時の流れに身を任せればいいのか?

2017年05月12日 | MFクラウド会計
主に野々市・金沢・白山で活動している「かわした税理士」のブログへようこそ!


昨日は弊事務所に、日本政策金融公庫さんがいらっしゃいました。

いろんなお話をしにいらっしゃったようですが、私の方が弊事務所のPRをいっぱいさせていただきました。(^_^;)

とはいえ、公庫さんは公的機関なので、PRしたところで特別何かを優先してもらえるわけではありません。

私のストレス発散にはよかった気がします。(^_^;)




さて、「クラウド会計」を入り口にした問い合わせ・新規相談が続いています。

ありがたいことです。


現在「クラウド会計」でメジャーなのは、「freee」と「MFクラウド」の2つです。

弊事務所の場合、どちらが多いかというと・・・同じくらいです。(^^)


いろんな微妙な違いはあるものの、あえてその違いを一言で言うならば、

「freee」は、最終ユーザーに優しい設計。

「MFクラウド」は、税理士事務所など会計専門家に優しい設計。

と言ったところでしょうか。


私たち専門家からすると、自分たちの都合だけから考えると「MFクラウド」に誘導したくなりますが、

お客様の使い勝手を考えると「freee」、

という葛藤が生まれることあります。


最終的には、お客様がどこまで弊事務所におまかせしたいと考えているか、によって使い分けています。

お客様自身は「freee」と「MFクラウド」の区別がつかない方がほとんどです。

バランスを考えて、総合的に判断させていただいています。


時代は確実に動いています。

時の流れに抗うことはできません。

では、時の流れに身を任せればいいのか?

いえ、「時の流れをうまく利用する」ことが重要じゃないかと思っています。


こんな便利な時代に、それを活用しない手はないですよね。(^^)


かわした税理士事務所のホームページはこちらからです。
http://kawashita-cloud.webcluster.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長い長い思い出話 | トップ | 税理士や日本政策金融公庫を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL