わいはまいね 能面三昧

写真付きで趣味の能面製作を紹介するブログ

慈童3 その4

2016年12月24日 | 能面

1月から彩色を始めようと思っていたが、時間が余ったので少しだけ作業を進めた。

上は22日までの作業だ。この作業に入る前には、裏にはすでに黒色の工芸漆を塗っており、一晩おいている。乾いたところで表面に胡粉を塗る作業だ。これが「彩色」である。

下地には真っ白な胡粉を2回ほど塗って、その上には肌色に色を付けた胡粉を塗る。この上塗りも2回ほど行っており、最後に仕上げ塗りを行う。その部分は23日に行った。更には唇に赤い化粧を施している。

で、今日は24日なのだが、作業は中止。理由は「ちょっと疲れた」からで、別に体調を崩したわけではない。また「不動」の彩色も同時に行っている事もあり、若干疲れが出たというあたりか。

なんと言っても、8日の作業開始から毎日連続して彫っていた。そして素彫りが終わっても、すぐに彩色に突入した事から、何やら気力も無くなったというあたりだろう。で、今日は一日のんびりと過ごし、明日以降に気持ちが充実すれば、彩色の続きに入ると思う。

ついでに、同時に彩色をしている「不動」の様子も、ちょっとだけ紹介しようかな。

これだ。ぱっと見は、すでに終わっているようにも見えるが、実はまだまだ。歯には金色を塗って、数カ所のくぼみには赤色でアクセントを付ける。その後にススを使い、陰影を付けて完成となる。それらの作業は1日で終わるから、あと一週間ほど残っている平成28年12月のうちには終わりそうだ。

と言う具合で、来年1月から始めようとしていた彩色も、この12月で終わってしまうという話である。

ま、平成28年もずいぶんと能面を彫った。さて、何個彫ったのかな。今年の1月には天狗のお面を2個同時に彫っていたようだ。それから数えたら、この1年でずいぶんと彫ったことだろう。平均、月に1個ほどの割合で彫ったとxすれば、概ね10個は彫っている事になるのかな。まあ、きちんと数えたわけではないけど、ちょっと彫りすぎ??

というあたりで、今回は終わります。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慈童3 その3 | トップ | 慈童3 その5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。