gooブログはじめました!

日本人の知的能力を増進するための提案をするブログです。

高学歴

2016-11-02 23:42:28 | 教育

>高学歴の人が就職や特定のコミュニティの中で優遇される風潮は、「学歴差別」としてよく問題視されます。

そうですね。我が国では、高学歴は人間序列の目安になっていますね。

>一方で今の日本では、大学の学部を卒業して修士や博士になると、むしろ就職できないという皮肉な現実がある。

無哲学・能天気な日本人の社会では、どうしようもないことですかね。

>実際、博士号を取っても希望する職に就けず、フリーターになるしかない人はたくさんいます。

同感です。まったく皮肉ですね。猿まねの文教行政の結果ですね。憂国の状態にあります。
日本人は、無哲学・能天気でありますから、人間に欧米の高等教育の必要性など、まったく認めていないといっても過言でありません。欧米流の哲学・教養を学ぶことは、畳水練のようなものになります。
“優れた研究者や高度な専門能力を持った職業人を養成する”ことを目的に米国では、医師や弁護士などをもっぱら医学校 (medical school) や法学校 (law school) と呼ばれる大学院 (graduate school) で養成しています。この養成に抜け道はありません。我が国では、医師や弁護士などの高度の職業人を大学院以外の教育機関 (医学部・法学部) で作っています。大学院の医育機関は我が国には存在しません。高度な職業人を育てる正道が無いといえましょう。それは、日本人に哲学の必要がないからです。私の友人も ‘医者は教養ではなくて、腕が大切なのだ’ と得意げにいっていました。我が国の教育行政は、まさにそのことをやっているのです。これが、我が国の現状です。
米国では、小中学校の教員も、就職後、一定期間内 (ニューヨーク州では5年・オレゴン州では10年) に大学院で修士号を取らないと解雇させられます。これも社会が、教養・哲学ある人間を要求しているためです。米国は、真の学歴社会といえます。無哲学・能天気で長々と働ける我が国は、はたして幸福な国といえるのでしょうか。日本人の・若者に欧米留学が人気を得ないのも、こうした教養に無理解な事情が背景にあると考えられます。








.




『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西洋崇拝 | トップ | NHK 朝ドラ べっぴんさん ... »

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。