gooブログはじめました!

日本人の知的能力を増進するための提案をするブログです。

NHK 朝ドラ べっぴんさん 30話

2016-11-05 23:08:18 | 文化


>土埃が舞う中で、五十八父の演説がはじまった。
>親分のやっていることは、ニッポンの未来にはならない!

同感です。親分政治は、恣意の政治です。それは非民主的で、我が国の進むべき道ではありません。

>親分の闇市での仕切り方が違う!モノ申す。ニッポンの未来にはならない。

同感です。未来が何であるのかを答えること日本人には、難しい。未来とは、未来時制の文章内容のことなのです。脳裏に未来構文があれば、その内容を考えるのはごく自然なこと。相手に、その内容を求めることもごく自然なこと。だが、構文が存在しなければ、内容は雲をつかむようなものになります。

>未来とはなにか?

文法的に考えて、日本人には過去もなければ未来もない。だから、未来の内容を提示するのは難しい。いつもナウな感じでいる。
未来の答えを出すのには、未来時制の文章内容が必要です。だが、日本人には、それができない。その理由は、日本語には時制がないからであります。

>未来は自分から作るもの。それには手と手を取り合うことが大事だと。

同感です。未来社会の建設には、民が手と手をとりあうこと (協力) が必要です。だが、日本人には未来の内容を作るのは難しい。日本人の未来はできるものであって、自ら作るものではない。未来に関する内容は、未来時制の文章内容で表現しなければならない。だが、日本語文法には時制というものがない。団結すべき未来の内容 (大同) を提示することが難しいから、小異 (現在) を捨てて、大同 (未来) につく事も難しい。烏合の衆か。

>今、必要なのは安全!闇市の健全な発展のためには、女が堂々と来られるようにしなければいけない。

同感です。未来社会には安全が必要です。だが、我々は、その未来社会の内容を語ることができないので、積極的に求めることはできません。なるのを待つのか。

>闇市改善案を提供し、今を生きる自分たち、その次の世代へと繋げるための大切さを説く。

同感です。民主的な政治が必要ですね。改善しなければならない。だが、日本人には、未来社会の内容を語ることか難しいので、一人ひとりがバラバラでいる。未来構文が脳裏に存在しないからであります。その次の世代へと繋げるためには、そのはっきりした内容が必要であります。

>未来をつくるのは、今を生きる自分たちから。

同感です。われわれには自主性が必要ですね。意思のあるところに方法がある。(Where there ‘s a will, there’s a way.) ところが、日本人には意思がない。意思は未来時制の文章内容であるが、日本語文法には時制がなく、日本人には意思がない。だから、いくら力んでみても意思が明らかにならず、無駄骨になることが多い。

英語には時制がある。時制のある考え方を習得すれば、我々日本人も正しい (矛盾のない) 考え方ができる。日本語を話しても、英米人は、無哲学・能天気にはならない。それは、いつも英語の考え方を参照して判断しているからである。われわれも英語の考え方をよく学ぼう。



.



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高学歴 | トップ | 「舌先三寸」に負けた »

コメントを投稿

文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。