正々堂々blog

衆議院議員川内博史の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

電気用品安全法 その3

2006年02月24日 | Weblog
この問題の重要さが、みなさんの意見を聞かせていただいてよく分かります。

7年前のこの法律の審議にあたり、ぼくは担当委員会の委員ではありませんでしたが、コメントを読みながら反省しています。

内閣委員会での質問も終わりましたので、本格的にこの問題に取り組みたいと思います。

経過措置期間が、3月31日に切れる直前であることにより、今から法律の改正までは、時間的に難しいのではないかと思われます。

しかし、法律の解釈や運用について少しでも明確にすることは可能ではないか、と思います。

そこで、事務所のスタッフと一緒に、いただいたコメントを参考に論点を整理し、なるべく早く質問主意書を提出したいと思います。

少しでも皆さんのお役に立てるように、土曜日、日曜日全力で頑張ってみますので、応援よろしくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (163)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電気用品安全法 その2 | トップ | 電気用品安全法 その4 »
最近の画像もっと見る

163 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おおお)
2006-02-24 19:51:29
がんばってください。経済産業省の暴走を止めてください。
Unknown (中古家電屋)
2006-02-24 19:56:36
先生に期待します!!



今回の経済産業省の法解釈や運用に伴う矛盾や混乱・告知の不徹底さは、責任を追及されてしかるべきです。



Unknown (一般消費者)
2006-02-24 20:01:30
頑張ってください!
Unknown (いち音楽愛好家)
2006-02-24 20:08:15
今日のコメントを見て、もう嬉しくて涙が出てきました。

頑張ってください!

本当に応援しています!
Unknown (Unknown)
2006-02-24 20:09:57
応援してます。

法律の改正は無理かもしれませんが、何とか経産省に法律の解釈を間違えましたと言わせてください。

期待しています。
Unknown (しがない音楽関係者)
2006-02-24 20:10:44
応援しています!頑張ってください!!
期待してます! (Unknown)
2006-02-24 20:17:15
いろいろとお疲れのところ、本当にありがたく思っています。応援してます。頑張ってください!
動いてください!! (なお)
2006-02-24 20:21:19
環境大臣閣下にも直訴してください。

財産権を侵し、リサイクル・リユースの輪を断ち切る悪法です。

応援します。
疑問点はどんどんブログに書き込んで下さい。 (BBQ)
2006-02-24 20:21:38
今のところ、報道も共産党の質問もオーディオマニアと中古「家電」業者への影響しか語っておりません。



この法の網に掛かる業務機器に光を当て、税務と担保価値問題を突っ込めば、日本をパニックに陥れる法だとセンセーショナルに質問する事が出来ます!



がんばってくだされ!!

今、この件の本質を理解し動いて下さる国会議員は貴方だけなのかも知れないのです!!

計算小に惑わされず、スタッフの方達と現状把握に努めて下さい。



非力な一般市民ですが、ネット上にある情報でしたらこちらを通じてご提供できます。

疑問点はどんどんブログに書き込んで下さい。
応援してます (Unknown)
2006-02-24 20:43:40
本格的な規制は二年後ということなので、まだまだ緩和の可能性はあると信じています。



知れば知るほど悪法の姿が見えてくるというのに、

ここまで非難の声が上がっているというのに、

何事もなく施行されること自体が信じられません。



この腐った政治をどうにかしてください。
がんばってください!!! (微力な一市民)
2006-02-24 20:43:46
今日の委員会の経産省の態度はとうてい納得いきません。

「今年になって警察等を通じて周知した...」とは、まるで中古(または法改定以前に製造された製品)についての適用は今年まで検討していなかったかのようです。法を変えるのは無理でも、是非運用解釈を変え、法施行以前の電化製品を適用対象から外すよう、よろしくお願い致します。微力な一市民ですが、過去の資産と文化を守るため、応援しています。どうか頑張ってください!!!
困った実例は、直接送った方が良いと思います。 (hiro4)
2006-02-24 20:53:33
コメント欄も有効だと思いますが、先に出た融資打ち切りの話とかは、融資会社、対応した官僚など実名が必要かと思います。

こういっては何なのですが、やはり匿名では信憑性がちょっと落ちるかと。



川内先生はホームページの方には、メアド、ファックス番号などもだされていますので具体例はそちらに投稿された方が良いかと思います。

http://www2c.biglobe.ne.jp/~kawauchi/
川内先生がたよりです。 (おつかれさまです。)
2006-02-24 21:04:54
新しいエントリーを読ませていただき、不覚にも涙が出ました。

川内先生しか頼れる人はいません。

協力できることは何でもします。なんとかこの悪法の暴走を押さえましょう!
本当にお願いします (Unknown)
2006-02-24 21:05:54
政治家や議員の観点からでなく、

「一生活者」として発言させて

ください。



どのような名目であれ、どのような手順で

法律が成立されたのであれ、また、どのように

告知されていたのであれ、

“普通に"考えて

「えええ、そんなのズルいじゃん!!」

という法律は、おかしいと思います。



この国を出るしか方法はないのか、という

絶望感まで感じます。



お願いです。

「普通に生活させてください」

我々一般人は、自分が所有しているモノの

売買まで管理されたくないのです。

Unknown (応援してます)
2006-02-24 21:20:08
誠意と実行力に脱帽です。応援してます!
Unknown (何とかしてください)
2006-02-24 21:29:57
すでに悪徳業者が出ています



以下転載



432 :名無しさん@6周年 :2006/02/24(金) 15:11:33 ID:J1a3dvA20

悪法PSE法を乗り切る知恵



PSE法により売ることが出来ない電気製品を、合法的に国内で売る方法をお教えいたします。



中古リサイクルショップでは死活問題であるこの問題、

ある技を使えば違法なことなく市場供給が出来ます。



電源部分の改造の必要も無く、部品として売るのでもありません。

国内向け消費者に今までと同じように供給することが出来ます。





詳細はhttp://pse.seesaa.net/(全部半角)まで



転載ここまで



無用心な方はだまされてしまいます
Unknown (Unknown)
2006-02-24 21:41:49
応援しています。また一有権者ですが最大限何が出来るのか、是非ご教授下さい。

どうかよろしくお願い致します。
現実的には・・・ (電取派)
2006-02-24 21:44:20
>経過措置期間が、3月31日に切れる直前であることにより、

>今から法律の改正までは、時間的に難しいのではないかと思われます。



先生のご意見はもっともです

私はまず現実的な対応として、猶予期間の延長を

求めていただきたいと思います。



事業者や消費者の方々の意見を聞きながら、

法律について見直し、まとめる期間が1年。

まとめた法律に対して、広報活動を通じて周知徹底し、

事業者や消費者の方々がそれに対応していく期間がもう1年。

最低でも計2年の猶予期間延長が望まれる所です。



とにかくこれをタイムリミット通りに施行されては、

職や財産を失う方が多数出ることが予測されます。

本当にこの法律を根付かせたいと経産省が考えるなら、

皆がそれに対して充分な準備を出来る期間を設ける事に

何の不都合がありましょう。
Unknown (Unknown)
2006-02-24 21:50:15
急いては事を仕損じる、ということわざがあるように気持ちを落ち着けてこの問題に取り組んでください。



応援してますのでどうか、どうかよろしくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2006-02-24 21:54:33
おお。

頼もしい限りです。

この問題に際して行動で表現できる議員がいたとは。

カッコイイっす。応援します。
絶対阻止 (Unknown)
2006-02-24 21:57:20
>経過措置期間が、3月31日に切れる直前であることにより、今から法律の改正までは、時間的に難しいのではないかと思われます。



 この部分を国民が理解してあげる必要はありません。

 明らかに内容に問題のある法律を、「一度決まってしまったから変更は容易ではない」という理屈は通りません。

 非常に偏った思考の人達が、幅広い視野を持たない人達が、いつの間にか作った法律に何故国民が従わなければならないのでしょうか?

 古物商は歴史ある立派な商売です。その人達が今までと同じ方法で商売をすると”犯罪者”になるのです。

 川内議員には大いに期待しています。しかし、お一人で頑張ってもなかなか思うように事は進まないと思います。国民が協力できることって無いのでしょうか?

 PSE法が何の改善も無く、このまま施行されるような事態になったら・・・、日本人でいることが嫌になります。
心の底から応援しております。 (Unknown)
2006-02-24 22:00:43
今度の比例代表には民主党に投票します。

いろいろ大変な時期ですが、よろしく御願い致します。
協力したい (Unknown)
2006-02-24 22:01:19
ホント、川内議員に期待してます、応援してますだけじゃ駄目だと思う。

PSE法を改善させるために国民は何をすれば良いのですか?

川内議員、指示をください。
がんばってください! (一市民)
2006-02-24 22:03:14
先生の行動力と国民の意見を真摯に受け止める姿勢に感動しました。

お忙しい中時間を割いていた抱いていることに感謝しています。

どうか、法律の解釈が少しでも緩やかになるようがんばってください。
Unknown (無党派ですが)
2006-02-24 22:15:25
民主党も今いろいろと大変そうですが、応援しています!

御対応に感謝します (一有権者)
2006-02-24 22:20:53
早速の御対応に感謝するとともに、深く敬意を表します。



私が申し上げるのも恐縮ですが…

「短期目標としては法律運用のあり方の明確化」

「長期目標としては法律の改正を視野にいれる」

というような方針策定というものは、実行不可能なものなのでしょうか。



もちろんそこは政治でしょうから、ブログという公開媒体で全て手の内を明らかにされる必要性も義務も先生にはありません。いずれにしましてもぜひ最善を尽くして頂きたいと願っております。応援しております。
取り敢えず出来る事といえば (Unknown)
2006-02-24 22:22:07
関係各所にメール。(産経省、官邸)

坂本龍一氏の所へ署名。他になにかあるかな。
余りにも悪質な法運用で許せません。 (うなまん(消費者))
2006-02-24 22:25:53
本日の経済産業委員会での経産省の答弁から、さらなる疑問となるのは、



1)7年前の法律審議時、また5年前の法律施行時に、業者から特に問い合わせがなかったから、経産省もつい最近、業者から問い合わせがあるまで、中古の流通規制が起こりうるという認識がなかった。



なおかつ、周知徹底(PR)は、パンフだけで、そのパンフの内容でも、明示的には中古(PSE以前の製品)の流通には触れずじまい。



ということであるのか?



2)さらに、消費者に至っては、今の今まで問い合わせてこなかったのだから、アンティーク(ヴィンテージ)から、高価な専門機材まで、それらの財産権を侵害することになるとは、経産省も認識していなかった。



ということであるのか?



いずれにせよ、PSE以前に国が認可した電気製品について、電安法では明記がないから、流通を規制しても、財産権の侵害という違憲にはならない、という認識を、なぜ経産省が持っているのか、ぜひ追求してください。



社会や文化にとって余りにも憂慮すべき緊急の課題と痛感します。
Unknown (真紀(消費者))
2006-02-24 22:31:13
先生、力強いコメントありがとうございます!!



今世論も盛り上がりつつありますので、猶予期間の延長のみならず、法解釈の変更などできる限り根本的な解決を目指して欲しく思います。

勿論猶予期間を延長し、その間に法解釈の見直しなどを図るのでもかまいません。



最終的には猶予期間を延長して済むだけの話ではないと思います。



応援しています!
先程も前のエントリーにコメントしましたが (S)
2006-02-24 22:40:40
迅速な対応に感謝しかできません。友人Aにも読ませたところ、

『最近の政治家ってマイナスイメージしかなかったけどこんなに立派な人もいるんだね…』

と涙ぐみながら感想を言ってました。ここ2~3日は仕事にならない仕事を続けていたようですが

大袈裟に言えば生きる活力を頂いたそうです。しかし具体的に対応するほどの策がないのも事実です。

そこで、多忙のところ申\し訳ないのですが少しでも先生の活動に協力できることはありませんか?

とにかく、この問題を国民全体に広く投げかけるのが第一かとは思われます。誰もが知り得るよう先生に

策を講じていただけるならば身を投げる思いで行動できる方も多いはずです。無策で日が過ぎて廃業…

これこそ日本経済、文化、財産などあらゆる面での損失なのですから。



本当に期待してます。先生はもちろん、事務所のスタッフさんも身体に気をつけて頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2006-02-24 22:42:53
先にも書きましたが、これはビンテージ物の楽器やオーディオの中古品が売れなくなるとか、周知が不十分であったというだけの問題ではなく、この法律が、製品を製造事業者が製造しそれを販売するところまでしか念頭に置いていなかった欠陥法であることが問題であるのです。



「販売店が売るという事」「故障した機械を直す行為」「一度消費者に渡った物が再び流通過程に乗る事」を全く考えていなかったために、これらを”製造事業者への規制”に当てはめざるを得なくなってしまっているのです。



互換性のある部品一つを交換するだけで「製造事業者の届け出」と「新たな認証」が必要などとは

普通の常識では考えられない発想です。修理が製造ですか?

これがまかり通れば、メーカーのサービス部門でも修理など辞退してしまいます。

また、中古販売において「製造事業者として届け出」が必要などとは、販売店がメーカーですか?

このような発想が当たり前ならば、経産省は社会常識が欠如しているとしか考えられず行政機関としての適性を疑問視せざるを得ません。



本日の共産党議員の答弁を見まして、あらためて憤りと歯痒さをおぼえました。

経産側は法の不備、怠慢を棚にあげて「もう出来てしまった法律だからこのままやらせて下さい」

と言っているようなものでした。

質問する側としても、私なら「親切な対応で丁寧に説明します」と言われたなら

「では、具体的に何を説明するというんですか」「この短い期間に説明をして何がどう好転すると言うのですか」

「国民の求めているのは説明ではなくこの法律の不備で各場面で甚大な弊害が起きることが明らかであるから、見直す時間が必要であると言っているんですよ。そのために猶予期間を延長し十分な検討をすべきだと言っているんですよ。そのことがわかりませんか」

「あなたがた、安全安全とおっしゃっておられますが、電取法とPSE法では安全基準はさほど変わらないと経産省の方、自らがおっしゃっているじゃないですか。言われている事が矛盾しているじゃないですか」

とやり込めてしまうんですが。



とにかくこの問題を解決するには、はっきりと「販売店」「修理」と「中古」の取扱を

法令に盛り込む以外にはありません。



社会正義の維持のために、お力をお貸しください。
Unknown (あ)
2006-02-24 22:46:36
そういえば、経済産業省の谷氏という方が公務中に私的なブログを更新されていたそうです。

この方は公務を行う方に相応しい行動を取られていないと思うのですが・・・経済産業省の方々は私的なブログを更新してもよいのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2006-02-24 23:10:29
先生応援しています。

ところで3月決算ですが、企業の保有する機械等の財務諸表の表示はどうするんでしょうか。現行の商法等では容易に売却可能なことが前提で表示されているのですが。そもそもその価値を算定する事自体が非常に困難になると思うのですが。商法や企業会計原則等の改正もするのですか?
とりあえず2年 (電取派)
2006-02-24 23:15:48
私がとりあえず2年の延長をと申し上げたのは、

確かこの2年後に今度は機器直出しの電源コードや

スイッチの猶予期間が切れるリミットがあったと

記憶しているからです。

これも結構大きな問題になると思います。



本体に○PSEマークがあるのに、電源部に◇PSEマークが無い

商品の販売規制が行われるという恐れもあります。

以前、某M社のTVでそのような製品の例があったと

2ちゃんねるに情報が出ていました。



どうせ2年後に他のリミットがあるなら、

この中古家電の問題のリミットもそちらにずらして、

その間徹底的に討議し、おかしな所は是正していった方が、

長い目で見ればスムーズな運用につながるのでは?
Unknown (Unknown)
2006-02-24 23:21:11
数日前、経産省の職員の方のブログにも国民から、同じような要望が寄せられているのにそこは耳を傾けるどころか閉鎖してしまいました。

まったく国民の側を向いていない態度に悲しくなりました。

そのこともあったので先生がブログでの書き込みされた意見に迅速に耳を傾けて対応してくだっさていることにうれしく思いました。

昨今の例のメール騒動で党内も大変だと思いますが、先生のご活躍に期待しております。

ほんとに感謝感激です。
川内先生、頑張って下さい! (たちばな☆)
2006-02-24 23:22:00
はじめまして!知り合いから教えてもらい、先生のブログを知りました。

多くの方が切実なコメントを寄せている事でも、この法律の問題の大きさを物語っていると思います。

“何とかしてください”さんが取り上げているように、この法を悪用した悪徳業者も現れ始めています。

猶予期限も迫って来て大変だと思いますが、どうか我々の出した意見をまとめ、それを国民の代弁者として言及してください。

もう一刻の猶予も許されないほどに追い込まれている事業者・経営者も沢山いるのです。

よろしくお願い致します。



>何とかしてくださいさん



http://pse.seesaa.net/(全部半角)

の悪徳業者、私も許せません!

登録されているブログサービスのseesaaに通報してみます。

すぐに対応してもらえるといいのだけど…
期待しています (エンジニアの卵)
2006-02-24 23:50:57
はじめまして、本件に関する種ゝのサイトから先生のblogを知りました。



民主党はメール問題でかなり混乱しているようですが、この問題をスケープゴートにされPSE法の問題が議論されないで行くとしたら大変な事になってしまいます。



メール問題のことがありますので、あまり断定的な質問は難しいかもしれませんが、このPSE法が経済・産業界にどのような影響を与えるのか、ことがどれだけ重大か質問していただきたいと思います。



状況が状況だけに大変かとは思いますが、よろしくお願いします。応援しています。

Unknown (ぷりん)
2006-02-25 00:31:28
先日は「リース」の件で、

辛辣で言葉を選ばないコメントをしてしまい

すみませんでした。



議員の行動力に期待致します。



この法律は共産党以外の政党が

賛成票を投じて成立していることから、

賛成した立場として問題提起をするのは

大変かもしれませんが、

問題の本質を見据えて意見することが、

国民、消費者の財産を守ることに繋がります。

応援致しております。



もともとこの法律の成立段階では

中古品の規制は視野に入っていなかったのではないでしょうか?

中古品の規制は、問題の経過から見ても

後から足されたように思えてなりません。



であるならば、議員の指摘される通り、

改正までは時間がなくとも、

運用の見直しで十分対応できるものと思われます。



すでに損害を受けている事業者も

多いと思いますし、このまま経過措置が終わり

既成事実が着々と積み上げられることを

危惧しております。



経産省に負けないように、

どうか議員のお力を発揮していただきたいと

思います。
自前のPSEマークを (電取派)
2006-02-25 00:37:50
公開したショップ第一号 でしょうか

http://www.hifido.co.jp/merumaga/2f/060224/index.html
今までに出ていないことで気になること (Unknown)
2006-02-25 00:39:29
・中古店等、PSE法本格施行に伴い廃業するものもあると思われるが、

 どの程度の数になると想定しているのか?

・中古業界に、PSEのない対象機器の流通在庫はどのくらいあると想定しているのか?

・本格施行に伴い、そのうち、

 どのくらいが(リユースではなく)リサイクルに廻されると想定しているのか?

 同じく、どのくらいが破棄されると想定しているのか?

 その想定量を自治体に通知しているか?(ゴミ処理能力は十分か?)

 さらに、廃棄されるもののうち、違法投棄はどの程度増加すると考えられるか?

・PSE法本格施行に伴う増減収は、來年度予算に考慮済みなのか?

 考慮済みであれば、具体額は?

・対象となるものを担保にしている金融機関がある可能性はあるか?

 ある可能性があるとすれば、その担保の見直し等について指導しているか?

・このご時世、PSEのない対象電気用品が販売禁止であることを、

 使用禁止と誤解させ、新たな物品を売りつける詐欺が発生する可能性があると思うが、

 そのようなものから、消費者を守る啓蒙活動等はしているか?

・PSEマークのないものには、本来、対象だが古いためにマークがついていないものと、

 非対称なのでマークがついていないものが、混在するが、

 消費者の混乱をさけるため、各メーカに過去の出荷分も含め、

 型番毎に、対象/非対象、マークあり/なしを検索可能なデータベースを構築させ、

 インターネットおよび電話等で問い合わせできるようにすべきでないか?

Unknown (中古オーディオ販売店)
2006-02-25 00:46:19
楽器やオーディオからだけではなく、もっと一般的に学校、研究施設、農業関係、設備関係など中古を利用している方は多いと思います。

PSE表示の製品を製造しているメーカーで使用されている測定機器や小さく言えば半田コテまでPSE表示があるんでしょうか?

PSE表示の無い工具や設備でPSE表示の製品を作ってれば、表示無しの中古販売を罰するどころではない大問題です。大体、パソコンやFAXなどが他の電化製品とどう違い、安全なのか経済産業省に構造上専門的に回答してほしいです。

4月からどうなるんでしょうねぇ・・・ (Unknown)
2006-02-25 00:49:01
日本各地で、電力会社が電気温水器のレンタル業を

営んでいますが、電気用品安全法は影響しないのでしょうか?

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-16,GGLD:ja&q=%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%B8%A9%E6%B0%B4%E5%99%A8%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB



電力会社が製造した電機温水器については、

4月以降に故障があっても問題はなさそう(?)ですが、

電力会社が製造したものではない電機温水器については、

「経産省の修理に関する見解」と「電力会社と契約者間で交わされる約款」

を見る限りでは、4月以降に故障した際には修理不能になる

恐れがあるのでは?と感じます。





「経産省の修理に関する見解」についてですが、

経産省は修理について、製造事業者の届け出と新たな認証が必要との見解を示しています。



「電力会社と契約者間で交わされる(電気温水器のレンタルに関する)約款」についてですが、

電力会社は地域の小さな電気店に、電気温水器のメンテナンスを委託しています。



日本各地の小さな電気店全てが、電力会社に委託された電気温水器のメンテナンス、

言い替えるならば非常に儲けの少ない仕事のために、

製造事業者の届け出と新たな認証を得るものでしょうか?
PSE付製品の安全性 (kai)
2006-02-25 00:52:03
昨日の国会の答弁では、「安全性」っていうのをダシに誤魔化してましたね。

PSEによって実質基準自体はユルくなってるみたいですけど、

それがついていればなぜ今までより安全になるのか、今までは安全でない物を売っていたのか、

そのあたりが突込みどころではないでしょうか。

先生だけが頼りです (顔の大きい黄色い猫)
2006-02-25 00:54:15
PSE問題はある意味司法制度の危機です。

まず破産事件の場合(管財事件),破産管財人(裁判所が弁護士に依頼)が破産者の資産を調べてそれを換価(破産財団といいます),

債権者に平等に配当するのですが,破産者の持ってた高価な電気製品(工業機械とか)が査定0

それどころか,処分費用がかかるようになると

…本来配当できるはずのお金がパァになるどころではないです。

破産管財人の報酬は破産財団から出すわけで,弁護士も慈善事業ではないのですから破産管財人になってくれる人が減ってしまうでしょう。そうすると制度そのものが立ち行かなくなる恐れがあります。

次に動産執行事件(執行官室)も,高価な電気製品を差し押さえて,さて換価しようとしたら査定0

手数料とか手間暇かけて(仮執行宣言付支払督促とか判決+執行文とか)差し押さえをした債権者はまるっきり馬鹿をみます。

これでは制度そのものが(半分くらい)破綻しかねません。

ちなみに,裁判所内でPSE問題を知ってる人は皆無でした。

経産省が「司法判断にゆだねる」といってもこの問題についての専門家は裁判所にはいません。

あくまで法律の文面にそって判断するだけなので

先生のような方にマトモな法律を作っていただかないとどうにもできません。

お忙しいでしょうが,よろしくお願いします。











Unknown (Unknown)
2006-02-25 01:00:48
憲法98条には、「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」とあります。

この法律は、憲法13条(幸福追求権)、経済活動の自由の侵害の恐れがあります。

この法律は公共の福祉とは関係ありません。
がんばってください (某地方公務員)
2006-02-25 01:03:16
ありがとうございます。

この問題はリサイクル業者のみならず、全ての中小企業、農家、ひいては全産業に悪影響を及ぼすものだと思います。

めぐりめぐって地方自治体にも痛手がきます。

4月から殆どの中小企業が倒産、農家が廃業の憂き目に遭わないよう中古品の除外を働きかけていただけますようお願いします。
「楽器」の扱い (音楽人)
2006-02-25 01:03:25
2000年以前の楽器、オーディオにこだわることに関し、「文化的遺産」「趣味」と言ってる方もおられますが、我々現場のものにとっては現役の機材であり、音楽制作に欠かせないものであり、究極の業務用機器であります。

商業音楽に携わる以上、一番いい楽器、一番いい機材での音楽制作を望むのは当然のスタンスであり、この法律の施行により、(一部で言われている“完全死亡”は、ないとしても)そのような機材が非常に入手や修理が困難になり、売買が違法化するというのは尋常なことではありません。



24日の塩川議員の質疑に対する答弁として「ビンテージ楽器の価値はわからんでもないが、だからといってそれだけを除外はできない」(私が勝手に意訳しました)的な返答でしたが、むしろ「電源が付いているからといって何もかも一緒に法の元に置こう」という態度こそ怠慢の極みととれます。

川内先生、ぜひともこの世紀の悪法の完全撤回に向けてご尽力をお願いいたします。
がんばってください (天下りは糞!)
2006-02-25 01:18:03
がんばってね 応援するわ

物を大切にすることを続けたいですね。 (kuniomit)
2006-02-25 01:34:06
たったひとつの法律で、多くの被害者を出すのでしたら、その法律を止めるのが、政治家だと信じます。

憲法改正にも弱腰の日本で、本当に国土、人民、資源、財産を護っていただくためにも、ここは先生頑張ってください。

信仰あるものとしては、神より与えられたものをこのような法律で、商品や人や仕事を無駄にしたくはありません。
遡及の原則 (公務員)
2006-02-25 01:42:46
2001年に成立させた法律が、2001年以前から適法に存在していた物を否定するときは、その旨を明記するのがスジでしょう。



タイムリミットを見越したかのような見解発表は許せません。



実際、経産省に問い合わせた際、旧電取法と電安法との間に技術的な違いは無いとの事でした。



『人民』が混乱しないようにPSEマークで統一したほうが愚かな平民のためだ。

税収が落ち込もうが、首を吊る者が出ようが、当方の知った事ではない。

と、趣旨を語って下さいました。



もはや趣味の世界だけではなく、税収の大幅減や、貸し剥がし、新規開業困難など、経済にも大きな影響を与える事が明らかになっています。





もう一度申し上げますが、中古品が対象になる解釈が示されたのはつい最近です。

法成立以前の状態を裁く場合は、その旨が明記されていなければなりません。



どこをどう解釈すれば中古品が含まれるのか分かりませんが、行政がこのようにデタラメな解釈をしているようでは、頑張って法律を作っている方々に失礼でしょう。



メール問題で大変だとは思いますが、奮闘を期待しております。
応援しています! (Unknown)
2006-02-25 01:58:55
規制前の製品でも所定の手続きを行えば、PSEマークを付けて販売出来ると言ってますが、意匠や商標の問題を考えるとそれは難しいのではないのでしょうか?



この法律でいくら電気的加工を伴う修理をすれば別の新しい製品だと認めていても、デザインなどはオリジナルの製造業者が所有している権利だからです。



購入時からPSEマークの付いている製品であっても、メーカー保証期間外での簡単な修理を拒否される可能性があるようでは、リサイクル費用なんかはメーカーで完全負担してもらいたいものです。

修理はできない、リサイクル費用は出せでは消費者の負担が増えるばかりです。



先生には期待しています。少しでも改善されるように頑張ってください!
頑張ってください。 (楽器好きの学生)
2006-02-25 02:03:29
私は、大学で電気関係を勉強してるものです。電気用品安全法によって私の夢が奪われようとしています。私は中学生のときから電子楽器に興味を持ち、就職したらビンテージのシンセサイザーが欲しいと頑張ってきました。将来は、儲かんなくても良いから、古い電子楽器をメンテナンスをするような仕事がしたいと思って、大学も電気関係に進んできましたが、今回の電気用品安全法によって奪われてしまうような気がします。正直なところ「安全性」の問題を経済産業省のお役人方は言っているようですが、どんな機器でもメンテナンスする人間がわざわざ危険なものをそのままにしておくとは到底思いませんし、技術を持って作業してきた方に対して失礼だと思います、それと、過去に電気用品を設計してきた技術者に対しても失礼だと思います、現在残っていると言うことは、その製品の設計が優れていたからではないでしょうか?駄目な製品ならば早々と消えていたのではないでしょうか?

私は思います、

「役人は技術者を下に見てる気がしてならない」と。

なので、川内博史先生にはぜひとも頑張ってもたいたいです。

場違いではないかと思いましたが、失礼いたします。
Unknown (ライブドアなんてどうでもいいから!)
2006-02-25 02:26:13
テレビでは連日ライブドア関係の報道ですが、視聴者(国民)的には、そんなひとつの会社の不祥事なんて、警察にまかせておけばいいじゃん。ぐらいに思っています。

そんなことをダラダラと質疑応答してる時間があったら、もっと実のある内容の国会を行って欲しいと思います。

国会中継を見ていると、なぜか小学校の学級会を思い出します。

「○○君が給食のパンを投げたのは良くない事だと思います!」

・・・その程度のレベルの議論という印象を受けます。

国民はシビアに見てます。

居眠りしてる議員の事も見てます。

今回のPSEの件で、若者も政治や選挙がどれだけ重要かということに気が付き始めました。

もう、今までの国会のやり方は通用しなくなりました。

今、若者も、国会でどんなことが話し合われているかウォッチしています。



というか、PSEのおかしなところを早いところ訂正する動き、なんとかお願いします!!!!
期待してもいいですか (日本人ですみません)
2006-02-25 02:28:25
私は日本人であることが恥ずかしいです。

金まみれの政治家。特権階級を作り続ける法律、規制の数々。その上今回の、新製品製造販売業者から金でつられて作ったようなPSE法。世界の笑いものになっているようでたまりません。



こんな悪法をのさばらせてはなりません。いろいろ理由はありますが、いろいろ理由があることを解っていて作った法ですから理由を列挙しても仕方ありません。もっとも残念なのは何より貴重な歴史的資料の海外流出です。日本から歴史的資産が無くなるのですよ。一部の人たちの懐を肥やすためだけに。



この問題を国民に広く知らしめ、規制緩和、撤廃にいたれば民主党汚名挽回のチャンスです。頑張ってください。
頑張ってください (応援しています)
2006-02-25 02:35:18
海外からの製品などは、PSEの検査機関を通さなくてもISOがあるのだから十分でしょう。ISOに言われてJISもやめたんでしょ。PSEやってどーするんですかね。



電気製品が安全でなければ(マークなしなら)自己責任で使用するということでジャンク品として販売する方法は認められるのでしょうかね。安全率から言えば自作製品を自分で使うのと一緒ですが。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 02:38:32
屁理屈に聞こえるかもしれませんが大体どの家庭でも照明器具があると思いますが互換性のある部品一つを交換するだけで「製造事業者の届け出」と「新たな認証」をしなければならないとなると例えば照明器具の電球一つが切れ近くの電気屋さんに交換してもらうだけで違法ってことになりますよね。

蛍光灯にはPSE表示がありますが照明器具と電球自体はどちらも個別で使用は出来ませんし、照明器具からみれば電球は部品です。

学校で使うスライド映写機のランプが切れても交換できません。

掃除機のゴミパックも掃除機からすれば部品ではないでしょうか?

こんな事を言えば常識から考えてと言われそうですが間違いではないと思います。

国民の安全を考えて出来た法律というより国民に明かせない他の理由があって後からこじつけた内容の法律で、いかにたくさんの人が電気製品にたよって生きているかがまったく分かっておらず、5~10年の猶予で自然に古い物は消えるだろうというボンクラの考え方です。

芸術の重要性 (日本が危ない!)
2006-02-25 02:46:24
日本の政治家の方や官僚の方達は、芸術に対して知識がなさすぎると思います。

諸外国のハイソサエティな方々は、みなさん芸術等に詳しく、しかも、国をあげて芸術や才能を守り育てています。

スポーツなどに関しても同じ事が言えます。



天下りのおじちゃんに払う給料を、そういう「国の財産」を守る方向に使って欲しいです。



今回のトリノでメダルがあまり取れないのは、そういう国の姿勢がモロに出てしまったせいではないでしょうか?

これはある意味警鐘と言えると思います。

オリンピック協会だけの責任ではないような気がします。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 03:00:36
悪法以外の何者でもありません。今は無くなったかつての規格の製品の取引が出来なくなる事が、一番辛いです。仕事の上でも古い機器を使わなければならないので、何とか暴走を阻止して下さい。
他にも疑問を持って動いている方がいるようです。 (hiro4)
2006-02-25 03:04:25
匿名掲示板の情報で申し訳ないのですが、

同じ民主党で古川元久議員が動いているようです。

あと、大阪のABCテレビ(朝日放送)のムーブでは民主党のこの問題に関するコメントが出ていました。党本部のどこかが動いている?

http://www.asahi.co.jp/move/

限られた時間と、人的資源です。

連携が必要かと思います。



最後に、オーディオ、楽器店で自社でPSEの収得を告知している店を張っておきます。

検査方法は川内先生への説明と同じなのでしょうか?

http://www.hifido.co.jp/merumaga/2f/060224/index.html

#トップページhttp://www.hifido.co.jp/

http://home.att.ne.jp/yellow/fiveg/

もう2店ほどあるようです。

参考になれば幸いです。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 03:24:26
製造者責任法との兼ね合いで、経年の劣化によるメーカーの責任を軽減する目的にしては、中身が駄目駄目すぎ。



それなら製品に通常使用での事故・火災の保証期間を明記すれば良いだけではなかったでしょうか?



松下の件のように、メーカー側の製造ミスや欠陥は、10年以上経て証明されるように、メーカーはなかなか認めようとしません。

それにハッキリするまで症例を積み重ねるため、時間もかかります。



PSE法が施行されたことで、修理などで製造責任者がメーカー以外に移ってしまったり、猶予期間を逆手にとられたりなどで、メーカー側の欠陥までもが、メーカー以外や使用者の責任にされかねません。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 03:41:30
×製造者責任法

○製造物責任法



間違えました。訂正いたします。すみません。

がんばって下さい (市民)
2006-02-25 03:55:41
書き込みのうち、綺麗にまとまってる物を紙メディアにしてお仲間で研究して頂けると良いアイデアとかも生まれてくると思います。

(blog形式だと解りづらそう)



もちろん、言葉使いが悪い物にも良い意見が有りますので。(怒りからきてるのが解りますね)
2年前に確かめました。 (中古オーディオ業者)
2006-02-25 03:58:51
70年代、80年代、90年代の中古オーディオを中心に扱っている販売業者です。

2年ほど前に法律の存在を知り、JQAに問い合わせました。

中古品の売買は関係ないという答えで、安心しておりました。

経産省が、昨年11月のハードオフの質問を受けて、方針を変更したのは明らかだと思います。

最初から決まっていたことのように言っているのは、嘘をついているのであって、卑怯だと思います。

そのせいで、当社は大幅縮小をせざるをえない事態となり、職を失う人が出ました。残念でなりません。

川内様、どうかこの経産省のひどいやり方をただしてください。
期待しています (てる)
2006-02-25 04:28:42
無審査の電気製品ならともかく、PSE法とほぼ同等の旧法の基準に適合した(▽に〒マークの付いた)電気製品まで「マークの統一」という安全性とは無関係な理由で中古売買が禁止されてしまうというのが納得できません。



PSEマークの無い電気製品が安全性に問題があり危険だというなら、なぜ使用や個人売買・レンタルは禁止されないのか。対象外の電気製品が少なからずあるのか。経産省の説明は矛盾を通り越し、すでに破綻しています。



失策を棚に上げ居直っている官僚に情け容赦は無用です。徹底的な追及をお願いいたします。
中古適用の時期には疑問を持っています (hiro4)
2006-02-25 04:35:24
>中古オーディオ業者さん



興味深い話ですね。

2年前と言うと、コンセントなどの猶予期間が切れて新品販売が規制された時でしょうか。

こちらのサイト(個人サイトなので頭のhを削りました)の

ttp://audiomijinko.web.infoseek.co.jp/yatra/2006.02.html

過去ログ

ttp://audiomijinko.web.infoseek.co.jp/yatra/2004.02.html

ttp://audiomijinko.web.infoseek.co.jp/yatra/2004.03.html

ttp://audiomijinko.web.infoseek.co.jp/yatra/2004.04.html

で当時の様子がうかがえます。



新品に関してはオーディオ店の対応は徹底していますね。

新品のPSE未対応品の販売禁止の話の認知度が高いのが解ります。

新品の販売禁止の通達は多分メーカや輸入代理店から行ったんだと思います。

そうでなければココまで足並みがそろうとは思えない。



電源ケーブル等の中古販売の話は、買い取りをやめたところが数店でたようですが、一時的だった可能性が高いようです。

なぜなら、その店の一つオーディオユニオンのサイトには今現在もPSE未対応品の買い取り中止の告知は無いからです。

#この問題が露呈するまえからと変わっていません。



文書で回答が残っていれば強力な武器になるのですが・・・・。

はじめまして (米田)
2006-02-25 05:07:56
>中古オーディオ業者



なぜもっと広く訴えないのですか?

当時の会話を録音したものなり文書なりは無いのですか?

無いのであれば議員さんにメールで店舗名など具体的にお伝えした方がいいのでは。





もうじき引越し時期ですし、まだ使える家電がリサイクルされず捨てられてしまうのは勿体なくてなりません。



まだ新しい2000年製の冷蔵庫や洗濯機がPSEマークが無いというだけで捨てられてしまうなんて異常な社会です。

経済産業省は時間稼ぎをせず、即刻中古品への規制をやめるべきです。

自然な経済の流れを強制的にせき止めてしまえば中古品にとどまらず、あらゆる方面で経済バランスを崩すと思います。

商売をやっている人なら自分の生活が常に微妙な経済バランスの上で成り立っている自覚があるはずです。
安全? (Unknown)
2006-02-25 05:16:22
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

経産省→共産党塩川さんで見れます



これを見ると、安全性を論議で誤魔化そうしてます・・・。

個別にテストを受けて~

一台2.5万~50万の費用で、さらに壊れる位の電圧をかけたりするテストをポンポン出来ると思ってるんでしょうか・・・経産省は。

目の前にある不良在庫を眺めながら、死を考えてる中古屋の店主を素人でも想像できます。



二階大臣には、愚民の生活は解らないと言うことでしょうか。安全性の為に納得しろと言われても通達から2~3ヶ月で、これからご禁制になる商品を全部売るなんてムリでしょ。



是非、先生にもこの辺を突っ込んで頂きたい。

塩川さんと同じように!



あと、他方で話題のなってる1000千万位のアンティークランプとか、テストしたら即死でしょうねきっと。テストで壊れたら誰が保証してくれるんですかね?



本当に応援しています!頑張って下さい。

掲示板で、共産党の人気が上がってきました・・・
レンタルはOK?は? (いやいや)
2006-02-25 06:27:45
ちょっと考えてみてください。



販売はいけないが、レンタルならOKって意味が分かりません。

PSEって安全の為のものですよね?(この理屈そのものが破綻してますが



販売されようが、レンタルされようが、その品物が家庭や企業に置かれて利用されるのは



全 く 同 じ じ ゃ な い で す か ?



安全性は同じじゃないですか!!

単に販売を規制しているだけじゃないですか!!



川口議員、完全に経産省の役人にかつがれてますよ?口車に乗せられてるんですよ??
Unknown (Unknown)
2006-02-25 07:53:37
中古オーディオ業者さんの証言からしても、

法案の「中古品の売買を含む」という解釈が、

最近、経産省に着任したばかりの谷みどり部長の独断(誤解)によって起きたのは明白だと思われます。

普通に法案を読める人なら「製造業者」だけが対象だとわかるはずです。

経産省は、単に一女性キャリアの誤解で始まった暴走を、引っ込みつかなくなって擁護してるだけです。

しかし、この国の文化や経済がこんなくだらないことで奪われていいのでしょうか?

事情がわかってくればくるほど、あまりにバカバカしくて怒りがこみ上げて来ます。

谷みどり氏本人に確認していただければわかりますが、この方は電気用品について基礎的な知識もありません。

検査方法の妥当性や安全性に対する、明確な見解さえありません。

誰から見ても、経産省の対応は、この誤解を正当化するために詭弁に詭弁を重ね、完全に現実や内実(本来の立法目的)を見失っています。

法案の条文を変える必要はありません。単に谷みどり氏の頭の中の解釈を変えるだけのことです。
塩川議員の質問 (電取派)
2006-02-25 08:30:02
テキスト化されたものがここから読めますね

http://antipse.org/con.html



今見た所猶予期間の延長の提案など

自分が考えている対応策と同じ事を考えて折られるようです。

かなり現状を見据えて質問されていると思います。



それに対して経産省の回答は

「例外は認めません」「延長はしません」の一点張りで、

自らの責任を棚に上げて、木で鼻をくくったような回答ぶりです。



大体「個別に指導する」などといっても、

まだマスコミの報道も少なく、この法の存在自体を

知らないような事業者・中小企業主・消費者も多いのに、

どのように告知し、指導していくのか?

残り一ヶ月でそんな時間あるはずが無いと思うのですが。

Unknown (Unknown)
2006-02-25 08:41:00
2004年12月10日に経産省が公表した「電気用品安全法の概要」です。

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm



「⑤ 販売の制限(法第27条)」については、「(1)製品流通前の措置」で触れているだけで、

「(2) 製品流通後の措置」にはありません。

この法律はもともと中古を対象に考えられたものでないことを、経産省自体が証明しています。
「ガレのランプに烙印」 (転載)
2006-02-25 09:16:42
日本では4月1日になるとガレのランプにPSEと書かれたシールを貼る、もしくはPSEと彫り付けなければ流通できなくなります。

2001年4月に発効されたこの法律は、経済産業省によって家電製品などの事故を防止するために製造者に安全確保を義務付けるために生まれました。

製造業者と輸入業者が事前に検査してPSEマークをつけなければならず、マークのないものは販売できないことになっています。

違反者は法人で最大一億円の罰金、もしくは懲役刑になります。

実はこの法律は今年に入ってから中古製品が適用内に入る事がわかって中古製品を販売する業者があわてており、しかも中古品適用がつい最近決定した疑いがあるのです。

思わぬ反発にあわてた産業省は「中古でも製造者の届出をして検査をすれば販売できる」というとってつけたような案を考え出しました。

その方法とは美術品であるガレのランプを含むすべての電源コードに1000Vもの電圧を掛け、

その耐圧試験をクリアするとPSEの刻印を刻まなければいけないと言うものです。

この法律はガレのランプを始め電源コードがついたすべてのアンティークに対する冒涜であり、ようやく「もったいない」という日本発の精神が注目され始めたリサイクル・リユース時代を逆行させる悪法であると思われます。

規制開始まであと1ヶ月ほどなので早めに報道していただくよう協力をお願いします。



転載ここまで



ガレのランプは数千万円単位で取引されています。最高0が9個並びます。

海外で価値が数百万ドルのものが日本では資産価値ゼロになります。

脱税にも使われるかもしれません。



Unknown (Unknown)
2006-02-25 09:20:46
秋葉原で中古のオーディオを販売している者です。私のところでは、ビルのオーナーに大変好意的な処置をしていただいたため、4月以降は小さいところに移って営業を続けることになりました。もし、オーナーの好意がなかったら確実に倒産していたと思われます。ただ、一緒に働いていた人にはやめてもらうことになりました。大変つらいことです。また一緒に働けるようにがんばるつもりです。

2ヶ月という猶予期間は、事業を縮小するにしてもあまりに短すぎます。塩川議員に対する経産副大臣の答弁は、こういった危機に対する認識がまるで欠けています。

現在、倒産したところはなくても、倒産しつつあるところは多数存在すると思います。まずこのような窮状を救うよう手を打つのが、なにより先に求められるところです。

その後で中古品の販売是非についてよく議論したらよかろうと思います。私の会社は数十年にわたって、誇りをもって商売をしてきました。
とりあえず (電取派)
2006-02-25 09:27:58
応急処置的で先はどうなるかわかりませんが

このお店のように自主検査をしてPSEマークを

つけるというやり方でその場をしのぐのが

一番かと思われます

http://www.hifido.co.jp/merumaga/2f/060224/index.html
コピペ (民忠)
2006-02-25 09:29:37
●電気関係の火災の原因でもっとも多い、住宅配線は除外。

●粗悪な電源を使う例が見られるパソコンは除外。

●検査を緩和し、以前の検査より、事故率は1.5倍に増加。

●安全性の高かった旧規格の電化製品は、中古の流通を許さず廃棄処分させる。



すごい、安全のための法律もあったものですね。

Unknown (Unknown)
2006-02-25 09:44:35
確かに、経産省は2004年にはこういう「概要」を出している。

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm



この時点では明らかに「販売業者」は法の対象になってない。

告知を怠ったのでなく、むしろ「販売業者は対象外」と告知してきてることがよくわかる。



川内議員、これは経産省の詐欺ですよ。



あと中古業者の皆さん。

裁判に訴えるって方向もあると思います。

以前の説明とは違うという証拠も証言もある以上、

この説明の違いによって損害を受けた方は賠償請求する権利があるはずですよ。
ジャンク屋をやってました (猫造@)
2006-02-25 09:58:03
以前、いわゆるジャンク屋業を営んでいました。

最近、インターネットオークションの台頭で、中古オーディオ、楽器は店頭販売よりネット販売のほうが需要があるというような状況で、買取は店頭で、販売はネットでというかたちになってましたが、購入者の方からの「懐かしいものにもう一度出会えてよかった」「部品が手に入って助かった」「壊れるまで大切に使います」などの感想を頂いて、古いものを扱うというのは良いことだと思っていました。

私は、今は病気で店を閉じてしまいましたが、いずれまた、再開して、商品とともに、物を大切に使うというささやかな喜びも販売したいと思っていたのですが、この法律の話を聞いてショックを受けました。



色々検索してここに辿り着きました。

まだ抱えている在庫は処分せずに暫く見守りたいと思います。

川内先生も、お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。
一つ聞いて欲しいことがあります (ぱららん)
2006-02-25 10:05:08
一つどうしても知りたいことは、PSEによって事故件数やそれに伴う経済損失がどれだけ減る見込みだったのかということです。



経産省は「電気用品の安全性を高める」ということを主張しているようですが、それは重大事故件数を減らしたいということですよね?(経産省の見解は違うのでしょうか?)

とするなら、今まで電気用品で発生した事故の具体的な内容の分析と、それらが旧電気用品取締法では防げなかった原因、そしてそれらに対してどのように効果的な試験なり基準を作り、それによってどれだけ事故件数や事故比率が減少するのか、その費用対効果は如何ほどのものかなどを、きちんと数値で出すことが絶対必要なことです。

それが無ければ全く効果の無い対策に無駄な時間と金を使うということになりかねません。

省庁として「安全性」を主張するからにはこれらはきちんと分析/算出され、それに対する対策がきちんととられているのでしょうから、そのバックデータと、旧電取からの具体的な変更点を公開するよう求めていただけないでしょうか。

また、PSE製品が流通しはじめてからの、事故事例の内容分析と取らせば、PSEによる「安全性向上」の効果が分かるはずです。全く同じタイプの事故が続いていれば意味がないということですし、以前は無かったような物が増えていたりすれば、「電気用品危険法」でしかありません。安全を主張するなら、PSE製品の流通をこそ止めるべきということになります。

また、バックデータが無いならば、電気用品安全法に旧電取製品より安全になるがごとき発言には全く根拠が無いということになりますので、撤回してもらうべきですよね?

安全性というのは工学であって、文学ではありません。きちんとした数値を経産省なり、検査機関など関係各方面に是非求めていただき、公開していただきたいと思います。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 10:10:57
>経過措置期間が、3月31日に切れる直前であることにより、

>今から法律の改正までは、時間的に難しいのではないかと思われます。



中古品にも適用すると公に言い出したのは1月からで

その後の騒ぎの発端はここにあります。

PSE法の運用解釈で「中古品は適用外」とすればよいだけです。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 11:06:05
経産省の見解ではたぶん「中古品の買い取りは禁止してない」となるでしょう。

業者が自主検査して販売すれば済むっていう論理です。

しかし、リサイクル業者の利益率を考えればそんな費用が出るわけはありません。

こんな机上の空論で、多くの財産、文化財、今は粗大ゴミでも、いつかアンティークとして価値が出るかも知れない道具類が失われて行くのです。

業者は文化保護より自分の生活を選ばざるを得ないからです。

従来の商習慣の上に多くの生活や文化が築かれています、

今までにあったルールを変更するには、それなりの手続きと正当な理由が必要なはず。

たったひとりの官僚の思い込みで、それができるなら、それはファシズムと言って差し支えないと思います。
国の言ってる意味がわかりません (意味がわからん)
2006-02-25 11:25:05
PSE法の理由のひとつとして「色々なマークが存在すると良くない」みたいな発想がわからないです。



だったら、お札、旧札いっぱいあるけど、フツーに使えますし。



しかも「規制緩和」って、いったい何が「緩和」されたのか謎です。

むしろ国民にとっては「締め付け」では?



天下り先を作ることが大きな目的、ってのは、国民にバレバレです。



すでに経済産業省の答弁に矛盾が生じていますものね。

「ホームページでも告知してた」っていうのがあったけど、実際、経産省のHPに行きましたが、PSEのページがみつけられませんでした。

どこかに「隠しリンク」でもあるんでしょうかね?(笑)



もう、そういった感じでツッコミどころは満載です、PSE。

海国のメディアがそんなおかしな法律を報道する前に、早く改正してください。(海外のメディアに投書してる人もいますので、急いでください!)

日本が世界の笑い物になる前に!
訂正 (意味がわからん)
2006-02-25 11:29:33
海国のメディア→×

海外のメディア→○

外国のメディア→○



混ざってしまいました・・・m(_._)mすみません。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 11:45:13
ビンテージ音楽機材のみを販売している私にとっては失業宣告です。

在庫の山と共に途方に暮れてます(笑)
期待します。 (町工場)
2006-02-25 11:46:23
経産省 谷氏のプログは わずか 三日間程度の大量書き込みによって 閉鎖しました。

(現在も 書き込みは続いているようです。

 当事者でもあることですので 辛辣な書き込み

 それに対応する内部の人間の程度の低さに

 あきれます。

参考   

ttp://blogs.dion.ne.jp/tanimidori/archives/2846299.html)



先生のプログも通常10コメント程度のようですが この様に10倍以上の書き込みが続いていますね。 私も通常 プログへの書き込み等はいたしませんが 直接伝わり 対応して頂けることを期待して 書き込みいたします。



過去法への不遡及の原則も ありますし 過去合法であった製品を 突然の非合法化というのは

まさに 財産権の侵害です。



また 現在 直接の被害の無い人も 近い将来に

リサイクルマーケットの壊滅によって影響が

出ることでしょう。



頑張って下さい。

Unknown (ZON)
2006-02-25 12:25:16
これは私の希望です。

この法律に書かれている「販売」という言葉は国内の電気用品メーカー(製造者)又は正規輸入代理店が「出荷する」という意味に解釈したいです。つまり一般の小売りについての法律ではないと。当然中古販売を規制するものではない。並行輸入もOK。そうであって欲しいと思います。そうでないと困ってしまう小売店や業者が続出して日本経済は大混乱になるのではないでしょうか。
Unknown (ZON)
2006-02-25 12:30:47
追伸:

最近になって中古販売もダメと言い出した(とされる)経済産業省は狂っているとしか思えません。
安全性と信頼性 (中古業者)
2006-02-25 12:51:09
当方は中古品を売買する業者です。以前に旧電取法から電気用品安全法へ法改正される際に中古品の取扱につきJQAへうかがいました。そのとき、中古品は適用外との説明を受けました。この言葉を信じて、特別な対策も講じないまま現在にいたったわけです。この矛盾をJQAへ再度問合せたところ、「経済産業省へ聞いて下さい」と一言。もともと経済産業省へ聞いていれば・・・、JQAの担当者の話を録音しておけば・・・、などなど後悔はありますが、製品の安全性と信頼性を取り沙汰する機関がその信頼を失墜させるような言動はしないでいただきたいと思います。また、「中古品は適用外」という本来の解釈を遵守して欲しいと思います。



経産省の (怠慢)
2006-02-25 12:52:22
>経過措置期間が、3月31日に切れる直前



見方を逆転させると、関係する他省庁への根回しや

中古業者や国民への周知の不徹底という結果の

責任を経産省に取って貰うべきじゃないでしょうか?



4月1日から本当にするつもりなら、

他省庁の末端まで通達が届き、

古物を扱う法務省

ゴミ問題に関わる環境省

北朝鮮などへ軍事転用できる家電が渡り

 国際問題へと発展する場合を想定し外務省

家電付きマンションなどの扱いで国土交通省

業務用機器の資産価値が0になり下取り買い換え

 できなくなることによる税収減となる財務省

などなどの全面的な同意を得て



中古物、アンティークやビンテージ家電を

扱う業者への反発の出ない救済方法を

経済産業省の役人の方々に責任持って

行っていただきましょう。



時間が足りないのは、経産省側も同じでしょう。



Unknown (一市民で一消費者)
2006-02-25 13:44:05
是非頑張ってください!多くの人達が応援しています。



4/1までに改正とはいかないまでも、現時点でベストを

尽くしていただけるように祈っております。
ありがとうございます (サトシ)
2006-02-25 13:48:06
福岡に住んでいるサトシと言います。

中古ゲーム機、コンピュータ、楽器などが好きなオタクです(笑)



どうも本当にありがとうございます。

坂本龍一さんがやっている署名にも参加させていただいましたが、川内先生が大変これに力を入れて下さっていて、本当に感謝しております。

どうか、どうかよろしくお願いします。
これって (文化の否定)
2006-02-25 13:54:34
バーミヤン遺跡の仏像を破壊してるタリバンと

経済産業省が行おうとしてることは、

同じような行為だと解ってください。

自分の利権範囲のマークを付けるために、

世界的に認められているビンテージアンティークや

先人がこれまで切磋琢磨し開発してきた

すべての電気遺産を葬ろうというのは、

人類全てに対する犯罪だと思います。

倫理の欠如にも程がある。
法の矛盾が一つわかりました。 (Unknown)
2006-02-25 13:57:39
2004年12月10日に経産省が公表した「電気用品安全法の概要」です。

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm

(1)製品流通前の措置の項目には、はっきり「電気用品の製造又は輸入の事業を行う者」とあります。販売とは書いていません。

「 販売の制限(法第27条)」については、この「製品流通前」ということが前提になっています。

「(2) 製品流通後の措置」として販売業者が行わなければならないのは、「事務所、事業場、店舗又は倉庫への立ち入り」だけで、製品検査とは一言も書かれていません。

とにかくこの段階で、経産省は販売業者を対象とするつもりがまったくなかったことがわかります。
この件について (なお)
2006-02-25 14:44:47
環境大臣・小池ゆり子閣下にも質問メールを送りました。

閣下は何も仰っていないのでしょうか?

何も御存知ないのでしょうか?

PSEと署名 (くぅーさん)
2006-02-25 15:49:51
生まれて初めて署名運動をしました。

生まれて初めて国会での質疑を見たいと感じました。

こんなおかしな法案は無いやろーと心底思いました。

またそんなに大きな力でも裏でうごめいているの?と疑わざるえない・・・
Unknown (diablo)
2006-02-25 16:38:51
ウチの税理士も知りませんでした。



その税理士によると飲食関係の厨房機器は廃業も多く、中古市場も活況のようです。

起業する機会が失われますね。



日経新聞によると美容室だか理容室も順調に開業が伸びてきたようですが中古売買禁止で伸びなくなりますね。



実家が農家ですが脱穀機etcは小規模兼業農家ですから当然中古です。壊れたら廃業ですね。
>くぅーさん (Unknown)
2006-02-25 17:50:02
悲しいことにこれは法案ではないんですよ...

5年前から既にスタートしている法律なんです。



経済産業省が昨年11月(公表は今年1月)にその法解釈を拡大し始めたのが今一番問題視され論議されているのです。

成立時は共産党以外は全て賛成しています。

共産党の反対理由は検査が甘すぎることだったようです。(旧法より劣りますので今考えればもっともな理由ですね)

他党は民主も含め賛成していますが今経済産業省が言い始めた解釈でなかったはずです。

当時の議事録など丹念にあたれば必ず経済産業省の”ウソ”がわかるものと信じています。



先生 (しつもん)
2006-02-25 18:03:34
中古は除外という〒マークの規制緩和で出来たPSE法なのに

どうして中古を含むことになったんですか?

規制強化されるなら明文化されてないと

おかしいですぅ。

規制緩和どころか、強化されてるじゃないですかぁ。

その割に役人の責任はとっても緩和されてます?

へ~~んなの へんなの~~~ぉ
頑張って下さい! (ようじ)
2006-02-25 18:10:52
私自身もオーディオ好きで、音楽をやっている事もあり、そういった楽器類、オーディオ関係が全く売買出来なくなる事も大問題ですし、そういった業者が企業利益のため(?)に潰されるという法律に大反対しています。

経済的強者が弱者(少数派)を食い物にするようなこの法律には許しがたいものを感じています。他の国ならば、大打撃を受ける零細企業及び、賛同する一般市民の大規模なデモに繋がる大事件だと思うのですが、上の締め付けがキツイ事もあり、一派市民はふぬけです。何一つ大きな事を起こせずに反対している状態です。だって、経済産業省の裏には企業とか政府の政策がいるでしょ?そんな事はみんな分かってます。

正しい民主主義のために!川内さんが市民の代表として頑張って下さい!僕らは命がけで応援しています!!!!日本国民の多くが今、川内さんを応援しています。
JSPA署名お願いします (RIO)
2006-02-25 18:30:31
音楽と楽器を愛する者です。

みなさんも署名しましょう。

--------------

「電気用品安全法に対する署名のお願い」音楽家 坂本龍一

音楽家 高中正義

音楽家 松武秀樹

音楽家 椎名和夫

https://www.jspa.gr.jp/pse/index.cgi

署名フォーム入力された個人情報保護についてセキュリティー対策を強化致しました。

尚、途中集計署名数は、35,020名となっております、ご協力ありがとうございます。

2006/2/23
Unknown (XXXX)
2006-02-25 19:04:37
全く馬鹿げたことを・・・・・

日本の産業をまた潰すのか?

バブル崩壊でどれだけの企業が潰されたであろうか。

政府はこんな馬鹿げたことしかやることがないのか?

もっと他にやらにゃならんことがあるだろう。

PSEマークさえあれば、メーカーは保証期間に関係なく故障したら無償で修理しなくてはならないのか?

機械物には故障は付きもの。精密なもの程故障も多い。それをメーカーは責任を持たなければならないのか?

こんなくだらんことを考えている議員は辞職しろ。

Unknown (K)
2006-02-25 19:09:46
やはり条文解釈の上ですでに問題があるようです。

この法律ではもともとマーク貼っていいのは「届出業者」つまり製造業と輸入業だけで(第10条)、今までそのように運用されてきています。

だけど今は、条文を間違って解釈したおかげで、販売業者まで「届出業者」と見なして、マークを発行する権利を与えてしまった。

これはマンションの安全評価の資格を不動産屋に与えるようなものです。

もともとは専門性の高いテストなのに、販売業者にまで対象を拡大したおかげで、さらに信頼性が低下してるわけです。だいたい販売業者にそんなテストができると思う方がどうかしてるわけで。スーパーマーケットに食品の特定色素の含有率を調べさせるようなものです。

どう考えても経産省の唱える「安全」というのはデタラメで、PSE法ってのは消費者の安全をおびやかす、とんでもない悪法に変化したと思います。

頑張ってください (マークスミュージック)
2006-02-25 19:18:44
川内先生の行動力に期待しております。

弊店は中古電子楽器、音響機器を多数取り扱っております。4月1日から大打撃を受けることになり、このままでは廃業に追い込まれる可能性をはらんでいます。すでに多くの方のご意見が書き込まれておりますので、今さら申し上げることではないかもしれませんが、一番の問題点は弊店がこの法律の存在を知ってから1ヶ月も経っていないということです。これで周知徹底が行われていたと言われるのなら、あまりにも酷いことです。もちろん、法令は遵守しなければなりませんが、もう少し国民全体のコンセンサスを取った上で法律は施行されるべきではないでしょうか。川内先生の言われるように、あと1ヶ月で法律改正は困難かもしれませんが、せめて猶予期間の延長だけでも近い将来実現されることを祈っております。時間さえあれば、各事業者や消費者もそれを前提に準備ができるはずです。

一個人や一事業者が経済産業省に泣きついても何も改善されません。世論を盛り上げていくことと川内先生のような行動力のある政治家の方に大きな期待を寄せております。頑張ってください。また、私にできることがあれば、ぜひ協力させてください。
周知期間は問題ではないでしょう。 (Unknown)
2006-02-25 19:33:40
周知期間が短すぎるという意見がありますが、こんなデタラメな法律に、いくら周知期間をかけたところで納得できるものではありません。

周知されていれば「はい、そうですか」言えるものではないでしょう。

重要な事柄が抜けているこの法律は、はっきり言って無効です。

それよりも、この期間に運用次第でとんでもないことになる事を見抜けなかった事も問題だと思います。

資産価値 (Unknown)
2006-02-25 19:53:42
ちなみに、昨日近くの税務署に問い合わせしてみましたが、これほど重要と思われる法律について、税務署員の方は法律の存在すらもご存知ありませんでした。また、販売できないにもかかわらず、4月1日以降全額損金処理できるか?との問い合わせには、Noの返事。どうしても損金にするなら、商品を全て壊して廃棄した写真/証明/証憑を添付の上、申告して欲しいとの見解。もちろん店舗の備品にするため等の他勘定振替も可能でしょうが、猶予期間が満了する直前で、税務上の問題もたくさん出てくるはずの法律の存在を税務署が知らないというのはいかがなものでしょうか?
これからどうなるの? (厭世)
2006-02-25 20:21:34
同じ設計・製造過程で製造された電気製品がありました。

何もかもそっくりなのですが、生まれたのが1日違いで

兄はマル〒印、弟はマルPSE印が刻印されています。

兄は健康で働き者です。弟も働き者ですが一度大病を患い無理がききません。

あるとき兄弟は転職を考え、都会に出て面接を受けました。

弟は健康には自信がありますと面接で答えたところ、

一発採用で高給を提示されました。

しかし兄は、詳細な健康診断をされなんの問題も無かったにも

拘らず弟より数段下の給与を提示されました。

さらに、採用に当たってはPSE刻印の整形手術を

強要されましたが、

生活のため兄は整形も低給も飲まざるを得ませんでした。

弟の方は持病がときどき再発しますが、仕事をやめて病気を治すと

病歴を隠して面接に臨みます。

何度転職してもいい待遇で雇用されました。めでたし、めでたし。





疑問:

兄は転職のたびにPSE整形をしなくてはならないのでしょうか?

そうだとしたら、同じマルPSEマークに2種類あるということですか。

一度でOK?

そうだとしたら、兄にPSEマークをつけさせた会社は、

兄が何度転職したとしてもずっと面倒みないといけないのですか。

それで最初の転職のとき不当に低い給与だったのですね。



どう考えても、経産省の法解釈は安全性に寄与するものではなく、

PSEマークの無い機器の資産価値をなんの根拠も無く大きく減少させる

だけのものです。



経産省の経済テロを許すな!!

いまこそ、自衛軍、発動せよ!





 (+)
2006-02-25 20:47:40
このページはポップアップ形式で開くのですが

表示幅が狭くて読みづらいという方は下記をクリックしてください。



http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori/cmt/a7aafc66e04140e3a09104295f013432



上の方で周知徹底以前の問題とされる方がいらっしゃいますが

とりあえずは周知不足の点を徹底的に叩くべきだと思います。

昨日の衆議院審議会で経済産業省の唯一認めた汚点であり最大の汚点です。

ただちに猶予期間の延長がされれば引越し時期に貴重な家電をゴミにされずに済みますし

あとの本質的な問題解決については猶予期間中に民主党の議員さんにやってもらいましょう。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 21:08:34
偏っているかもしれませんが、こちらのサイトが問題点をよく捉えています。

http://www8.atwiki.jp/denkianzen/pages/19.html
PSE法は本末転倒。改正をご理解いただくしか… (memory_stock)
2006-02-25 22:55:21
すごいコメントの数ですね…そこに申し訳ないですけど…

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1140791136/

(悪名高い?けど意外とイイ2chから持ってきちゃいますね)



>436 :朝まで名無しさん :2006/02/25(土) 20:53:12 ID:bklUnwwK

>元々、経産省の法規審査は、3条と27条の文脈的な相違を見いだしてしかるべきだった。

>しかし、法が施行された以上、一義的には立案者である経産省の見解が正統な法規の解釈となる。

>これを、覆すには司法の判断をあおがなければならない。

>それには、相当の期間を要する。その間の被害の拡散は防ぎようが無い。

>

>この点に私は、非常な無力感を感じる。



いろいろ見て勉強?しましたが、解釈・見解なんか関係ない!

刑惨省の方針は、根本からして間違っているのですから、

刑惨省には「ご理解いただくしかない」です。



結局のところ、大議銘文?は「責任の所在を明確にしたかった」に尽きるらしい。

(これ、ものすごく刑惨省の面目を立ててやってるんですよ(笑)



その背景は、国もメーカーも業者も使用者も、誰もが責任を取りたくない。

「お~い誰か何とかしろ~っ!」という責任放棄な精神がコトの発端ですね!



人間は神ではないから、そうして責任を明確にすればするほど失敗者に破綻が集中する。

そもそも罰金というのは、精神的な戒め、教育効果を狙ったものの筈。

そんな教育効果も、他人任せな精神には通用しないので、(正義の蒸発とともに)形骸化し、

いつしか違反者には、法外な罰金で物理的に押さえ込む(叩き潰す)ことを思いつくに至った。



そこから打開するには、面倒なことは他人任せで「お前が責任とれ!」というのではなく、

破綻に向かわない方向を基本とした教育から遣りなおすのが本当の道だと思います。

(今までは、そういう教育を怠ってきたので、無意識なお任せ民主主義が育ってしまった)



本当に大切なことは、責任を明確化(丸投げ)することではなく…

工業用品で云えば、生産者は其の立場を生かしてソリューションや夢、新しい価値を提供し、

消費者は、受益とともに生産者に(利益で)還元する好循環による全体の発展に重きを置く。

偏った責任追及には没頭せず、消費者・生産者・国が一体となって問題解決に当たるべき。

そういう精神を育むことですね!



理想への後押しは、法などの強制ではなく、教育による自主性に任せるべきでしょう。

(むろん教育や環境の危機管理や罰則などは、現時点では外せない要素でしょうが…)



生産者(改変した二次製品を作る人も含む)は、奉仕の心で出来るだけ良品提供を心がけ、

消費者も、間違った使い方が無いよう勤め、感謝の心を持ちつつ知的感性も磨いていけば、

目に余るような失敗も自然と消えてゆくでしょう。



失敗(事故)は、他人叩きのチャンスではなく、全体の受益のチャンスです!



そういう社会を目指していただかないと!>ALL



ってコトで、責任の擦り合いで失敗者を叩き潰す!という

性急かつ本質を捉えず本末転倒な法は止めさせないと始まりません。
Unknown (Unknown)
2006-02-25 22:59:13
お忙しい中、こうしてブログにしっかりコメントしてくださる川内議員に感謝の言葉もありません。ありがとうございます。



民主党、そして川内先生には、音楽CD輸入の件から応援しており、民主党に一票を入れてきています。 JASRACの件でも、今だ奮闘しておられる事は、(コアな)音楽ファンでは、オフ会でも話しにのぼる所です。



けっしてゴマすりしてるのではなく、こうして庶民の声に耳を傾けて下さる議員さんがいる事を嬉しく思っています。



文化は、金もうけしたい官僚や政治家や企業には無縁だろうと思いますが、それが庶民の力にどれほどなっている事か。。。



寒い日が続いていますので、風邪などひかれませぬ様、お体にはお気を付けください。



パスワード!? (電取派)
2006-02-25 23:17:30
現在、経済産業省の電安法関係のHPに行こうとすると

パスワードの入力を求められます。

ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.html



この電安法関係のHPだけでなく、経済産業省のサイト全てが

パスワード入力方式になっているとの情報もありました。



彼らは答弁でなんと言いましたか?

「HPなども含めて『周知徹底を』図る」と言いませんでしたか?

HPの情報を見ることさえ出来ない状態にして、

どうして『周知徹底』など出来るのですか?

国民の目に情報を触れないようにして、

彼らは何をしようとしているのでしょうか?

これ以上デタラメにデタラメを重ねるのも

いい加減にしていただきたいものです。





訂正 (電取派)
2006-02-25 23:18:43
すみません hが抜けていました

ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.html

です
ディーゼル規制という前例 (ディーゼル規制の被害者)
2006-02-25 23:23:27
皆さんも議員も慌てているようですが、正直言ってもう遅いのです。経産省は環境省が主導した改正Nox・PM法という前例で味をしめて今回自らが主導した法律を制定したに過ぎないのです。改正Nox・PM法はわずかな個人が所有するディーゼル乗用車という財産をも国が一方的に使用期限を定めて取り上げるものでした。マスコミすら都知事が実施した商用大型ディーゼル車に対策装置を取り付ける規制ばかり取り上げ国の規制は報道しないで放置するという態度に出ていました。自動車メーカーは使用過程車の救済をせず新車を売りつけるばかり、税務当局はガソリン車の急増でガソリン税と消費税の増額にウハウハ(ガソリンを買うとガソリン税が加算され、その合計額にさらに消費税が加算されるのでガソリン税にも税がかけられる二重課税となる)になった。このことが官僚達には国民の財産権を国が一方的に定められるという前例となり、今回の事態に至ったと考えられます。

もっともわたくしは改正Nox・PM法制定時より将来必ずこのことを踏まえて国民の財産権を侵害法律が制定されると2chでことある度に様々な板で警告しましたがどなたも聞いてくれませんでした。そして、今ごろ騒いでも既に遅いのです。騒ぐなら改正Nox・PM法制定時にするべきだったのです。

改正Nox・PM法とこれを一切報道しなかったマスコミのおかげで平成17年頃からディーラーに継続車検を拒絶されて初めて気が付くという人も出始めていますが中古電化製品に比べても統計上の絶対数が少ないためにあらゆる媒体に無視されています。多数が巻き込まれるときだけしゃしゃり出てくる国会議員も人気取りのためだけで本気に取り組む気が無いのでしょう。
塩川議員 (Unknown)
2006-02-25 23:23:27
正直なところ、共産党の塩川議員についても頼もしく思えました。私個人的な政治志向はともかく、共産党であろうと、民主党であろうと、国民の切実な問題を真剣に取り上げてくれる議員が選挙で選出されるべきです。



2月24日の経済産業委員会での塩川議員の質問に対しての答弁で、経済産業省は(遅ればせながら)今年に入って、警察庁の協力を得て関係団体に連絡をしたということでしたが、私は古物営業法の分類のうち「道具商」で認定を受けており、今回の法律でもっとも関係が高い事業者の一つと思われますが、2月25日現在、警察やその他の関係団体から何の連絡や通達も頂いておりません。それでも、古物業者に対して、時期は遅れながらも真剣に周知徹底を図ったと言えるのでしょうか。 川内先生が経済産業省に質問されるのであれば、2月末現在、まだ何も知らない(連絡を受けていない)古物業者がたくさんいることを問題にしてください。
Unknown (Unknown)
2006-02-26 00:09:06
周知徹底と今更言われてもこれだけ騒ぎになっていてなんの意味があるのでしょうか?

それに経済産業省のHPトップから徹底したと思われる形跡もありません。

電安法のページにたどり着けない人も多数いると思います。

本当に分かりにくいです。

 (のびた)
2006-02-26 00:30:24
委員会で経済産業省は古物業界へ周知徹底すると言っていましが

僕が2日前に経済産業省の窓口に電話したとき

「もっと古物業界へ周知してください」と言ったのに

「できれば貴方が仲間内に広めてください」と言われました。

口コミって事ですか?と訊いたら、「そうです」と言われました。



あきれて物が言えませんでした。
連絡無いです! (古物商)
2006-02-26 01:27:24
警察からは連絡が有りません。

経済産業省は嘘を付いているはずです。

徹底追及を!
Unknown (Unknown)
2006-02-26 02:26:38
2001年以降に脱サラし、小さいながらも夢であった中古オーディオショップを開業しました。

古物商の取得や事業登録を行いましたがPSE法について1度もどこからも説明はありませんでした。

40歳を過ぎてそれなりの借金をし、苦労してできた店は閉店し家族を連れて夜逃げをするしかありません。

経済産業省の「ご理解いただくしかない」というのはザコは死んでくださいということです。

同じような立場の方はたくさんおられると思います。







電気用品安全法を見ると (Unknown)
2006-02-26 02:35:17
「第三条  電気用品の製造又は輸入の事業を行う者は、経済産業省令で定める電気用品の区分に従い、事業開始の日から三十日以内に、次の事項を経済産業大臣に届け出なければならない。」

としており、届出事業者は製造・輸入業者に限られる。

「第八条  届出事業者は、第三条の規定による届出に係る型式(以下単に「届出に係る型式」という。)の電気用品を製造し、又は輸入する場合においては、経済産業省令で定める技術上の基準(以下「技術基準」という。)に適合するようにしなければならない。」

で、製造・輸入業者だけが基準適合を求められる。

「第十条  届出事業者は、その届出に係る型式の電気用品の技術基準に対する適合性について、第八条第二項(特定電気用品の場合にあつては、同項及び前条第一項)の規定による義務を履行したときは、当該電気用品に経済産業省令で定める方式による表示を付することができる。 」

で、製造・輸入業者のみがPSEマークを貼れるとしている。

という流れで見ると

「第二十七条  電気用品の製造、輸入又は販売の事業を行う者は、第十条第一項の表示(PSEマーク)が付されているものでなければ、電気用品を販売し、又は販売の目的で陳列してはならない。 」

と言っているのは、電気用品の製造・輸入業者(届出事業者)のPSEマーク貼りが前提の流れできている以上、「電気用品の製造又は輸入の事業を行う者」の販売行為を指すのであって、当然ここで言う電気用品は”新品”というように解すべきものと思います。

奇怪なり??? (x)
2006-02-26 03:10:23
PSEマークひとつでなぜ流通業者が製造メーカになれるの?無理!無理!

輸入業者がPSEマークをつけるという発想にもぶったまげましたが、古物商までも....

同じ○PSEマークにも3種類あるのですね。

そんなの消費者は分かりません。

それぞれが同じだけの製造責任を取れるわけないのは誰の目にも明らかです。

消費者を混乱させるだけの安全偽装マークはやめてください。



製造責任者をはっきりさせるのが目的なら

○△2種類のPSEマークを用意して、次のようにするのが妥当ではないですか。



国内メーカー:○PSE



輸入品:△PSE (生産国の安全規格にパスしていたら貼ってよしとする。

ただし、対象国の安全規格が日本の安全基準に満たない場合は追試が必要)



中古品:なしで流通可

(中古品にどうしてもPSEマークが必要というなら

もともとの製造メーカーにつけさせるのが本筋というもの。

メーカーがすでになくなっている場合は担当役人に無料奉仕で

検査してもらうかな。(勤務時間内はダメよ!)

検査過程で壊れたら当然検査を行う者(=製造者)が弁償です。

そんなの無理でしょ。だけどこれが一番スッキリ)





法令はどこで閲覧? (電気店主)
2006-02-26 09:00:21
議員の健闘を祈念しています

ところでこの「電気用品安全法」をきっちり読んで勉強しようと思いましたが、「概要」なるものしか経産省のHPからはなかなかたどり着けません。「概要」は「概要」であって法令全体をなかなか閲覧できない仕組みにしておいて、周知徹底云々などは笑止。「概要」に触れてないところにもっと大きな問題があるかもしれないのに。すくなくともこの法令全体を誰もが簡単に閲覧できる仕組みを作るのがイロハのイだと思いますよ。アナログ放送停波を前に今後デジタルチューナー非搭載のAV機器には全てステッカーを貼ろうという総務省の姿勢とは大違いに思います。告知にいくら予算を使ったんでしょう。
期待してます。 (ようさん)
2006-02-26 10:31:48
法案改善に向けて期待してます。

電子立国日本が過去に生み出した数多くの名機、思い出の名機たちを救ってください。

このような法律を許せば、もったいないの気持ちに反します。

この国も長く使える素晴しい製品を生み出してきたのです。

使い捨てを国が奨励してどうするのでしょうか!

孤軍奮闘でも、私達が心から応援してます。
在庫の山を前に (某古物屋)
2006-02-26 13:30:56
脱サラし、念願の中古ショップを開いて数年

になります。ようやく、黒字の取り方が

わかった来たところです。



春の転居・一人暮らしのお客を見越して、

昨年末から大量に仕入れた冷蔵庫・TV・

洗濯機の在庫の山を前に途方に暮れています。



このままでは借金まみれで自己破産一直線

です。

我々家電製品中古業者にとっては、死刑宣告

に等しく、法を遵守し、廃棄品を減らし、

消費者の方には安く品物を供給してきた

我々に、何故このような仕打ちをされるのか

理解出来ません。



どうか頑張って下さい。



え? (経産省)
2006-02-26 14:01:54
経産省の言うように

周知徹底なさったと言うのなら

具体的にどうなさったのか

時期と規模と内容を

具体的に箇条書きした文書を

いただきたいですね。

5年もあったのに、こんな状況とは

無能も良いところ。
周知不足を (電取派)
2006-02-26 14:06:03
自分たちで認める発言をしておいて

それでもなおかつ「4月からやる」「延長しない」

と居直ってるのが今の経産省です



もはや民の声など関係ないようです

自分たちの都合と面子だけしか見えていないのでしょう

これを暴走と言わずしてなんと言いましょう
Unknown (のびた)
2006-02-26 14:06:25
いえいえ。

経済産業省でも古物業界や消費者への周知不足は

認めていますよ。

中古品に関しては今年に入るまで周知していなかったと認める発言を委員会でしています。

もうここを叩くしかないと思います。
経産省って (だとしたら)
2006-02-26 14:08:48
合法ヤクザみたいな物ですね。

国民と行政が敵対しても

国家が弱体化するだけだと思います。

先生に期待です (PSE法反対!)
2006-02-26 14:24:38
官僚の暴走を止められるのは国民に選出された代表である代議士しかいません。

ぜひとも先生に本腰をいれて闘っていただきたいです。たよりにしてます!
東京新聞記事 (のびた)
2006-02-26 14:27:56
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20060226/ftu_____kur_____000.shtml





百五リース(津市)は今春、病院に貸していたテレビと冷蔵庫計八百台の契約期間が終わり、リサイクル業者に売却しようとしたが、今回の規制で不可能に。同社幹部は「販売禁止の 影響は計り知れない。資源の無駄遣いだ」と話す。





日本消費者連盟代表運営委員の富山洋子さんは、法の周知不足を指摘した上で「安全性が保証されている製品が、市場で流通できないのはおかしい」と疑問を投げ掛けている。





リサイクル業者が経産省に「製造事業者」の届け出をし、自主検査して新マークを表示すれ事は安さが魅力の中古品販売であり、経費をかけるのは現実的に難しい」(総合リサイクル店「生活創庫」)という実情がある



------------------------------------------



具体的な被害の報告が載っています。

東京新聞は先月からこの問題を取り上げてくれています。
電気用品安全法の法文参照先 (WA)
2006-02-26 14:39:46
国の法文が閲覧できると思われるURL

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.html

にパスワードが要求されるため、googleで検索したところ、キャッシュに法文らしきものを見つけました。

最新のものだと思うのですが、キャッシュなので古い法文の可能性もあります。



googleキャッシュのURL

>電気用品安全法

>(昭和三十六年十一月十六日法律第二百三十四号)

>最終改正:平成一七年七月二六日法律第八七号

http://www.google.com/search?q=cache:law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.html



法庫(http://www.houko.com/)より、無料部分なのでURLを記載します。(国ではなく私人によりメンテナンス、公開されているようです)

電気用品安全法

http://www.houko.com/00/01/S36/234.HTM



本来、法文そのものは、国は国民誰もがいつでも無料で公開されていてしかるべき物と思います。

#もちろん、別途、解説などの付加価値をつけたものが有料で頒布されていても良いですけど。

Unknown (間違い)
2006-02-26 14:52:26
中古品を含めた経済産業省解釈は完全な間違い!



半月ほど前にJETに電話してW氏から聞いた。「そもそもJETで電気用品安全法の試案を考えた時点では中古品を含めることは全く想定していなかった。しかし、いつの間にか中古品が含まれていて実は驚いている。さらに経済産業省見解の、中古品に電気的加工(ヒユーズ交換など)を施せば、販売業者であっても新たな製造事業者としてPSEマークを貼って販売できることについて、かえって非常に危険になると驚いてもいた。」JETは経済産業省よりずっと専門家である。

中古を含めたので大騒ぎになったので、沈静化すべく抜け道として考えたのだろうが、かえって危険になる。特許庁はそんなことをすれば商標法違反の恐れがあるともいう。とにかくむちゃくちゃである。なお、川内衆議院議員のブログへ、誰かが見事な分析をし、書き込んだ記事を引用させて頂きます。

=========================================

法の矛盾が一つわかりました。 (Unknown)



2006-02-25 13:57:39



2004年12月10日に経産省が公表した「電気用品安全法の概要」です。

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm

(1)製品流通前の措置の項目には、はっきり「電気用品の製造又は輸入の事業を行う者」とありま

す。販売とは書いていません。

「 販売の制限(法第27条)」については、この「製品流通前」ということが前提になっています。

「(2) 製品流通後の措置」として販売業者が行わなければならないのは、「事務所、事業場、店舗

又は倉庫への立ち入り」だけで、製品検査とは一言も書かれていません。

とにかくこの段階で、経産省は販売業者を対象とするつもりがまったくなかったことがわかります。

========================================

これってどうなんでしょう (フランキー)
2006-02-26 14:53:49
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-02-26/2006022601_01_0.html



これってどうなんでしょうか。結局この法律、天下り先を潤すためだけでは?
健闘を願います (taka)
2006-02-26 15:15:07
電気用品安全法。

堀江メール問題よりも、こちらや米国産牛肉や耐震偽造問題の方が

国民の生活の上で重要です。

恥ずかしながら今日放映の某番組で知り、慌ててネット等で調べたのですが、

特に国民(中古業者も含む)の周知の面で大変な問題があると思われます。

わざと目立たないように隠匿したのでは、と勘繰らざるを得ません。

法の趣旨自体は代議士の仰るとおりスジの悪いものではないと思いますが、

実行面では廉価なリサイクル品に頼らざるを得ない人や、

それの売買で生計を立てている中古業者に壊滅的な影響を与える危険が高いと思われます。

もはや政府(役人)と戦えるのは代議士しかいませんので、健闘を願います。

(署名で動くメンタリティーはないですから、彼らは)

そのまま放置すると後に響きそうです。 (電気製品一ユーザー)
2006-02-26 15:26:55
PSE関連記事等で、このHPの存在を知りました。

私もいろいろ意見は言いたいのですが、上のログを見ますと必要な意見はすでに書かれているようですので、論点を先にすすめてみます。



それは「家電製品に機能停止タイマーを仕込む」法律が審議されているという事です。

PSE法は一定以上過去の製品の販売を阻害するわけですが、話題に出した法律は「一定期間で買い替えを強要する」わけですので一般市民に対するダメージは計り知れないものとなるでしょう。

冷蔵庫なら食品が腐り、TVなら受信できなくなります。他にも機能停止で被害が発生する事例はあるでしょう。



PSE法は、間違いなく改正されるべきでしょう。

ただし、それだけに注視しすぎて他の問題の情報が一般の目に触れない事はさけなくてはいけないと考えています。
Unknown (Unknown)
2006-02-26 16:15:03
経産省の某課長補佐は

「古い物を適用除外にすることは公共の安全を守るという観点がある以上出来ない」と言っています。

では何故、パソコンや電話は対象外なのですか?

同じ電源を使用しますヨ。これらが安全だと言える根拠がありますか?

自分たちが言い出したことを何とか正当化しようとして理論的に破綻していることは明らかです。
公共の安全をうたうなら (電取派)
2006-02-26 16:26:54
本来は使用も個人売買も禁止のはずです

それを事業としての販売だけ禁止というのは

全く筋が通っていません

Unknown (1市民)
2006-02-26 17:10:02
川内議員の姿勢に期待しております。

この問題を政争には使わず、党派を超えて他の議員と連携して協議してもらいたいです。

Unknown (のびた)
2006-02-26 17:15:42
>takaさん



今日ご覧になった番組はTBSの噂の東京マガジンですか?

今までもNHKなど夕方のニュースやSPA(週刊誌)などで数回

取り上げられましたがいずれも小規模な報道でした。

今日のように殆ど全国ネットの番組で長時間報道されたのは初めてです。



番組中に音楽家が楽器と炊飯器を一緒に括られると困るなどと言っていましたが

僕ら普通の消費者にとっては炊飯器もとても大事です。

単身赴任や引越しでリサイクルショップで白物家電を買うのは今や貧乏人だけではありません。

あの音楽家の発言だけはちょっと誤解を招くと思います。
告知したって言われてもねぇ・・・ (Unknown)
2006-02-26 17:42:15
経済産業省の言い分では官報に載せ告知したとしていますが、たかだか約5万部発行の官報で、500万以上ある日本の企業全てに告知できたと言えるのでしょうか?

実際は新聞やテレビなどで、最近知った企業(特に中小企業)が多いです。

PSE法の影響はリサイクル業者や中古楽器店だけでなく、中小企業が多い製造業に使われる製造生産用の工業機器もPSE法によって資産価値が0になってしまう恐れもあります。

機器を担保に銀行から融資を受けている場合、PSE法によって機器の価値が無くなってしまい、急な取立てなど、中小企業に悪影響を与えかねません。皇室やらメールやらを議論するのも結構ですが、国民に直接関わるPSE法も活発に議論して頂きたいものです。
Unknown (Unknown)
2006-02-26 20:13:19
書き込みの中に、経済産業省の人間の解釈の誤解から引っ込みが付かなくなったとありますが、本当の事ならとんでもありません。

それに、中古品も規制対象になるという事が初めから明確なら、5年前から関係者等から騒ぎが起こっていてもおかしくありません。どう考えても、後から辻褄を合わせているのではないでしょうか? 
告知について (リサイクル屋)
2006-02-26 20:19:12
はじめまして。わたしは福島県でリサイクルショップを営んでいる者です。どちらかといえば普通の家電製品を扱うリサイクルショップというよりは機械、道具、などをあつかう道具屋といった感じです。2月24日の経済産業委員会での塩川議員の質問に対しての答弁で、経済産業省は(遅ればせながら)今年に入って、警察庁の協力を得て関係団体に連絡をしたということでしたが、私は手紙も電話すら全くいただいておりません。私を始め、私の知り合いの何十社のリサイクル業、産業機械の中古屋さん,ミシン屋さん、工具の中古屋さん、どなたも連絡などいただいておりません。(福島県だけではありません。東京都、山形県、秋田県、宮城県、茨城県、埼玉県、神奈川県、千葉県、など広範囲になります。)経済産業省の言っている警察庁の協力を得て関係団体に連絡をしたということは全くのウソ、デタラメ、です。本当に告知したというのなら証拠をみせてほしいです。
販売の禁止は「製品流通前」のみ (Unknown)
2006-02-26 20:50:30
何度か出ていますが、2002年?の電気用品安全法の概要がここにあり

http://web.archive.org/web/20040106102328/www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm

さらに、2004年の電気用品安全法の概要がここにあり、

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm

いずれも、販売の制限は「製品流通前の措置」と言明しています。これが動かぬ証拠です。

したがって、製品流通後の販売の制限をかけることは裁量権の濫用であって違法行為に等しいです。

中古が適用外であるばかりか、修理もこの法律の適用外で

これは新品のみに対する規制であることはもはや明らかです。



適用範囲の確認の訴訟(失念)で、施行がストップするのではなかったでしょうか。

私は消費者ですので、原告にはなれませんが。
Unknown (taka)
2006-02-26 22:37:20
>のびたさん

>今日ご覧になった番組はTBSの噂の東京マガジンですか?



実は外出先から戻り、TVを付けたら偶然やっていただけの話。



古物商関連で告知の問題がる事は間違いないですが、その他にも多くの問題や矛盾があります。ここのコメントの中にも多くの情報があり、それを頼りに自分なりに整理しているところです。



この問題は政争の具として使うのではなく、本当は超党派でやって欲しい問題です。

現時点においては、これから目指そうとする循環型の社会と矛盾する悪法と考えていいと思います。



(1)ビンテージ物のアンプについての法適用について

そもそも同等の能力を持つ新品に対して遥かに高い相場価格がある骨董品的なものであり、生活家電と同じ法に当て嵌める事自体無理と思います(元YMOスタッフの言い分も少し理解できます)。

奈良京都の建築物に対し、建築基準法を当て嵌めて解体命令を出すようなものではないでしょうか?



(2)業者に対する影響について

当然ながら古物商は直接的な影響を受けるわけですが、製造業も規制対象となる機械を担保にして融資を受けている場合が考えられ、担保価値が無くなれば恐らく早急な借金返済を迫られるのかと思います。

電気用品安全法の施行が、経産省主導の平成の自殺ラッシュに拍車を掛ける事のないように祈るのみです。



(3)猶予期間の5年は適切だったか

対象の品目について、3、5、7年と幅があるようです。

物によりますが、大事に使えば結構長く持ちます。結論から言えば猶予期間5年は短く、経産省の見通しが甘い事になります。

当然の事ながら、メーカー保障期間と製品寿命はイコールではありません。



(4)地上波デジタル放送開始によるアナログ受像機の廃止との類似性について

ある日時をもって使用(取引)不可となる点においては類似していますが、関係者(放送業界のみならず視聴者も含む)への告知期間と頻度は十分あったと思われます。関係者は相応の準備はしていますので、施行4ヶ月前に関係省庁へ通知した今回の問題と同列ではありません。



(5)新規製品に時限装置が搭載されようとする事について

出来るだけ長期間持つような使い方を心がけている自分には、甚だ迷惑です。

時限装置の誤作動により多くの損害が発生した場合、責任は誰にあるのでしょうか?



(6)ネットオークションでの売買の監視を強化する事について

近年のテロ対策で国民をできるだけ監視したい意図があるのでしょうか。

無理に新しい仕事を作らないで、本来やるべき仕事をやって欲しいものです。



経済産業省と厚生労働省(今回の件とは関係ありませんが)は、国民の方を向いてしっかり仕事をして欲しいと思います。
Unknown (Unknown)
2006-02-26 22:41:45
これほど明確な証拠がある以上、解釈の誤りは間違いありませんが、あちらも引っ込みが付かないでしょうから、あちらのメンツも立てて、かつ、中古や修理の除外を言わしめる落しどころを模索しましょう。
Unknown (Unknown)
2006-02-26 23:09:38
とにかく今は川内議員が頼りです。

この悪法を潰してください!
大切にしたい (Unknown)
2006-02-26 23:31:38
電化製品だけではありませんが製品は何のために生まれて(製造)くるのでしょう?

人々の生活を助けるため、幸せをあたえる為に生まれてくるものではないのでしょうか?

人それぞれ思い入れのある製品を時には掃除して磨いたり、写真を撮ってみたり大切に大切に愛情を込めて使用している方は多いと思います。

時にはその大切な製品をどうしても手放さなくてはならないことがあります。

そんな時持ち主は次に大切に使ってもらえる方に譲りたいという気持ちがあり中古市場があるわけでPSE表示があるかないかだけで処分してしまわなくてはならないというのは世界的にも恥ずかしい法律ではないでしょうか?

中古製品を販売する事業者の方は看板がありますしそれなりに自信をもって安全かを確認し販売していることと思います。

これだけたくさんの人が矛盾を感じているのに声は届かないのでしょうか?

[決まったから]と一言で終わることは許せません。

法律の内容を全てを理解し、良いか悪いか判断が出来ない方もこのような場所へ書き込みしたいがうまく表現できないという方もおられるかと思いますが物を大切にしたいという気持ちは誰にも絶対あるはずです。

人として基本的なところで間違っているのではないでしょうか?



人の為だけではなく、物の為や環境の為も含めてその気持ちは届かないのでしょうか?









無力 (品川区民)
2006-02-26 23:42:40
政治とは誰のためにあるのでしょう?

なぜ国民は選挙権が与えられているのでしょう?



国民とはいかに無力であるか。

今回身をもって感じました。



今後の踏ん張りに期待しています。

私たちには、誰も味方が居ないのです。
絶対反対!! (高野)
2006-02-26 23:55:28
経済産業省の答弁最悪です。

神奈川県で中古家電中心に販売しています。

この法律により廃業を考えています。

在庫がゴミになるわ、処分代も出ない状況です。

借金が増えて倒産する前に何とかお願いします。



不法投棄増加? (リサイクル店)
2006-02-27 00:14:10
昔だったら隣近所との付き合いも、もっと

濃かったでしょうが、今では、隣りの家の中

なんて知ってる方が変なくらいです。

そんな時代においては、不用な物、欲しいものが、隣近所でスムーズに交換されるってのも難しい事。そこでワンクッションおくことができるリサイクル屋の存在が認められたのだと思います。地域における、もう一つの物流をになう中継地点です。

リサイクル業が利潤を上げていかなければ

環境問題、資源保護問題も前進しません。
現場を見てください (Unknown)
2006-02-27 00:28:34
たかだか数人のキャリア官僚のプライドと、

中古流通禁止による膨大な経済的・文化的な損失の

どちらがより重要かは誰にも明らかです。

中古オーディオ販売を業としている隣人は、

突如として奈落の底に突き落とされました。

禁酒法に見るように、合理性のない法令は、

社会を荒廃させます。

モラルを欠く官僚が運営する国への信頼は、

完全に失われるでしょう。

どうか新聞で取り上げられた店を訪ねられ、

建前論でない現実の声を聞いてください。

よろしくお願いします。

役に立つかは判りませんが、 (kuniomit)
2006-02-27 00:45:22
国民経済にたいして、大きなマイナスが出る可能性がある。と、訴えるのは如何でしょうか?



総理は、経済性を意識しているようですから、その終い仕事で、税収を落ち込ませ、破産者を増やすのが確実なら、任期を汚すことになり、大問題となるでしょう。

資料は持っていませんが、書き込みを読んでいるとその可能性を強く感じます。





役人の立場は、どうなのか。人事異動で先の担当が決めたことで、自分は巻き込まれただけ、というのでは、あまりに組織としての引継が情けない。

それを首を切って見せしめにするだけでは、事勿れ主義を増やすのみで、更に情けない。

これらのブログを全て読ませて、多くの方の生活を路頭に立たせよう(立たせている)としたことを、深く感じて、反省していただきたい。



とりあえず、再度、この法律を中古市場も踏まえて、再検討するのが、必要と感じます。



今、経済産業省の機構図をみてます(http://www.meti.go.jp/intro/data/a210001j.html)が、不思議なのは、組織下に、中小企業庁や特許庁もいながら、融資関係での中古物件の担保額や、PSEマークの取り扱いなどを勘案したのでしょうか?本当に内部での摺り合わせが出来ているのでしょうか?地方支分部局と外局・付属機関は打ち合わせているのですか?大臣責任は求められると思います。





すでに動かれていると思いますが、なにか役に立てるならお伝えください。この流れは身近な人に伝えています。どうか、今回の一件で、政治家の力を信じさせてください。
私の夢 (Unknown)
2006-02-27 01:08:16
私は音楽を演奏する側の者です。

PSE法自体はつい最近知りました。

こんな重要な法律を通過させる、立法の責任や如何に。

メディアもこの事については何の理由からか殆ど触れていません。

私は、将来ビンテージの機材を揃えて音を作るのを夢としていました。

キチンとメンテナンスされたビンテージ機材は新品よりも

長く愛用できるものです。

昔の製品は今の「ソ○ー・タイマー」に代表されるような

商品購入のサイクルをあげる事を目的とはしていないから

長持ちするのです。

業界からの要望が強いのか何なのかわかりませんが

この問題はスルーさせてはならないと感じております。

皆さんも声を大にしていきましょう。
Unknown (Unknown)
2006-02-27 02:24:47
いつから官僚の解釈で法律が決められるようになったんでしょうか。



省庁の解釈で法律が変わるなら、三権分立の仕組みそのものが崩壊しているとしか思えません。



今回の問題では、今まで政治などに関心の無かった若い世代も注目しているはずです。

このままでは、若い世代に行政への不信感を持つなという方が無理です。



お忙しい中、大変かとは思いますが、どうか国民の為に頑張ってください。
期待しています (FX)
2006-02-27 02:25:56
述べたいことは皆さん書かれているとおりだと思いますので書きません。

いつもは「政治家なんて皆同じ」と何も期待していません。だけど今回は川内さんに期待しています。

この法がほとんど周知が無いうちに進んだのが一番恐いです。

どうか我々の力になって下さい!

是非お願いします。 (pl)
2006-02-27 02:28:24
まともな国会議院が居るのが分かって驚きとともにちょっとうれしいです。

とにかく中古品が対象になるという法解釈がおかしいと思います。むちゃくちゃです。

そのうち手放して差額で別のを買おうと思っていたウチの機材(ぜんぜんビンテージじゃない)等々が年始に調べたときは20万以上くらいの値打ちがあったのにいきなり0円になってしまいました。

これらを使いたい人は絶対いるのにもったいないけど、あるだけ邪魔なので不法投棄してしまいそうです。

共産党のページには「民間」検査機関への天下りのことが書いてありました。正直これほどまでに役人に対して頭に来たことはなかったです。

日本がヤバいと思います。是非追求のほう、お願いいたします。
Unknown (Unknown)
2006-02-27 02:52:54
のびたさん

>番組中に音楽家が楽器と炊飯器を一緒に括られると困るなどと言っていましたが

僕ら普通の消費者にとっては炊飯器もとても大事です。



噂の東京マガジンでの松武さんの発言ですが、誤解を招くような表現だったかもしれないので一応弁解しておきます。

テレビに映っていたシンセサイザーは数十年前のもので、価格も半端じゃない楽器です。

電気楽器は、現在の環境では過去と全く同じものは作れないのです。

だから、音楽家は機材にこだわっていて、別に古いとか新しいではなく、耳で聞いて良いと感じたものを大切にしています。

それがたまたま古い機材だったなら、他に代用できる機材が無いので、その価値も上がっていくのです。

炊飯器も生活の必需品ですが、代わりの品が何処にでもあるという意味での「炊飯器と一緒にしないで」という発言です。
期待しています (Unknown)
2006-02-27 03:54:16
失われるものは目に見える財産だけではありません。

その時代その時にしかないものがあり、そういったものが失われようとしていることは残念に思います。

失われるものは歴史で、経済産業省が得るものはなんなのでしょうか?国民がこんなに無力だと感じたことはありません。

Unknown (某古物屋)
2006-02-27 04:02:43
市内の同業者と会合を持ち、

違憲立法審査や、

財産権の侵害、

場合によっては生存権の侵害で訴訟を

起こせないかと会談中です。

みんなで費用を出し合って、現在、弁護士会に相談し、共同でお願いしようと思っています。



真面目に働いてきた人間の首をくくらせて、

自分たちの天下りのみを考えている

そんなことは許せません。



先生も、是非頑張って下さい。

利権政治業者に、

正しい政治の道を見せてやって下さい。
勉強中です (中古愛好家)
2006-02-27 04:12:13
休日は休みなのか総務省の法令データ提供システム(low.e-gov.go.jp)に

接続できませんでしたので経産省の電案法の概要(2004.12.10)を読み返しました。

義務教育まではまじめに受けた学力では、次のように読み取れます。

2(1)マル2によると流通前の措置のひとつとして、

届出しなければならない事業者は製造または輸入を行う事業者である。

(ここでは「販売の事業を行うもの」との記述は意図的にされていないと

 読み取れます。)

2(1)マル5によると【書きにくいので機種依存文字は

    HPでは控えてほしい。とはいえ、この頃は誰も気にしてないかも】

流通前の措置のひとつとして、製造、輸入または販売を事業とする者は

PSEマーク等の表示の無い製品を販売してはならない。

2(1)マル4によると2(1)マル2の届出業者のみが

基準に合格した製品にPSEマークをつけることができる。



以上を読むと、製品流通前の措置の説明としてここで記述されている

販売の事業を行うものとは、製造元/販売元の販売元と

解釈するのが常識的と考えます。

(先生に教えられたとおり、行間を読んだつもりです)

そして販売を事業とするだけではマル2の事業届出は必要ないということです。



-----

届出ができるのは製造と輸入を事業とするものであると記述してないのが

経産省のえらいところですね。

販売の事業を行うものも届出できるものとして、

2(1)マル5の販売を事業とするものを小売店まで含めるというのが

現在の行政府の法解釈なのですね。

義務教育ではここまでの読解力は授かりません。感服です。



しかしながら、

流通業者に既製品の自主検査を任せてPSEマークをつけさせるなど

消費者として到底許せません。

(詐欺・詐称? 少なくとも道義的には問題)

だって、設計やプロトタイプ試験を行った真の製造元と

みなしの届出事業者を同等に信用できますか?

PSEマーク自体のの信用問題です。



輸入事業者に同じマークを貼らせるのもどうかと思いますけど、UL、CEマークを確かめてから買えばOKです。



日本では電気製品のブラックマーケットがあるんだってねぇ。

と、ジョークのネタにならないことを祈ります。





以下余談ですが、

設計・製造と保守・修理は全く別ものです。

今の経産省の運用では保守(予防保守含む)・修理も

製造の事業になってしまうのですか?

そうなら、これも大問題です。

一般家電の修理がメーカでないとできない不自由な国なんてまっぴらです。

メーカによっては修理体制に雲泥の差があるのです。

国家資格を設けて、資格者にはメーカの保守マニュアルを

閲覧できるよう法整備を検討してください。

....そこまではムリ?...でしょうね。





議員のご検討を祈ります。
Unknown (中古愛好家)
2006-02-27 04:22:30
失礼しました。

こちらの希望が誤字に表れてしまったようです。



改めまして、

議員のご健闘を祈ります。
谷みどり氏の講演会 (Unknown)
2006-02-27 08:16:36
谷みどり氏並びに横井勲氏による時局講演会開催のご案内



輸入品を含めた危険な製品による事故の防止・対応や、商品を偽って売りつける悪質商法等

について、製品安全関連の法令の執行や通信販売の規制等を通じて消費者が安心して買える

市場の環境整備に努力されている経済産業省谷部長の講演を予定しております。



尚、準備の関係上、誠に恐縮ですが、2月23日(木)までに添付参加申込書にて

お申込みくださいますようお願い申し上げます。



申込書:http://www.osaka.cci.or.jp/b/kouen060301.pdf

(FAXでOK)



平成18年3月1日(水) 14:00~18:30

場所大阪産業創造館大阪市中央区本町1-4-5 電話(06)6264-9800(代)

プログラム講演会(4階イベントホール)

(1)14:00~15:00 経済産業省消費経済部長谷みどり氏

演題: 「消費者の信頼で築く繁栄」



参加費講演会・・・無料交流会・・・3,000 円(当日、受付にて頂戴いたします)



交流会(16階レストラン) ※会場の都合上、先着50名とさせていただきます。

16:40~18:30 谷部長を囲んで



Unknown (たかまさ)
2006-02-27 08:21:39
私は民主党支持者ではありませんが、本件に真剣に取り組んでいる川内議員を支持します。



党内が混乱の極みにある中、大変だとは思いますが電気用品安全法の危険さ・横暴さについて厳しい追及を期待しております。
頑張ってください! (一消費者)
2006-02-27 16:33:49
先生のブログを拝見させていただき、誠に感動致しました。



リサイクル・リユース文化は日本の宝と考えます。大量生産・大量消費とそのしっぺ返しを潜り抜けてきたからこそ語れる文化だと思います。誰かさんの言う「もったいない」の精神は、こういう部分にこそ現れているのだと思います。

先日も水銀が如何にずさんに投棄され、海洋に流出しているかをテレビ番組で見ました。電気製品で水銀を使用していないものは無いそうです。リサイクル・リユースが難しくなれば、自ずと電化製品は大量廃棄されることになると思います。そしてより海洋汚染が進みます。それを人間がリサイクルの輪によって食い止められるのは、とても素晴らしいことだと思います。

先生にはぜひ、こうした市民の声を国政に届けていただければと、一有権者として切に願っております。お体に気をつけて頑張ってください!
私もPSE法には反対です。 (天津風)
2006-03-14 05:43:16
まったくの個人的意見なのですが、

中古販売への適用は施行直前の拡大解釈、

しいて言えば改ざんにも相当すると思います。

(中古販売を含めなければ、むしろ無いよりは良い法律施行だったとも思います。)



かかる拡大解釈を突然にして国民に大きな混乱を招き、

施行を当然として過去の名品を廃棄物と化すのは、

(名品にはデジタルシンセサイザーDX7など、メイド・イン・ジャパンの金字塔も含まれます)

「ものづくり日本」の面体をいたく損ねるものと存じます。



したがって、このような重大過失を招いた公務員には

当然のように国民固有の権利たる罷免さえも考慮に入れて然りと思われます。(憲法第15条・16条)



しかし、憲法に保障されていながらも、省庁の官僚公務員の罷免においては法律が(いまだに)なんら規定されておりません。

PSE法のごとき杜撰な拡大解釈を、安易に招く要因となっているかと存じます。



責任をどなたかに追求したいというのではありません。

このような混乱を二度と生じない歯止めも必要だと、考えています。



末筆ながら、ますますのご活躍を期待しております。

がんばってください!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
PSE法(電気用品安全法)について(その4) (モータースポーツ雑談ブログ)
民主党の川内博史衆議院議員のサイト更新。どうやらPSE法問題に取り組んでくれそうな雰囲気です。川内議員はCD輸入権問題のときもいろいろ活動していた方なので、期待が出来そうな気がします。 これでPSE法の問題点に民主党の他の議員も気付いてくれれば何より…ついでに自民
今日のPSE問題(2/24) (三河屋の開店休業中。)
昨日の記事で紹介した、川内博史議員のブログが更新されている。これまでに受け取ったコメントを参考に論点を整理し、質問主意書を提出したいとのこと。
「ビンテージ」が使えなくなる!(坂本龍一さん他が中古電気製品... (ヒット曲が世界を変える)
 音楽で生計を立てようと思うならばもちろん、音楽を楽しむためには、電気製品が不可欠です。必要な製品も個人個人で異なります。  お金に余裕がない人は中古品を探してできるだけいい音を得ようとし、オーディオが趣味の人は古くても味わいのある「名器」を揃えよう...
やっぱり多いよ。電気用品安全法のアタシ的問題点 (ふっかつ!れしのお探しモノげっき)
朝のエントリーの続きというか追記。今日はもうこれ1本でいく。 昨日、川内議員のブログ電気用品安全法についてを読んで あと、やはりこの方がでてきてくれてアタシ的にはこゝろ強い味方と思ってる高橋健太郎さんのblogのowner\'s log 川内博史議員のBLOGの内容をふ...
電気用品安全法でPSEなアレ、経済産業委員会でQ&Aだから議員にメル凸 (趣味の問題2)
…… 昨日共産党の塩川議員が衆議院の経済産業委員会で質問に立った模様が要約されている。やっと国会まで行ったよ! ……
電気用品安全法って知ってたか? (猫造@専業ネオニートへの道(笑))
今月入ってから色々なところで言われているが、 俺も、今月頭にニュースで知って今悩んでいる。 2001年に施行されたそうだが 2001年って、俺が古物業界に弟子入りした年だぞ。 で、2005年に店閉めるまで、そんなこと誰からもきかされてなかった。 要するに、「昔...
PSE (さっくす徒然草)
経済産業省官僚が勤務時間に個人で契約しているプロバイダーのblogを更新しblogがPSE法で炎上した途端閉鎖された。国民の怒りの矛先が向いた途端に背を向けるなんてこの国の官僚共の考えを表している行動
For Saving The Music ~僕らの場所 この手でつかむまで~ (GREEN DAYS ~緑の日々~)
電気用品安全法(PSE法)というものが、この4月に施行されます。 電気製品に安全確認マーク「PSEマーク」を付けて製造・販売を義務付けるものです。 そして、2006年4月以降からは「PSEマーク」の表示がない製品の販売は、通常の流通ルートにのせられなくなります。 安.
電気用品安全法(PSE法)に垣間見えるのは、利権の闇構造か? (大村雅朗Fanサイト管理人の音楽随想記(goo版))
PSEマーク左が「特定電気用品」用、右がそれ以外の電気用品用です。但し、モディファイしてありますので実際のものとは違います。ご注意下さい。 今回は、今音楽ファンを中心に大問題となっています、「電気用品安全法(PSE法)」に関して思った事を綴ってみます。 最初
もう地下に潜るのかね (鶴岡法斎の『放浪都市』)
家電用品のPSEマーク、ネットオークションも経産省が監視 (INTERNET Watch) - goo ニュース あれだよ。いろんなミュージシャンとかゲームコレクターとかベータのビデオデッキ持っている人らが地下マーケット作るの。摘発されたりして。 それはともかく、これからミクシイと
夢と安全は比べちゃいけない・・・ (Studio Light Blue)
いろいろと調べていくと、いろいろ見えてくるもんですね・・・ ただ、やはりPSEの影響は大きいようで、そこらじゅうで火が付いていく様子を見ていると、真剣に向かい合っていこうとする力強さを感じる今日この頃・・・ そんな中、たちばな☆さんのVisions & Dreamsで
音楽が壊される法律… (TUNEDRIVER~偉人録~)
皆さんは電気用品安全法(PSE法)と言うものをご存知だろうか…。 この法律はPSEマークの無い中古家電の販売を禁止すると言う法律なのだが、これには家電製品を始め電気楽器、電子
【PSE法】音楽関係者、愛好家にとって憂慮すべき法律が施行間近 (LINDEN日記)
最近主にネット上で騒がれている「電気用品安全法」(PSE法)、これは特に音楽関係者にとって大変な悪法です。私もつい最近知りました。楽器はもちろんのこと、スピーカー、マイク、アンプなど音響機器は古いものほど、音楽的にもいいものが多いことは言うまでもありませ.
電気安全法・続き (etc)
先週にも書いたが動きがあったので続き。 ・川内議員期待しています。 川内博史衆議
次の選挙は「電気用品安全法」(PSE法)問題への対応次第で誰に投票するか決めます・・・系宣言!電気用品安全法に関する対応を、次回国政 (片言集(中川一郎):時々刻々、今が瞬)
電気用品安全法(PSE法)が改正され、その猶予期間が終わり、4月1日より本格適用されようとしています。このことによって、中古楽器、オーディオ機器等の売買が実質的に阻害されようとしています。 この影響は、これまで充分に説明されつくり、納得感が国民の間に充分に形成さ
TBSさんの番組 (言葉と色のパワー ブログ版)
 TBSさんのうわさの東京マガジンという番組で、電気用品安全法のことが取り上げられていました。  「売るものがなくなってしまう」と嘆くリサイクル店の方。ミュージシャンを目指す
突然、コメントが殺到!@民主党川内博史議員      「正々堂々blog」 (雑誌ライターが綴る、ブログ日記!)
 「ネット上で話題になり、坂本龍一さん達が、レコード輸入権の時のように運動を始めていらっしゃる電気用品安全法に関して、担当の課長さんからレクチャーを受けました」   ーー2月22日、民主党の川内博史議員「正々堂々