素人の写コーナー

鉄道車両・航空機・風景等を写真に収めて楽しんでいます。

大雄山鉄道飯田岡

2016-12-07 17:05:50 | 鉄道車両

 伊豆箱根鉄道大雄山線、小田原~大雄山間単線12駅 9.6キロのローカル線ですが、昼間でも12分間隔で運行。上り下りを合わせると飽きずにやって来ます。だが車輌は5000系一車種で物足りない感があります。

飯田岡駅近くの土手から、今は花も無い殺風景な時期です。

 リバイバルカラーの車輌も5000系。

 H 28/ 11/ 29 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーブした坂を登るが | トップ | 大雄山線塚原にて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大雄山線 (佐倉)
2016-12-07 18:35:22
 現役の頃、沿線の親会社に行くのに随分良く乗りましたが、写真を撮りに行ったのは2~3回でした。
 リバイバルカラーの電車が走っているのは知りませんでした。
 沿線は随分宅地化されたようですね。
大雄山線リバイバルカラー車 (semitaro)
2016-12-07 19:15:22
私は、飯田岡下車で小田原フラワーガーデン、大雄山下車で最乗寺と、よく写真を撮りに行きます。かわとんぼさんの今回の記事で、リバイバルカラーの車輌が今見られることを知りました。早速行ってみます。
この鉄道はのんびりしているところが好きです。
佐倉さんへ (かわとんぼ)
2016-12-07 21:55:51
大雄山線には大きな企業がありますね。
以前に五百羅漢へは行きましたが昔の事は判りません。おそらく住宅が少なかったことは推測できます。
リバイバルカラーは一編成のようです。
semitaroさんへ (かわとんぼ)
2016-12-07 22:07:20
フラワーガーデンは飯田岡駅からでしたか⁉
大雄山駅まで行きましたが最乗寺へは時間が取れませんでした。
リバイバルカラーは一編成のみと思われます。運行に入っていれば短時間で往復するので出会えますね。

コメントを投稿

鉄道車両」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。