gooブログはじめました!

日本人の知的能力を増進するための提案をするブログです。

道義国家と愛国心

2017-03-15 23:20:03 | 政治




>稲田氏の発言に出てくる「道義」とは、人のふみ行うべき道。
>つまり道徳と同義で、稲田氏が国会で発した「道義国家」は、安倍首相とともに憲法改正を推し進めようとしている極右団体「日本会議」の関係者がよく口に出す言葉である。

彼らは、旧来の道徳教育を好んでいますね。

>道徳を国家の軸に据えるということであり、この理念を示したのが、明治23年に発布された「教育勅語」。
>その道義・道徳を具体的に示したのが、籠池氏が言う「12の徳目」になる。

日本人は、無哲学・能天気であるから、哲学の習得は無理ですね。すると、徳目による教育をすることになりますね。
‘あるべき姿’ の世界は、個人個人でその内容を考えなくてはならないから、無哲学の日本人には難しい。
だから、個人個人が頭を働かせる必要がない方法による教育が必要になる。それが徳目の暗記する教育ということになる。

>教育勅語が説く12項目の徳目とは、親への孝養、兄弟・姉妹間の友愛、夫婦の和、友との信義、謙遜、博愛、修学、智能啓発、人格の向上、社会奉仕、順法、義勇。
>これだけなら、たしかに「何が悪いんだ」は説得力を持つ。

徳目による教育は、昔から中国で行われていましたね。’修身・斉家・治国・平天下’ と言ったように。あの方式をまねたのでしょう。

>だが、問題は12の徳目の先にある教育勅語のもっとも重要な部分――『一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ』――にある。簡単に言えば、≪もし国家に危険が迫れば正義と勇気の心をもって公=国家のために働き、皇室を助けよ≫ 。>現人神である天皇こそ絶対。

日本人の考えには、序列があって、非現実の内容がないのだから、現人神が絶対君主ということになりますね。

>進んで命を捧げよというのが戦前の国家方針だった。

上意下達ですね。上位の者の恣意に従って、下位が働くことですね。恣意には意味がないから、発言者には責任もない。この国がひっくり返った時にも、責任者は出なかった。とかく、この世は無責任。

>教育勅語は、「歪んだ愛国心」を育てるための“道具”だったと見るべきだろう。

そうですね。臣民を育てるための道具立てだったのでしょう。

>これは“悪い”に決まっている。

日本人には、自己の判断力がありませんからね。これは民族性でしょうね。

>だからこそ、衆参両院が教育勅語の廃止を決議しているのである(1948年=昭和23年)。

そうでしょうね。それで解決すれば問題はないのでしょうね。

>稲田氏も籠池氏も、目指しているのは愛国心に裏打ちされた道義国家。

愛国心は、悪党の最後の隠れ家となるので、気をつけなくてはいけませんね。

>両人を含め安倍首相や日本会議は、愛国心の醸成こそが「教育」だと信じている。

危険思想の持ち主とでも言うのでしょうかね。無哲学だから、結局そういうことになるのでしょう。

>理想としているが、戦前の日本の姿であることは言うまでもない。

徳目に頼らなければ教育ができないと、固く信じているところが問題ですね。

>教育勅語の理念が戦前の日本をどれだけ歪めたのか――。

日本語による思考ですからね。戦前・戦後はあまり変わっていませんね。理性の教育がありません。

>理解していないとすれば、彼らに政治や教育を語る資格はあるまい。

日本語脳で英語脳の内容を理解することは、難しいですね。
哲学の勉強と、政治哲学が必要ですね。徳目教育と政治音痴は廃止すべきですね。

…………………………………………………………………………………………………..

徳目による教育:  与えられた徳目を暗記する。異口同音を教育の目的とし、成果とする。没個性的。一人ひとりで考える必要はない。だから、個人固有の力を発揮できない。個人主義ない社会の教育である。一億総玉砕・一億総懺悔の危険がある。

哲学: 一人ひとりで考える。個人の考えを擁護する習慣が必要である。非現実 (考え) の内容で個人が相互に団結し、未来社会の建設を実現する。世界観を必要とする。

特亜三国 (日本・中国・韓国) の言語には時制がない。だから、非現実 (考え) の内容を文章化できない。世界観が持てない。非現実の内容を基として未来社会の建設ための団結が出来ない。民は ‘考える人’ になれない。付和雷同して、過ちを繰り返す。


.




ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不適切であっても | トップ | ナナメの関係 »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。