かはたれのジエン

イタチの最後っ屁  …なので、コメントにも屁を垂れるしかできませぬ

未来への下ごしらえ

2016年12月31日 | よしなしごと 

 大晦日の今日、BSの再放送の「ごちそうさん」で、「未来への下ごしらえ」をしていた。奴奈川姫

 主人公に子供が生まれ、家を出ていた義父が帰ってくる。そこでの主人公のセリフ。

フグを、こうして安全に食べられるようになるには、たっくさんの食いしん坊たちが命を落としてきたんだって。で、その人たちのおかげで、今こうして頂けるんだって聞いて。悠太郎さんは、料理は人を傷つけないって言ったけど、そんな事ないんですよ。フグとかキノコとか。安全な水だって、誰かが命を懸けて、食べられるよって、教えてくれたものなんです。きっと、今私たちが手にしてるものって、みんなそうなんじゃないのかなって。でも、今の私たちだって、未来への、こう…下ごしらえだと思うんです。それで、いいんじゃないのかなって。

 悠太郎(東出昌大)とめ以子(杏)のその後を思うと、何とも言えないのだが、多分、世の中はセリフの通り。

 それ以上のコメントなし。

新潟県の糸魚川大火で、死者が一人も出なかった。コミュニティの勝利。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池劇場 | トップ | あけましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。