わいはまいね 能面三昧

写真付きで趣味の能面製作を紹介するブログ

慈童3 その2

2016年12月13日 | 能面

上は10日の作業だ。だいぶ順調に進んでいる。いや、進みすぎているかも知れないが、体調を考えつつ、かつ、趣味の時間を過ごしている・・と言うあたりだろう。

今は厳冬期であり、室内で朝からはストーブを焚き、乾燥するから、加湿器も活用している。

上は12日の作業。左の頬部分に補修材を使って修正しているのが見える。この時は、頬だけでは無く目尻や額の一部まで補修材で修正を行った。本当に「あと5mm高ければ補修の必要はない」程度であり、同じ寸法で切り取った右側では補修をしていない。この差は、丸鋸で切り取る際に「切り口をわずかにずらした」程度。このわずかの間隔が後あとまでひびいてくることになった。それほど、気を使う必要があると言う事だろう。

従って、これまでも材料を切るときには実寸法よりも余裕を持って切り取ってってきたのだが、今回に関しては全くのミスであろう。

で、今日13日の姿だ。補修材での修正部分も。、はっきりと見える。ただ、補修材の原料が「鋸屑(のこくず)」のために、修正部分にはわずかながら穴や隙間があるから、この部分は彩色でカバーをすることになる。

今日は主に「裏彫り」を行った。このぐらい表面が出来上がれば、ある程度の深さの裏彫りをしなければ具合が悪い。今後は鼻の部分と口の中、それに合わせて裏彫りをきちんとすることがメインとなる。

ここ数日の作業で、能面教室の皆さんともずいぶんと接近したと思う。いや、私の方が前に進んでいるかも知れない。ただ、調子に乗って作業を進めていけば、あの「腰痛からくる足の痛み、しびれ」が再発しかねないから、これも要注意だな・・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慈童3 その1 | トップ | 慈童3 その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

能面」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。