「税理士」です、と自己紹介すると、4人に1人は「税理士と会計士とどう違うんですか?」と聞かれます。(^_^;)

2016年10月12日 | 日記
主に野々市・金沢・白山で活動している「かわした税理士」のブログへようこそ!


「Airbnb」など「民泊」が話題になっていますね。

今朝の北國新聞にも出ていましたが、やはり宿泊客と近隣住民との問題が出てきているようです。

うちの実家(芳斉)のまわりも空き家がありますが、たいへん心配です。(>_<)




さて「会計士」さんとたまに言われますが、実は「会計士」という士業はありません。

「税理士」または「公認会計士」のどちらかになります。


経理まわりの仕事は2段階に分かれ、

1.取引から決算書を作成するまでの「会計」

2.決算書をもとに申告書を作成する「税務」


このうち、1の「会計」が正しいかどうかを確認(監査)するのが「公認会計士」です。

2の「税務」についてお客様の代理で作成したり、相談にのったりするのが「税理士」です。


しかし、実際には街中の看板には「会計事務所」という看板が多く、

看板を見ただけではどっちなのか分からないのが現状です。


そして今は違いますが、昔は「公認会計士」の試験を受かった人は、

ただで「税理士」の資格もとれる制度になっていました。


それも「公認会計士」の試験を受かったのに、やっている仕事は「税務」というねじれもあったわけです。


今は「公認会計士」の試験を受かっても、税法の試験を1科目受からないと「税理士」の資格は取れなくなりました。

「税理士」として「税務」を見る力を担保するための措置です。


「税理士」と「公認会計士」の違いを分かっていただけたでしょうか?


「税理士」です、と自己紹介すると、

4人に1人は「税理士と会計士とどう違うんですか?」と聞かれます。(^_^;)

このブログを読んでいただいた方はもう大丈夫ですよね?(^_^;)


ホームページはこちらから。
http://kawashita44.webcluster.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 配偶者控除を検討する一方で... | トップ | 親の土地に子が建物を建てて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL