gooブログはじめました!

日本人の知的能力を増進するための提案をするブログです。

儒学の教育

2017-06-14 21:12:37 | 教育

------------------------------------------------------------
>昨日、「日本的思考とは何か」をテーマにした勉強会に参加しました。
>日本的な思考とは、実は自由な精神による自由な思考であったということがメインメッセージです。

‘不自由を常と思えば不足なし’ ではなかったのですか。

>自由とは権威からの自由であって、権威から学ぶもそのまま鵜呑みにするのではなく、そこから自分なりに解釈、飛躍していく自由さが、儒学や仏教などにもみられたそうです。

時は封建時代、序列の権威には逆らえないでしょう。

>江戸初期に活躍した儒学者、伊藤仁斎を採り上げて、その論を解説していただきました。
>確かに、我々は今でも輸入したものを「日本化」して取り入れてしまうことが得意です。

日本化とは、日本人の勝手な解釈ということではありませんか。取り入れるということは、猿まねになるのかどうかということですね。

>思想においても、そうなのです。
>同じ儒教圏でも中国や朝鮮では、そのような自由な展開は見られないのだそうです。

そうかもしれませんね。我々は言語の習得が苦手ですからね。

>ところで、その講義の中で江戸時代の教育方法についての話がありました。
>私のイメージは、論語などの本を生徒が先生の後について皆で一斉に音読し、記憶しておくというものでした。
>自分の学生時代をダブらせていたのでしょうか。
>実は、商人によってつくられた私塾では、もっと生徒の自発性を基本に教育がなされていたそうです。

そうですか。それは初耳ですね。

>当時の学校は、基本的には儒学を教えていたわけですが、儒学の教育とは、一方通行型ではなく、各自に思考させ教師はヒントを与える役割にしか過ぎないというものでした。

音読・記憶はなかったのですか。ヒントは、小言・片言・独り言のようなものだったのでしょうか。

>実際、論語には以下の記述があります。

>曰(いわ)く、憤(ふん)せざれば啓(けい)せず。
>悱(ひ)せざれば発(はっ)せず。東京都
>一隅(いちぐう)を挙(あ)げて、三隅(さんぐう)を以(もっ)て反(かえ)さざれば、則(すなわ)ち復(ふたたび)せざるなり。(論語述而より)

>「先師がいわれた。私は、教えを乞う者が、まず自分で道理を考え、その理解に苦しんで歯がみをするほどにならなければ、解決の糸口をつけてやらない。
>また、説明に苦しんで口をゆがめるほどにならなければ、表現の手引を与えてやらない。
>むろん私は、道理の一隅ぐらいは示してやることもある。
>しかし、その一隅から、あとの三隅を自分で研究するようでなくては、二度とくりかえして教えようとは思わない」(下村湖人現代訳)。

三隅は、自分勝手な解釈になるのですか。

>先生の講義から入るのではなく、まず生徒が独力で考えに考え抜く。

もっぱら教えの解釈ですね。

>それでもわからず苦しみ抜く。>そこでやっと先生が、少しのヒントを与える。>苦しみ抜いていた生徒は、そのわずかのヒントで「一を聞いて十を知る」ことができる。

教えに関する忖度 (推察) が必要ですね。

>そのくらいの段階まで生徒が思考を重ねていなければ、二度とその生徒にヒントを与えることはしない。>つまり、相手にはしないということです。>非常に、生徒個人の自発性に委ねる教育方法と言えるでしょう。

それで、落ちこぼれはいないのでしょうか。

>生徒は先生から知識を教えてもらうという、今一般にイメージされる日本人の教育方法は、明治以降に出来上がったもので、江戸時代以前はこういった教わるのではなく学び取るスタイルが一般的だったようです。

師には権威はなかったのですか。学びとるのには、常にお手本が必要なのですね。

>もしそうだとしたら、江戸時代の私塾で学んだ生徒のレベルは非常に高く、だから明治維新も実現したのかもしれません。

そうですかね。生徒には自己の独自の発想はなかったのですよ。

>では、なぜそのような教育スタイルが失われてしまったのか。4つの仮説があるそうです。

>1)西洋列強に追いつくため、知識吸収スピードを重視したため

追いつけ、追い越せですね。それはわかります。詰め込み主義ですね。

>2)一方的に考えを伝える「演説」が重視されたため

日本人には世界観がありません。ですから議論は苦手です。自分さえ良ければ、、、というところの演説ですね。

>3)「学び」が立身出世のツールとなり、それには知識量が重視されたため

詰め込み主義ですね。詰め込み高によって出世の順位が決まりましたね。序列社会において、一寸法師たちが向上心を満足させましたね。

>4)政府が「思考する」国民を警戒し、弾圧したため

自己の発想というものには、期待がなかったのですね。烏合の衆はそのままでしたね。

>いずれにしろ、この明治のスタイルは今でも、学校教育には色濃く残っています。

そうですね。同感です。師に教えを乞うスタイルですね。

>ただ、実践と成果を重視する企業教育の分野においては、先述の儒学的教育も以前から重視されていますし、その重要性は高まっていると言えるでしょう。

そうですかね。落ちこぼれはいないのですか。残酷物語は無いのですか。

>考えてみれば、職人の世界では明治以降もずっと師匠と弟子の間は「教えない」「自分で盗み取れ」という教育スタイルでした。

以心伝心・不立文字ですね。物に心を込める日本人の技術は国際間の言語障壁を乗り越えて、外国人の心をとらえています。日本製品の評判は良く、我が国は技術立国を経て、経済大国にまでなりました。

>(近頃は、そこでも「教える」ことが時代にあった新しいスタイルだとの意見もありますが、果たしてそうでしょうか?)

教えることは必要ですね。各種のマニュアルが出回っていますね。

>先生が「教える」という教育方法は案外新しいもので、我々日本人に合った教育方法は「考えさせる」の方だという気もします。

日本人は、考えるのは苦手ですね。
日本語は、現実描写のための言語です。和文は、実況放送・現状報告の内容を示します。
現実の内容は、頭の外にあります。しかし、非現実の内容は、頭の中に在ります。両者の所在は違います。
非現実の内容は、頭の中の内容であり、考えの内容を示します。非現実の内容を文章にして示すためには、時制というものが必要です。文法に時制があると、過去・現在・未来の三世界を独立して表現できます。
時制は日本語文法にはなく、英語には有ります。だから、日本人には考えが無く、英米人には考えがあります。
文章が無ければ意味もなく、意味が無ければ矛盾も指摘できません。矛盾を含まない文章は、出しい考えを示しています。
日本人の想いは、文章にならないバラバラな単語で、話にならない。筋が無い。単語は腹の底にたまります。頭の方は、空っぽです。

>きっと他にも、明治の混乱期に出来上がった即席スタイルを、日本古来のものだと誤解し有り難がっているものがあるような気がします。

そうとばかりは、言い切れませんね。日本人は元来考えるのは苦手です。考えようとすると禅問答になります。

>常識や思い込みに囚われないためにも、歴史に学ぶことはまだまだたくさんあるのです。

そうですね。いろいろありますね。



.





>----------------------------------------------------------


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不立文字 | トップ | 信なくば立たず »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。