ブログ 

日々のあれこれ

息子と孫たちが来た

2017-06-16 | 日記

今年も冷たいスープがおいしい季節になりました。

昨年はスペインのガスパッチョを三日に一度は作っていた。今年も頑張ろう。


午後から本読んでたらいつの間にか熟睡。遅延型時差ぼけ?まさか。

夕方、お嫁ちゃんと孫に引き続き、次男もやってきた。ポーランドのお土産、やっと取りに来た。

みんなで話し、「親がいる間はいつでも帰ってきていいんだよ。帰れる家がなくなると寂しいよ」と話しているとお嫁ちゃんがニコニコしながら「その時はうちへ来てください」と言ってくれたので、軽い気持ちとは思うけど、とても嬉しかった。

孫たちもなついて遊んでもらっていた。何はともあれ、賑やかなのは結構でした。

孫たちも大きくなったので全員食卓では難しく、居間と台所に分かれて夕食。次男と話していて味噌汁作れなかったので、かきたま汁を作ったらお姉ちゃんは「ふわふわあ~」と喜んで食べるのに、弟は「きもい。いや」ですって。きもいって言葉、いつ憶えたのだろう。

「人間はね…」って、四歳児が一人前に言うので笑った。

あとは孫の発案で相撲大会。油断していると上の子には押し出される。かなり本気でしないと。と、賑やかに話して20時過ぎ解散。

今は当たり前の光景だけど、5年たち10年たつと人は育ち、かつ老い、当たり前すぎてそしてかけがえのない一日がきょうも過ぎて行ったのでした。

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美の壷展へ行く | トップ | 「マチネの終わりに」 平野... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL