神田川 「まる歩き」 しちゃいます!!

ー神田川水系、支流はもちろん、旧水路、廃水路、全部 「まる歩き」ー

広場堰2

2017-04-21 06:34:47 | 支流編(善福寺川3)

 広場堰から分岐した田用水を追っての二回目です。田端堰で分岐し田端田圃を灌漑してきた左岸流と合流、矢倉(屋倉)台と呼ばれる舌状台地を迂回し、その東側に回り込みます。途中、→ 「田端村絵図」→ 「東京近傍図」にあるように、舌状台地の先端で神通橋の架かる古道を越えると、流域は田端村から成宗村へと移っていました。現在は善福寺川緑地となっているところです。

 

Hiroba2

    ・ 昭文社の地図ソフト"Super Mapple Digital"で作成、縮尺は1/6000です。青点線が実地調査及び当時の地図、空中写真などで確認できる水路跡で、そのポイントを地図に記入した番号順にウォーク&ウォッチしてみました。(一部推定によっているところもあります。)

Hirobas22

    ・ 「昭和22年米軍撮影の空中写真」  上掲地図のグレー枠の部分です。同一個所に同一番号を振っています。

0125a

    1. 右手はかって水田だったところで、今はかりん広場と名付けられた緑地です。

0125b0125c

    2. 善福寺川緑地を前にして、右手に車止め付きの路地が顔をのぞかせています。

0125d0125e

    3. ツーブロックで本流に突き当たって終了です。本流との連絡水路だったのでしょう。 

0125f0125g

    4. 神通橋の架かる古道を越え、左カーブで善福寺川緑地に入ります。右写真は神通橋方向です。 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広場堰 | トップ | 神通橋 »