河太郎の読書日記

本とか映画とかいろいろ

エチュード春一番2

2016-10-15 21:22:20 | 読書(小説)
荻原規子、講談社タイガ。
この人の話はマンガっぽいけど、
けっこう映像化困難な、妙な概念がたくさん出てくる。
今回の、美綾が出会った、弓月や飛葉の能力がそんな感じ。
もちろん、パピヨン(神)の語る、神の概念も新しい断片が次々と・・・。
まあそもそも、美綾の能力ってなんなんだってとこもあるが。
よくある異能力ものにならないので、
先がどうなるのか読めなくて先が楽しみではある。
しかし飛葉がそういう方向に出てくるとはな。。。
主人公がおとなしかったので、RDGくらいイメージしてたけど
ちゃんと健康で友達もいて、他人に協力が頼める人でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒猫の約束あるいは遡行未来 | トップ | 青猫について1 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。