gooブログはじめました!

日本人の知的能力を増進するための提案をするブログです。

右翼

2017-12-08 13:30:16 | 日本語脳
>法は、他民族や多宗教など決して分かり合えない関係社会から生まれた。

そうかもしれませんね。

>その代表は、西洋社会。>契約絶対の社会も同様で、信用ならない他人(血縁も)と関係を結ぶには契約が欠かせない。>神とも契約関係にある。

我々は、同じ地球村の住民ですからね。どうしても信用が必要です。

>その心情は、日本人には理解できない。

そうですね。言語は、考える時の道具ですからね。言語が違えば、考えられないことも少なくありませんね。

>日本人は、誰もが納得する真実があると考えており、拠りどころとしている。

日本人の世界は一つですからね。ただ一つの現実の世界ですからね。納得させられますね。

>その真実とは、世間の道徳であり、不文律の規範である。

世間とは、島国のことですね。島が違えば、不文律も違う。

> ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
>右翼になろうよ♪ より
>日本人は世間の空気を読めない原理主義が嫌いリンク>日本人は法そのものを理解できない。

法は文章内容ですからね。理解しなくてはいけないですね。日本を教育立国にしたいですね。でも、入試地獄は困ります。

>法は、利害が対立する両者の利害を調整するものだ。>多民族、多宗教の間の決して分かり合えない関係の社会から生まれた。

我々は、小さな地球村の住民ですからね。どうしても相互理解が必要ですね。

>それに対して、日本人は法を真実を明らかにするためのものと考える。

法により真実が明らかになったら、’それがどうした?’・’その真実をどうする?’ ということが問題になりますね。

>日本人にとって真実は必ず一つであり、全員が納得する真実があると考えている。

真実 (現実) は一つですね。しかし、’その真実がどうした’ ということになりますと、個人の意見は一人ひとりで違いますでしょう。

>桝添叩き、安倍叩き、タレントの不倫叩きでは真実を求める。>しかしそれは法ではなく世間の道徳だ。

世間の道徳は、事後法の様なものですか。事後に決められるのですか。

>世間にとって、血筋、家柄、国家権力、独裁者だろうが、関係ない。>彼らも日本人であり世間の一人でしかない。>そして真実は一つであり、何者も逃れられない。

そうですね。同感です。しかし、すべてが真実であって、’それでどうする’ の答えが無いのでは、調査の意味もありませんね。意見が多数あったらどうするのですか。

>いかなる法が作られようが、それが真実を違うなら法を変えればよい。>なぜなら日本人なら真実は一つだから。

真実・現実は一つでも、人の意見は数々あって、個人個人で違うでしょう。

>だから自民党がずっと与党でもなんの問題もない。>彼らも世間の一部でしかなく、世間を見ながら政治を行う。

為政者は、日和見主義ですか。個人に意見の無いのは、問題にならないでしょうか。

>ただリベラルが面倒なのは、西洋かぶれで真面目で、世間の空気をよめない。

真面目に問題はありませんね。’空気が読めない’ とは、忖度 (推察) ができないということでしょう。忖度は、自分勝手な解釈ですからね。論拠のない判断です。理不尽ではありませんか。

>だから日本人をやめて国際人だとかほざいて、調子にのって世間と対立する可能性がある。

国際人は、非国民・外人ということになるわけですね。すると、日本国民・日本人の方は ‘井の中の蛙’ になるのではないでしょうか。

>日本人はキリスト教や左翼など、原理主義的なものが大嫌いだ。

そうですね。日本人は、’正しい作文・正しい解釈’ という語学の道は大嫌いですからね。

>なぜなら同じ日本人なのに、世間の空気を読まず、世間に対抗する。

‘空気を読む’ ということは、忖度 (推察) を働かせることでしょう。忖度は、自分勝手な解釈ですね。その判断に説明責任が取れませんね。’とかく、この世は無責任’ となるでしょう。国がひっくり返っても、その責任者は出て来ない。

>世間とは異なる真実を作ろうとする。

彼らは、世間 (現実) とは異なる未来社会 (非現実) をこの世に実現させようと努力しているのではないでしょうか。


.



ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道徳教育の効果 | トップ | ひどい話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本語脳」カテゴリの最新記事