河太郎の読書日記

本とか映画とかいろいろ

家庭用事件

2016-09-18 00:05:29 | 読書(小説)
似鳥鶏、創元推理文庫。
何があったのか、挿絵が変わった。
そして、「市立高校シリーズ」と銘打たれた。
7冊目だけど、シリーズとしては6作目。
これまでのシリーズより、時系列はちょっと前。
1話めは、まだ伊神さんが高校生だったり。
ちょっとラストの話は衝撃。
「優しくないし健気でもない」
良いタイトルだ。
葉山くんの妹の出てくるところ、
読み返したくなったぞ。

あと、英語のタイトル(この文庫とかはいつもついてる)、
読み終わらないとわからない。ああそういうこと。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本好きの下克上 第3部領主... | トップ | 助手席のチェット »

コメントを投稿

読書(小説)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。