河太郎の読書日記

本とか映画とかいろいろ

殺人犯はそこにいる

2017-01-04 21:58:07 | 読書(その他)
清水潔、新潮文庫。
ノンフィクション。
一部で話題の書。
推理小説読んでるかのような、スリリングな展開。
事実は小説よりも奇なりってか。
作者が、謎解きや冤罪を覆すことよりなにより、
殺されたであろう5人の少女(一人はまだ行方不明)のため、
真犯人が、まだのうのうとパチンコ打ってるっていう
事実が許せない!という正義感で動いていることが、
なによりも、一縷の光に感じられるということ。
公務員としては、腐ったお役所ばかりじゃないと思いたいけど、
大事なのは何か、何のためにやってんのか、忘れたらダメだろう。
娘を殺されたお母さんの一言、
「ごめんなさいが言えなくてどうするの」
これが一番効くよなー。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流星ひとつ | トップ | 青空のかけら »

コメントを投稿

読書(その他)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。