河太郎の読書日記

本とか映画とかいろいろ

ウィロビー館のオオカミ

2017-04-20 00:19:34 | 読書(小説)
ジョーン・エイキン、講談社青い鳥文庫。
冨山房の「ナンタケットの夜鳥」を借りたら、3巻だとわかって、
図書館の書庫から出してもらったら、別の出版社だった。
べつにいいけど。
冨山房のは、ダイドーの冒険と銘打ってるシリーズ第1巻。
ダイドーは出てこないけどね。
両親が旅行に出かける間にやってきた家庭教師に家を乗っ取られた
ボニーとそのいとこシルビア。
がちょう飼いのサイモンの協力を得て、なんとか助かる。
お話が二転三転とどうなんの?とハラハラする。
そんな偶然あるかいなという小ネタもはさみつつの大団円。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 櫻子さんの足下には死体が埋... | トップ | バターシー城の悪者たち »

コメントを投稿

読書(小説)」カテゴリの最新記事