ブログ 

日々のあれこれ

ショパンのピアノ曲を聴く

2017-05-17 | ポーランド慰霊の旅

https://www.youtube.com/watch?v=c_DLkob_yR8

ショパンの生家が復元され、記念館と公園などになっています。

緑の美しい庭を散策しているとピアノの音が聞こえてきました。繊細な感性がはぐくまれた地に立ち、音楽家の心に寄り添ってみる。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/8クラクフ歴史地区観光 | トップ | ワルシャワで風邪をひきました »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な生家 (ひつじ)
2017-05-17 08:42:22
ショパンは短命で! 昔の芸術家等短命だったり、暮らしが半端なく大変だったりが多いですね。
そのような環境が、感性を研ぎ澄まされたものにしてくれるのかもですが!

ワルシャワは魅力的な街だったでしょうね。ワルソーゲットは置いておいたら!
切り離せないものでしょうけれどね。
ひつじ様へ (frozenrose)
2017-05-17 21:42:04
こんばんは。ショパンの生家は第一次大戦後に修復され、以後何度か直されたようです。周りは広い公園でした。

36歳で結核で死に、死ぬまで祖国へ帰りたがったそうです。

ユダヤ人隔離地域は負の歴史として残すのではなく、なくしてしまう選択だったようですね。アウシュビッツ以外は保存してないようです。こんな素敵な国なのに、大国に挟まれて苦難の歴史、でも今は西ヨーロッパからの観光客も増え、豊かになっているようでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL