わいはまいね 能面三昧

写真付きで趣味の能面製作を紹介するブログ

NAS を導入した

2017年05月16日 | 能面

表記の通り、NASを買った。

NASは各社から発売されているのだが、私が買ったものは「Synology DS216j」というもの。この評価については様々なところから出ているので、いまそれについて言えることはない。と言うよりも、そもそもNASを導入したのは初めてで、それについて評価をできる知識もない。従って、単に評判の良い製品を買ったという具合だ。

もともと、自分がため込んだパソコンデータを外部に保存する機器といえば、一般的な用途では「外付けHDD」が用いられる。これはUSBを使った外部HDDでもあり、こっちのほうが操作は簡単だ。従ってこれまでも私は5台の外付けHDDをつないで使っている。1TB×2台、2TB×2台、予備が一台。常用する2台のデスクトップならこれで十分であろう。主に孫たちの写真や紅葉、花の写真など、10年もため込んだから恐らく数千枚もあると思う・

で、今回わざわざNASを買ったのは、単なる興味から。「NASとは何ぞや」という興味をもって・・それから、例のAmazonやIOデータからのお知らせメールを読んでいたら、急にその気になったという具合でもある。単純、単純、自分の歳も考えずにね。

 

で、早速調べて「ポチッ」と注文したところ、2日ほどで荷物が到着してしまった。あれあれ。それが下の写真だ。包装は万全だ。さすがアマゾン!!

上は本体と同時に注文したHDDである。

中身を出したところ。本体、各種ケーブル類と電源である。

本体のケースを開けて、まさにHDDをセットしようとしている場面だ。HDDはSeagateのNAS専用?と称されるもので、オオカミのマークがついている。容量は3TB×2個。この程度の容量があれば、今の写真データは全部収まる予定。というよりも、今使っている外付けHDDが2TBで間に合っているから、今後も2~3年はOKだろう。それ以降は考えない。また、RAID-1設定にするつもりだから、2個が必要という話でもある。

で、同容量の他メーカ(WD)のHDDも考えたが、ま、息子が同じNASと同じオオカミマークのHDDを選んでいるから、幾らか信用できるかな・・と思ったりして。

ケースに収めたの図。デスクトップパソコンを10台以上も組んだ経験者からすれば、単にHDDを組入れただけの話で、いともつまらない。

組み上がりは上の通り。それほど大きくないから、パソコンの横にちょっと置いて・・・

必要なソフトをインストールして・・・

勝手に設定を始めたところ。

これでLAN経由の外部記憶装置、いわゆるNASの環境が出来上がった。ただ、初めての記憶装置なので、いまいち使い方が良く分からない。だから、この後はまず使い方を覚えて、大切なファイルをコピーしながら徐々に勉強して行こうと思っている。

このNASは機能も充実しており、使い勝手が良いという評価ではあるものの、使い方が分からなければ単なる「猫に小判」である。そのため、能面を彫りながら、徐々に活用していくことにしようかな?

 

久々のパソコン関連の話・・でした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深井 その2 | トップ | 祖父2 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。