河太郎の読書日記

本とか映画とかいろいろ

ウィロビー館のオオカミ

2017-04-20 00:19:34 | 読書(小説)
ジョーン・エイキン、講談社青い鳥文庫。
冨山房の「ナンタケットの夜鳥」を借りたら、3巻だとわかって、
図書館の書庫から出してもらったら、別の出版社だった。
べつにいいけど。
冨山房のは、ダイドーの冒険と銘打ってるシリーズ第1巻。
ダイドーは出てこないけどね。
両親が旅行に出かける間にやってきた家庭教師に家を乗っ取られた
ボニーとそのいとこシルビア。
がちょう飼いのサイモンの協力を得て、なんとか助かる。
お話が二転三転とどうなんの?とハラハラする。
そんな偶然あるかいなという小ネタもはさみつつの大団円。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 櫻子さんの足下には死体が埋... | トップ | バターシー城の悪者たち »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。