神田川 「まる歩き」 しちゃいます!!

ー神田川水系、支流はもちろん、旧水路、廃水路、全部 「まる歩き」ー

天水田圃

2017-06-01 06:57:58 | 支流編(善福寺川4)

 度々登場するする天水田圃ですが、字白幡にもそう呼ばれるところがありました。「杉並の通称地名」(平成4年 杉並区教育委員会)によると、成田東1-23から善福寺川岸にかけてで、昭和初期まで存続したようです。→ 「段彩陰影図」の中央で、左岸から善福寺川に合流する谷筋がY字を形成していますが、その左側の谷頭が上記の住所に当たります。→ 「東京近傍図」では水路は単線ですが、現在確認できる水路跡は二重で、二つの谷頭から発して途中から並行、白山神社の東側で相次いで左岸流に合流しています。

 

Tensui1

    ・ 昭文社の地図ソフト"Super Mapple Digital"で作成、縮尺は1/6000です。青点線が実地調査及び当時の地図、空中写真などで確認できる水路跡で、そのポイントを地図に記入した番号順にウォーク&ウォッチしてみました。(一部推定によっているところもあります。)

Tensuis22

    ・ 「昭和22年米軍撮影の空中写真」  上掲地図のグレー枠の部分です。同一個所に同一番号を振っています。

0223a0223b

    1. 左手の公園も和田堀公園ですが、その縁を回り込むように左岸流に合流しています。

0223c

    2. 上掲「空中写真」当時は、このあたりで右手に折れ、より下流で合流していたようです。

0223d0223e

    3. 和田堀公園を離れます。左カーブで徐々に北寄りに向きを変えています。 

0223f

    4. 最初に横切る道路です。ここから先、道路と交差するごとに車止めが付いています。 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白山前橋、大成橋 | トップ | 天水田圃2 »