号を追うように、グンマーさえも超えて

地球ですらない何かどころか、銀河系ですらない何かに向かってる状態

ですあら、既にt級の事が解る生命体から解脱しにかかってるので無理な

訳ですが、そうした痛々しいのの間違いを真に受けないようにすることが

大切です。(この手のの間違いのひどさが、勉強して間違ってるだの、知

り合いに聞いて間違ってるだのですから見聞きしても駄目なのか、知り合

いもセットでだめなのか、その両方かという事になります。そして、それが

知識があるような錯覚をしているので相当痛々しい集まりであるのは確か

であり、それが有識者であるという痛々しい銀河系の外の何かをしてる

状態があるので気を付けたほうがいいです。)

 

 レガシーな環境でアーキテクチャ依存の必要がある作業だとWINDO

WSやMACを使う事になりますが、レガシーなリサイクルレベルのそれで

オフラインのみで使う場合だとLXDEのLinuxを使うとXP SP3よりもメモ

リー消費は少ないので、8mmとDVの区別がつかない状態で映像のプロ

だとか、テレビのリモコンのボリューム変える事と同じ作業しかできてない

ような無能が音響のプロだとか抜かしながら妄言はいて因縁付けて回って

いるような末期な銀河系の外に返ってもらったほうがよさそうな何かの系統

の間違いと現実では全く違うので、そういう地球の文明すら存在しないどこ

かの隕石に付着してる微生物レベルの知性しかないのの間違いは相手に

しないほうがいいのは確かです。

 

 ただし、Blender 2.7系はOpen-CLのバージョンの刷新をして速度が

出る仕様にしているのでレガシーなデバイスへの対応をフルカットしていま

すからIGP構成だと2.6系で止まるもの(3年前位の製品で既に使えないの

で当然のように、近年のグラボを実装する必要がある。その為、IGP構成の

ノート製品では2.6系で止まる製品が大半で、その時代だとバスの関係上

グラボの拡張が出来ないので終わっている)が多く存在し、グラボでも5年

落ちだと既にダメなので、結果的にアーキテクチャが古いとどうしようもない

わけです。

 

 つまり、名称が同じだとバージョンが違っても同じという痛々しい無知と

いうのは知り合いからして無知であり同種の頭のつくりのが、自分が傷つ

かないように痛々しい者同士で固まってるだけであり、若い時からそれに

固執し加速的に無能になっている(つまり、運動性能すらない)ので、そう

いうホモに逃げる無能になっているわけです。

 

 とりあえず、グンマー人(注:群馬県民ではない)が見たとしてもその生

物の居る場所は【 惑星グンマーよりもはるか向こうであるボイジャー1号

が居る場所 】なので、既にグンマー人すら知らない何かであり。そのグ

ンマーですら

 

ボイジャー1号

「 お前の立っている場所は遠い過去に通過している! 」(キリッ!)

 

と言い放たれるくらいの尋常ではなく遠い場所である為、まだ地球に近い

惑星グンマーのほうが地球に近い文明が残っているので、既に文明自体

がないわけです。

 

 とりあえず、そうした訳の解らないものは相手にしないとして....。

 

WINDOWS 10とLXDE@Linuxの環境だとローカルで動かしてもメモリー

消費が倍違うので、レガシーな環境でx86-32だと32bitのメモリーアドレ

スの上限がある(メモリーが3GB/仮想メモリーは1パーティションで4095

MB)のと、多くの場合抜け落ちてることが多いのですが、内部処理におい

て一度に実行できる命令数が違う(ビット数が異なるので当たり前な話。)

のでx64の環境が動かない状態だと厳しいのですが、x86-32オンリー

だとLXDE+Linuxがもっと御軽い選択になる感じです。

 

 ただ、メインマシンで作業するとなると、ソフトが何を使う必要があるの

かで変わるので業務だと話が変わってきますが、個人が使うレベルだと

そうした選択肢も存在してます。

 

 とりあえず、g;;はそうでもないのですが、Netbeansもネットブックだと

重たいので結構厳しい状態だと言えます。

 

 とりあえず、上記のソフトの構成はGodot以外は全てオフラインで利用

可能なので、インストールされてる状態があれば、あとは電力が供給され

ていれば問題なく利用できるので、少々の未開の地でも電力があれば利

用可能です、つまり、未開の地でも電力があれば大丈夫(とりあえず、未

開の地と言うとデスバレーとか、ナイアガラの滝の滝つぼだとか、鳥取砂

丘のど真ん中とか秋吉洞の中腹辺りとか、既に人類が住む場所でも何で

もなく、とどまってもらったり居座ってもらうと非常に迷惑する場所がそれ

です。)なので、居なKでも電力供給が出来ていれば利用可能という事に

なります。Godotは常時接続のネット環境が必要なんですが、上記のソフ

トはインストールさえすれば大丈夫なので2.6系の関連書籍(入門書でC

Dに収録されてるようなもの)でもあれば、フツーに使えます。

 

 ただし、PCの環境は選ぶので作るものでマシン構成が変わってくると

いう内容はあります。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ ネットブック@WIN10でMak... | トップ | ■ 現在のコンピューターの性能 »
最近の画像もっと見る

■ Blender」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。