正々堂々blog

衆議院議員川内博史の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私的録音録画補償金制度

2005年06月14日 | Weblog
JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)の関係の方と、私的録音録画補償金制度のことについて意見交換しました。

著作権法1条の目的である、文化の発展に寄与する為に著作権が権利者に付与されていることに照らせば、私的録音録画補償金制度は制度自体に大きな問題があり、デジタル技術の発展によって、この制度は「都度+個別+直接」の本来著作権法が予定しているビジネスモデルに変えていくことが、必要なのでは、ということで意見が一致しました。

今後、法制問題小委員会の議論をしっかりとウォッチし、またエンタメ議連でもJEITAの関係の方に来ていただいて勉強会を重ねていきたいと思います。
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒豚サイコー!! | トップ | 参考人質疑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
川内議員がJEITAと私的録音録画補償金制度問題で意見交換 (Where is a limit?)
 川内議員の正々堂々blog経由私的録音録画補償金制度と言う記事が掲載されています。気になる部分を引用させて戴くと 著作権法1条の目的である、文化の発展に寄与する為に著作権が権利者に付与されていることに照らせば、私的録音録画補償金制度は制度自体に大きな問題があ.
『私的録音録画補償金』が返ってくる!? (「九紫火星」製作委員会)
◆私的録音録画補償金、初の返還決定 DVD-R4枚8円 >創設以来13年間、ほとんど知られていない返還金制度が初めて機能することになった。著作権者を守るため、デジタル録音・録画機材の購入時に徴収している補償金を、個人の創作だけに使って著作権を侵害しな
誰のための音楽? (www.qu-up.com 徒然なるblog)
私的録音・録画保証金制度では誰も幸せになれない from ITmediaライフ...
私的録音録画補償金制度と国会議員 (Library)
昨日は政令指定機器拡大賛成派の議員の発言を紹介しましたが、本日は拡大に反対する議