河太郎の読書日記

本とか映画とかいろいろ

指きりは魔法のはじまり

2017-03-08 00:42:37 | 読書(小説)
富安陽子、偕成社。
シノダ!シリーズ10作目。
末っ子モエが幼稚園で出会った男の子と
園の隣の園長先生の家の庭に入り込む。
ここに来たことを誰にも言わないと約束して、
二人は指きりげんまんを交わす。
嘘ついたら、カエルの口になあれ。
というわけでカエルの口になっちゃうわけだが。
男の子の正体は。
蛙になったおじいちゃんとおばさんはなかなか。
ラストもきれいでいいねえ。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜ほうさら | トップ | 山と食欲と私4 »

コメントを投稿

読書(小説)」カテゴリの最新記事