わいはまいね 能面三昧

写真付きで趣味の能面製作を紹介するブログ

孫次郎3 その1

2017年07月15日 | 能面

孫次郎だ。これを見本に孫次郎の3個目を彫っていく。

手持ちの材料も最後になったので、女面を彫ろうと思っていた。当初は「小面」にしようかと思っていたものの、これまでに、すでに6個も彫っている。従ってちょっと多いから、それでは次の可愛い女面となれば「若女」か「孫次郎」だろう。ただ、若女は手持ちの材料より若干サイズが大きいので、小柄な孫次郎に決めたという具合。

今回は写真をメインに作用過程を紹介したい。

1 作業開始は11日だ。材料に図面を載せているところ。

2 これも11日だが、丸鋸で表面を45度に切り取った。

3 12日では、顔の輪郭を切り取って、ノコで切り取る切れ目の位置を書き込んでいる。

4 13日では、印に沿って切り込みを入れ、そこを切り取った。更には周囲をある程度丸く彫り、形を整える。もちろん、13日もここから幾らかは作業が進んでいるのだが。

5 14日の作業終了時頃。上の状態から2日で約4時間ほどかかっているが、このぐらいになれば表情も見えてくるから、一安心だ。

6 下の写真は、今日15日の作業終了段階だ。上の写真から更に進んでおり、かなりの表情が分かるようになっている。この段階では裏彫りも第一段階を終えているから、材料も幾らか軽くなり、具合がよろしい。

 

と言う具合に、童子の作業段階程度まではこの孫次郎も進めて、そこまで進んだなら、次からは「童子」と「孫次郎」の2個を同時進行で作業を進めることになる。この2個は、双方とも似たような大きさ、形だから、それらを比較しながら作業を進めて行けば、更に彫りやすいのでは・・・なんて考えているところだ。

今後は恐らく、あと数日で2個共に素彫りがほぼ終わるとは思うし、遅くても来週には出来上がりそうだ。けど、せめて今月いっぱい程度はあれこれと手を加えて、この2個で暇をつぶしたいな・・・

である。

それにしても今年の夏は暑い!!  しかもまだ梅雨明け前だ。なんと言っても昨日は作業部屋が35度にもなり、さすがにクーラーのある部屋に避難したよ!!

高齢者の室内熱中症予防だが、まあ、こんな事は初めてだ・・・・

 

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 童子 その2 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。