わいはまいね 能面三昧

写真付きで趣味の能面製作を紹介するブログ

童子 その2

2017年07月15日 | 能面

初回から一週間ほど過ぎている。この間はまじめに彫っているから、ずいぶんと進んでいるはず。もちろん慣れた女面と同じような細工でもあって、作業そのものは比較的簡単な部類にはいる。

上は14日の写真だが、顎に残っていた「節」部分を取り除いて修正を施したところ。作業そのものは2日ほど前には終わっている。乾燥も含めて14日と考えればOK。

もともとこの部分には最初から「節」があり、今回はそのまま使って見ようと考えてしばらく様子を見ていた。だが、やっぱり見た目も具合が悪く、やむを言えない事から修正作業に入ったところ。

節の部分を取り除いて、開いた穴へ例の「補修材」で埋め込んでみたのだが、今回は場所も良かった。そのため、単に浅い穴を開けて埋め込んで乾燥させたら、上のようになった。まあ、こんなものだろう。

で、全体像が上の通り。日にちは同じ14日だが、ここに至るまで毎日作業をしていたわけではない。実は、残った材料で他の面を彫っていたという具合。従って、この童子は数日間はこの状態で放置をしていたところだ。ま、作業開始が6日だったものの、ほんの5~6日で全体像が見える段階まできた。もちろん、裏彫りもほぼ出来上がっている。

というあたりで、次にやっていた能面の進み具合は、別のページで書こうかな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 童子 その1 | トップ | 孫次郎3 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。