「川下くん、緊張したか?」

2017年07月14日 | 日記
主に野々市・金沢・白山で活動している「かわした税理士」のブログへようこそ!




暑い日が続きますね。

暑がりの私には夏は非常に厳しい季節です。

夏をあきらめたら、そこで夏が終わってくれないかと思う今日この頃。


さて、ロータリークラブの幹事となり、2回目の例会が無事終了しました。

幹事と言う役職上、毎回、前に出て発言する機会があります。

まだまだ慣れません。(>_<)


昨日の例会の終了後、地元の有名企業の社長から声をかけていただきました。

社長「川下くん、緊張したか?」

私「はい。」

社長「君が緊張することで、場に緊張した雰囲気ができるんだ。」


深い言葉です。

ありがたい言葉です。


逆に言うと、もし私がだらけた雰囲気ならば、だらけた会になってしまう、ということ。

よい緊張感でのぞめば、会自体がよい緊張感のある場になります。


そこで自問自答しました。

「お客様と接するとき、よい緊張感をもって接しているか。」

「部下と接するとき、よい緊張感で接しているか。」

「目上の方と接するとき、より緊張感をもって接しているか。」


もし緩んだ気持ちでお客様と接したら、「なんだあの税理士は。」となるでしょう。

緩んだ気持ちで部下と接したら、「上司があれなら、自分も同じようにすればいいか。」となるでしょう。

緩んだ気持ちで目上の方と接したら、「テキトーなやつだな。信用できないな。」となるでしょう。


その場の雰囲気は、自分ののぞむ姿勢で決まります。


今日の仕事はどんな雰囲気にしたいか。

そのために、まず自分の気持ちを整えたいと思います。


かわした税理士事務所のホームページはこちらからです。
http://kawashita-cloud.webcluster.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「相続時精算課税」とは? | トップ | 「freee」の将来的ビジョンに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL