川天使空間

work, write, and fish! __ >゜)))彡

錠剤の大きさ

2016-11-12 05:43:09 | 小児科
子どもに処方する薬はシロップや散剤が多いが、錠剤が好きな子もいる。
そして、幼稚園の年長さんくらいだと、だいたい錠剤が飲める。
なので、薬剤師さんから錠剤実物を並べたサンプルボードを作ってもらい、
「このくらいだと飲めるかな?」と聞いてから処方している。

最近はOD錠(Oral Disintegrant 口腔内崩壊錠)も増えてきたので、錠剤が飲める子が多くなった。
はじめは噛んで溶かして飲むけれど、慣れるとそのままごくんと飲むようになる。
そうなると小さな錠剤であればすべてOKになる。

インフルエンザには、リレンザやイナビルを使う事が増えてきたが、
タミフルを処方することもまだ多い。
タミフルは散剤がひどく苦いので、できればカプセルにしたい。
「このくらいのカプセルだけど飲める?」と、ボード右上の白黄のカプセルを見せる。

こうして見ると、タミフルのカプセルって大きいなあ。
抗ヘルペス剤のバラシクロビル(バルトレックスは高価なのでジェネリック使用)ほどではないけれど。

子どもが読んで、見て、入り込めるかどうかだよな。
週末は旦那様が帰るので、猫たちをワクチンに連れて行きたいな。
今日もびよよよ〜〜ん (*^ __ ^*)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫の1日は人間の5倍の重さ | トップ | 素早いジジ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不都合な真実 (ほんだみ)
2016-11-13 06:56:28
「幼稚園の年長さんくらいだと、だいたい錠剤が飲める」というお話にびっくりして、思わずコメントさせていただきます。

実は私、小さいときから錠剤が苦手で、どうしても飲まなければいけないときは、錠剤なら噛んだり、カプセルなら開けて中身だけ飲んでいました(いけないこととは分かっていましたが、無理に飲もうとすると吐くので)。

飲めるようになったのは、24歳だか26歳だかのときでした。
オトナになれた気がしたなあ…(遠い目)。

しかし実際は、オトナどころか、ようやく年長さんレベルに到達しただけだったのですね(がちょーん)。
ちなみに、今でもしばしば、錠剤を飲むのに失敗します(とほほ)。
Unknown (敦子)
2016-11-13 07:59:18
ほんだみさま>

きゃあ、書きこみありがとうございます!
うんうん、大人でも錠剤が苦手な方がいます。
医療関係者でも(笑)。
小さい頃から「ごっくん」ができる子とできない子がいるので、口腔の構造とか習慣とか遺伝とか、いろいろが関係しているんでしょうね。
でも、ほんだみしゃん=「年長さんレベル」!
それって、なんだかすっごくすてきなんですが。
そんなほんだみしゃん、大好きです!

コメントを投稿

小児科」カテゴリの最新記事