カワトン吹部 部誌

川越東高等学校吹奏楽部の部誌です♪コメントなどドシドシお願いします!!

甲子園への道

2017年07月14日 | 部誌
今日は埼玉市民文化センターにてホール練習。
県大会の会場となるここは、その広さも凄い。
私達一年生はその光景を見学しただけですが、色々と学ぶことが多かった一日でした。

さて、各地で夏の風物詩である甲子園を目指す予選大会が始まり、埼玉県大会も先日始まりました。
川越東高校野球部も、11日に初戦を迎え、無事勝利し16日の三回戦に駒を進めました。
ということで、今日は高校野球における吹奏楽について。

記憶に新しいところでは、昨年の夏甲子園二回戦、東邦高校vs八戸学院光星高校での大逆転でしょうか。
同試合では、東邦は9回表を終えて4点差をつけられてました。
そして最終9回裏、東邦の攻撃に先んじて吹奏楽部による"戦闘開始"が流れ、そこから迫力満点の演奏を行った結果、球場の観客ほぼ全員が応援に乗っていった結果、まさかの4点差をはねのけての大逆転勝利となりました。
この時投げていた八戸学院光星のピッチャーは「球場全体が敵なんだ――」と。

同じような"応援による奇跡"と言えば、智弁和歌山高校の代名詞といえる"ジョックロック"でしょうか。
この曲は"魔曲"と呼ばれており、敗けてる時にこの曲が流れると不思議なことに逆転へと導く、という嘘のような曲なのです。
その実績は凄まじく……一つには絞れないほど数が多いというのもこの曲の怖さです。
そのジョックロックを生み出すのは勿論吹奏楽部です。

と、高校野球での吹奏楽について調べてみました。
こんな奇跡を起こしてほしいなぁなんてことを思いますが、こんな状況起きたらそれまでは敗けてるということ……胃が痛くなる……

ということで、今日はオールスターだったなぁなんてことを思い出した金曜担当のジョイでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 織姫と彦星 | トップ | 行き当たりばったり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL