■ 一人綴り

イロイロやってますが、停滞中。(モノが出来たらアップする感じですから...。)更新はしますが数が減るかも。

■ 3DSで見れる3D画像の事

2011年08月09日 | ●○ Tips ( IMAGE )  ○●




 ニンテンドウ3DSの価格改定が11日に入りますね。その為か、中古が物凄い勢いで売れ

ていて、3DS所有者自体が増えてるって話です。

 多分、フツーに触ったらおもしろさが解る3DSなんですが、PCとの連携も可能なので

ちょっと書いておこうかと思います。

 3DSには3Dカメラが搭載されていて、VGAサイズ(640x480)になりますが、3D写真

が撮影できます。当然、これは3DS本体で見ることが出来るのですが、画面右側の奥行き

強調を行うスライダーを最大まで動かすと思いっきり空間が出来ます。

 ただ、カメラ性能はオマケですから、画質を求める場合には難しいのですが、実は、

カメラをシンクロさせて撮影したようなステレオグラフとかも3DSをビュワーとして、使

う事が可能です。

 とりあえず、PCがある場合だと、


  ■ ステレオフォトメーカー
    http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/ 


を使うと、3DSで使っている 【 MPO形式 】 に変換可能になります。


  ■ Nintendo 3DSのMPOファイルの読み書き
    http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/3ds/index.html


とりあえず、このソフトって


  ■ 富士フィルム FinePix Real 3D W3
    http://fujifilm.jp/personal/3d/camera/finepix_real3dw3/


  ■ より完成度を高めた3Dカメラ「FinePix REAL 3D W3」
    ~ 720/24p撮影に対応した後継機 ~
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20100901_390688.html


で撮影した画像も読み込めるので3DSをビュワーにする事も可能となります。

 ただし、VGAサイズにリサイズされますけどね。(^~^;)

 基本的にステレオ写真って 【 2つの光学系で撮影したモノを利用する 】 と言う

モノなんですが、この特性から


 【 同一の露出の条件だとシンクロさせる必要がある 】


と言えます。と言うか動体だとこれをやらないと絵が違いますから必須条件ですね。

 この場合、


  ■ 同一の光学系で同一の露出にしてシンクロさせる


と言う方法になります。設定は


  ■ ステレオベースをとって、マグプレートの上に乗せて撮影する


感じですね。あと、一台のカメラで撮影する方法もあります。

 これは、完全に固定されているモノ限定なんですが、


 【 片方の目の視点で撮影した後に横にカメラをスライドさせて、
   もう一つの視点を撮影する 】


と言う方法。この方法もマグプレートにカメラを設置して、ソレを軸がずれないように横

方向にスライドさせるってやり方です。

 ある意味、60Pで撮影するフルHDの動画だと、横方向に平行して動く状態だとフレーム

間で視差が生まれているので、3D画像をそこから構築する事が出来る感じです。これを応

用したのが今のデジカメで実装されている単眼の3D写真機能です。

 と言う感じで、高画質な3Dソースを3DS用に変換して3DSで表示すると言う方法も可能に

なっています。

 3DSと言うと、以前、


 【 ファームウェアのアップデートで3D動画撮影&再生機能の追加 】


に言及されていましたが、台数出た後にソレが可能だとおもしろいかなと...。と言うか、

仮になるとしたらどういったフォーマットになるのかも気になるトコロですね。

 ちなみに...。3DCGのようなバーチャル空間だとステレオベースは作りやすいので、実

際のトコロ 【 かなり立体感のある空間構築が可能 】 となります。

 3DCGからの変換方法ですが、フツーに


 1) カメラオブジェクトをステレオベースの距離を置いて2つ構築 

 2) それぞれの視点でレンダリング

 3) ステレオフォトメーカーに持っていき3DS用に変換


と言う流れです。こういう工程を行うと、MMDの画像とかも3Dになる感じ。

 とりあえず、


 【 さっくりとモデリングをこない、それをアジの開きで展開し、テクスチャー
   を描いてUVで適応し、そこにシーンを配置しライティングして、カメラオブ
   ジェクトを配置。その状況で左右の目のレンダリングをPCさんに頑張っても
   らって演算してもらい、出来上がった画像をステレオフォトメーカーで3DS
   で見れる形式で出力すると言う簡単なお仕事...。 】


と言う感じの流れです。(い、いや...。どの辺が ”簡単なお仕事” なんだ...。)

 あと、もう一つ。平面の写真を立体化する方法があります。フリーウェアに


  ■ seeneon
    http://kyubuns.info/seeneon/

裸眼立体視画像作るソフト作ってみた


と言うのがあります。このフリーウェアは、視力回復で使うようなのも作れるんだけど、


【 ステレオグラフ 】
 

作れます。つまり、作ったら、それを左右の絵に分割して、取り込んで変換すれば3DSで

も見れるって事です。

 こうして見るみると、PCがある環境だと自作の3D画像を3DSで持ち歩くとかできる感じな

ので結構便利かなと思います。


※)  ニコ動の動画なので、ブラウザのセキュリティーの項目
    とプライバシーの項目を変更しないと見れない場合があ
    ります。

    【 セキュリティー 】

     InternetExproler : セキュリティーレベル(中)
     FireFoxなど : Javascript オン


    【 プラバシー 】

     Cookiを有効にする


    にすると、FLASH PLAYERが走るので大丈夫です。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
blogram投票ボタン  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ ひとりごと☆ | トップ | ■ レンチキュラー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。